このエントリーをはてなブックマークに追加

中央アジアのスイス キルギス・アルティンアラシャン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(4)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2018年07月11日

トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返るトレイルトラベラーズ​「世界のトレイルを巡る旅」。第4回目は、中央アジアのキルギス編。国土の約40%が標高3000m以上の山国・キルギス。東部の天山山脈のふもとに位置し、羊たちで賑わう草原と遠くに連なる雪をかぶった山々が美しい、天然温泉地アルティンアラシャンへのトレッキングの様子をお伝えする。

 

遊牧の民が行き交う、中国と地中海をつなぐシルクロード

2016年5月11日(世界一周29日目)

「カラコル? カラコル?」

旅行者であることが一目でわかるような大きなバックパックを背負った僕らを見つけると、絶対にオレの客にすると言わんばかりに、複数のドライバーが僕らの腕を摑んで引っ張り合う。もみくちゃにされて少し戸惑ってしまうこんな場面も、どこか懐かしかった。昔バックパッカーで旅をした頃に同じような経験をしていたからだ。

前の日の夜にデリーからキルギスの首都ビシュケクに入った僕らは、天山山脈へのトレッキング拠点となる東部の街カラコルへ向かうため、ビシュケクの東バスターミナルを訪れていた。マルシュルートカと呼ばれる乗り合いバスで移動する予定だったが、結局、最初に僕の腕をつかんだドライバーの車(乗り合いタクシー)で向かうことにした。

ソビエト連邦時代の画一的な建物が碁盤状の区画に整然と並ぶビシュケクの街を抜けて郊外へ出ると、美しい草原が広がる。車窓には春の訪れを感じさせる緑豊かな光景がどこまでも続いていた。

このあたりは古くから遊牧の民が行き交う、中国と地中海をつなぐシルクロードなのだ。

車窓に広がるビシュケク郊外の風景

 

中央アジアのスイス、アルティンアラシャン

2016年5月13日(世界一周31日目)

最後の丘を越えると視界が開け、何軒かの山小屋が見えてくる。スイスのような穏やかな景観に息を飲んだ。

アルティンアラシャンだ。

このあたりは夏の放牧地ということで、草原には馬や羊がのびのびとしている。遠くには「テント峰」と呼ばれるパラータ山が雪を抱いて輝いて見える。

一昨日無事にカラコルまで移動した僕らは、雨のため一日予定を繰り延べて、今日から一泊二日のトレッキングに来ていた。小さな乗合バスを登山口のところで降り、アラシャン川沿いを緩やかに登ってきた。

山の斜面にはすらっとした天山トウヒの木が立ち並び、遠くには雪をかぶった山々が連なる。足元は咲き乱れる野花とアラシャン川の青く透き通った雪解け水が美しく、新緑の季節を楽しみながらのトレッキングとなった。

休憩を挟みながら歩いて6時間ほどで目的地アルティンアラシャンへ到着した。

遠くの雪山を眺めながら春を感じさせるトレイルを気持ち良く歩いていく

 

草原を移動する羊たちと馬に乗った羊飼い

 

いくつかある山小屋の中から、僕らは川を渡ったところにある小屋を選んだ。到着すると暖かい紅茶とパンやお菓子が振舞われる。客人をもてなすこのあたりの文化だ。キルギスのお菓子は素朴だが美味しい。

そしてお茶の後は温泉へ。現地語で「黄金の温泉」という意味のアルティンアラシャンは、山奥の秘湯としても有名で、山小屋の受付でカギを借りて入る貸切温泉となってる。とは言ってもコンクリートで固めただけの簡素な湯船だ。お湯は無色透明だがやや硫黄の香りがする。高めの湯温は冷えた体を暖めるにはちょうど良い。

キルギス料理の夕食をいただき、部屋の薪ストーブで暖まりながら就寝。そして翌朝は周辺を散策する。小高い丘に登ってのどかな景色を楽しんだ僕らは、すっかりキルギスの魅力に取り憑かれてしまった。

川の近くにあるのが温泉小屋

 

夕食はキルギス料理のプロフ

 

翌朝小高い丘に登り、一帯を眺める

 

遊牧生活の住居・ユルタでキャンプ

2016年5月15日(世界一周33日目)

ビシュケクとカラコルの間には、琵琶湖の約9倍の大きさを持つ大きな塩湖イシク・クルがある。その大きさと美しさから、別名「キルギスの海」や「中央アジアの真珠」とも呼ばれている。波がなく穏やかで、水は青く透き通り、湖の遥か向こう側には、雪をかぶった山脈が連なる。

今日は湖岸に建てられたユルタでキャンプすることにした。ユルタとは遊牧生活を支える移動式住居のことだ。今ではほとんどの人が定住生活を送っているが、キルギスの人々はかつて羊や馬などとともに季節ごとに移動する遊牧生活を送っていた。移動式といっても作りはしっかりしていて、中も広い。

ユルタから湖を眺め、夕食までの時間をのんびり過ごす。やがて日が沈み、あたりは暗闇に・・・。周囲に明かりはなく、夜は満天の星空が迎えてくれた。

宿泊したユルタと目の前に広がる塩湖イシク・クル

 

ホストファミリーが生活するユルタの内部

 

秘境感たっぷりのトレッキングエリア

キルギスは、国土の約40%が標高3,000m超の山国です。僕らは一泊二日でアルティンアラシャンまでの往復トレッキングを行いましたが、さらに足を伸ばし、アラコル湖やカラコル渓谷等と組み合わせた数日間のトレッキングも可能です。

秘境感のある美しい自然に加え、遊牧民族やシルクロードなどの歴史・文化、羊肉を使ったキルギス料理なども楽しむことができます。

キルギス・アルティンアラシャンでのトレッキングに関する準備やアクセス、ルート、気候や装備については、トレイルトラベラーズのブログにもまとめていますので、よろしければご覧ください。

羊肉入りのうどん「ラグマン」

 

記録・ルポ 海外
教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
アフリカの大自然トレイルを歩く:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(15)
「世界のトレイルを巡る旅」第15回目はアフリカのトレイルを紹介。赤土の大地と緑のオアシスのモロッコ・トドラ渓谷、草原で覆われた南アフリカ・ジャイアンツカップトレイル、天空に浮かぶ王国レソト・サニパスを歩いた様子をお伝えする。
アメリカを代表するロングトレイル!ジョン・ミューア・トレイル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(14)
第14回目はアメリカを代表するロングトレイルのジョンミューアトレイル(JMT)。シエラネバダ山脈の美しい景観とともに、アメリカのトレッキング文化が味わえる全長210.6マイル(337km)の行程の約3分の1を歩いた様子をお伝えする。
まるで太古の地球のような場所! アイスランド・ロイガヴェーグル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(13)
アイスランド南西部にあるトレッキングコース、ロイガヴェーグル。火山灰や溶岩でできた灰色の大地からは蒸気が噴き出し、黄緑色の苔が生える。火山と氷河が織りなす約55kmの行程を4日間かけて歩いた様子をお伝えする。
世界で最も美しい場所!ノルウェー・ロフォーテン諸島:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(12)
第12回目は、ノルウェー北部にあるロフォーテン諸島。フィヨルド地形の穏やかな海に鋭く切り立った山々が浮かぶ、世界で最も美しい場所のひとつとも言われる場所。息を飲む絶景トレッキングの様子をお伝えする。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!