このエントリーをはてなブックマークに追加

北アルプスって、ほかの山域となにが違う? 登山者憧れの北アルプスを形成した「岩」の秘密に迫る

Yamakei Online Special Contents
たしなみ 2018年06月20日

名山の数々、素晴らしい景観、広大なスケール――、さまざまな魅力で登山者を誘ってきた北アルプス。日本の登山の源流であるこの地の真の姿を、さまざまな角度から探ってみて見えてきたものとは?

伊藤洋平(山と溪谷編集部)=文・写真

 

前剱付近から剱沢を振り返る。左が別山、右が剱御前

 

穂高岳や槍ヶ岳、剱岳など、北アルプスには登山者を虜にする山々がそろっている。これらの山々がアイドル的人気を誇るのは、秀麗な山容、峻険な稜線、百花繚乱の花園、夏季も解けない大雪渓など、ほかの山域には見られない特徴を有しているからにほかならない。

とはいえ、ほかのエリアに比べて、具体的に何が特別なのだろうか。北アルプスを中心に日本の山々の成り立ちや、地形、気象、植生、動植物などを研究する専門家に話を聞くと、驚きの回答を得られた。今回注目したのは、北アルプスの象徴でもある「岩」についてで、山の成り立ちに詳しい信州大名誉教授の原山智(はらやま・さとる)先生に教えていただいた。

「北アルプスは、隆起と侵食作用によって、峻険で長大な岩稜が形成されました」と話すのは原山さん。

北アルプスは140万年から80万年前の火山活動などによって激しく隆起し、標高3000m前後の稜線が続く山脈に成長したと考えられている。

北穂高岳山頂から望む大キレットと槍ヶ岳。ナイフの刃のように痩せた岩稜が続く

 

北アルプスの森林限界は標高2500m前後で、森林限界を超えた上部の世界では、風や雪などによる侵食作用が常に働いている。こうした侵食作用によって山は崩壊を続け、険しい地形をつくりあげたそうだ。

また、6万年前と2万年前の寒冷期には山岳氷河が発達し、氷による侵食で山は激しく削られ、現在のような尖峰や険しい岩稜が形成されたという。確かに、奥穂高岳や北穂高岳のベース基地として人気の涸沢などのカール地形は、氷河によって形成された代表的な地形だ。

9月中旬、屏風ノ耳から一望する穂高連峰と涸沢カール

 

「北アルプスには、花崗岩や流紋岩などのマグマ起源の岩石も多く、色白で明るい印象を与えます。こうしたマグマ性岩石を深く削りこんだ氷河が、北アルプスを彫りの深いアルペン的山容へと仕上げていったのです」と原山先生は続ける。

つまり、北アルプスは活発な隆起によって森林限界を超える標高3000m前後の長大な山脈となったこと、加えて、世界的にも稀な豪雪地帯であったために、氷による侵食が激しく作用してほかのエリアにはない独特の山容を築いたのである。

別山尾根から剱岳に向かう

 

​ただし、北アルプスを、北アルプスたらしめている要素はほかにもある。北アルプスの魅力を、もっと知りたい! という人は、ぜひ『山と溪谷 2018年7月号』をチェックしよう。

北アルプスの魅力を奥の奥まで掘り下げた特集『旅する北アルプス』では、大自然・登山史・山小屋・登山道などなど、その奥深き世界へと誘う内容となっている。さまざまなテーマと共に、さらに北アルプスの魅力に触れる内容となっている。

 

知識・雑学 日本の山 ガイド
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年7月号の特集は「槍ヶ岳と穂高岳」。何度歩いても飽きない、あたらしい発見のあるヤリホの魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷7月号はこちら

同じテーマの記事
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...