このエントリーをはてなブックマークに追加

50年前の涸沢は今と同様にテントの花が咲いていたが――、創刊999号の『山と溪谷』誌面で振り返る北アルプス

Yamakei Online Special Contents
たしなみ 2018年07月09日

狩猟や信仰ではなく、北アルプスが「登山」として注目されるようになったのは1880年頃からだったという。それから約130年――、創刊999号の『山と溪谷』は北アルプス登山史の大半を誌面で紹介し続けているが、その一部を紐解いてみた。

 

古くから日本の登山をリードする場であり続ける北アルプス。そんな山々を1930年に創刊した『山と溪谷』では、さまざまな形で取り上げ、追い続けてきた。

今回は『山と溪谷』のバックナンバーから、北アルプスの歴史を感じられるものを一部紹介しよう。

 

涸沢に広がる黄色い三角テント(1966年6月号より)

奥穂高岳や北穂高岳の登山基地として、たくさんの山岳テントで彩られる涸沢カール。下記の誌面に掲載された写真をパッと見ただけでは、いまと変わらないように思えるが、テントをよく見てほしい。

昔からテントの花が咲くのは同じだが、色と位置は50年でずいぶん違っている

 

現在では2本のアルミフレームを交差させる自立式ドーム型テントが主流だが、60年代はまだ家型テントやA型テントと呼ばれた非自立式が一般的だった。さらにこの写真をよく見ると、テントの張られている場所にやや違和感を覚える人も多いのではないだろうか。

この写真は、涸沢ヒュッテ付近から北穂高岳の北穂沢を撮ったものであることがわかるが、涸沢小屋とほぼ同じ高さの、北穂沢のガレ場ギリギリのところまでテントが張ってあるのが確認できる。現在では、この位置では落石のリスクが高く、設営地としてふさわしくないが、当時は今ほど落石が多くなかったのかもしれない。

 

昔の北アルプスはゴミだらけだった!?(1971年7月号より)

下のモノクロの写真は、北穂高岳の山頂だ。今では考えられないが、左奥にゴミカゴが2つ、右置には山積みになった大量の空き缶がある。

3000m峰の山頂にゴミ箱!? 50年前は今では考えられない姿があった!

 

70年代初頭は、今のように環境に対するモラルが薄く、ゴミの投棄が当たり前で、登山者の多い山域は山頂であろうとゴミがあふれかえっていた。

現在、美しい山の姿が保たれているのは、山小屋による努力と登山者の意識改善が大きい。

 

山小屋素泊まり450円、弁当100円(1966年6月号より)

下の写真は、槍ヶ岳山荘の山小屋アルバイトを取材したときのもの。食堂に夕食が配膳されている。夏の最盛期、多いときには30人以上のアルバイト従業員が1000人近い登山者の対応をしていた、と記事にある。

従業員も登山者も、いまよりずーっと若かった50年前の北アルプス

 

当時、登山者の中心は20代など若い世代が多かったので、現在よりはアルバイトも集まりやすかったのかもしれない。

アルバイトの給料は、1日3食付で400~500円。素泊まり450円、弁当100円の時代である。当時の物価から考えると決して安い賃金だったわけではないが、ハードな業務なのは間違いない。

 

険しい岩稜帯に立つ山小屋(1969年10月号より)

写真は、昆虫生態研究家で自然写真家の田淵行男さんが戦前に撮影した八峰キレットのキレット小屋だ。

今のキレット小屋は100人宿泊可能な立派な山小屋だが、当時はひっそりという言葉がピッタリ

 

八峰キレットを歩いたことのある人にはわかると思うが、こんな場所に山小屋があるのかと驚くような、険しい岩稜に挟まれた場所である。小さな鞍部にひっそりとたたずむ姿は味がある。

今のように資材をヘリで運ぶことができなかった時代、この難所にどうやって小屋を建てたのかを考えれば――、相当な努力が必要だったはずであろう。

 

山と溪谷 2018年7月号』の特集「旅する北アルプス」では、「登山史」「自然」「山小屋と登山道」をテーマに、北アルプスの今だけではなく、貴重なシーンを知ることのできるバックナンバーを掲載する内容となっている。

なお、続く2018年8月号は記念すべき1000号。その1000号分のバックナンバーを振り返る特別企画も用意しているので、お楽しみに!

 

歴史・文化 知識・雑学 書籍・書評
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』9月号の、特集「紙とデジタルを活用した、最新読図入門」では、登山地図やスマホアプリの活用、地形図を使った読図の基本など、紙地図とデジタル機器を併用した最新の地図読み技術を余すことなく解説。
綴じ込み付録:「登山が変わる!地図読みドリル」付き。

⇒ 山と溪谷7月号はこちら

同じテーマの記事
レインウェアの常識をくつがえす 透湿性と着心地。ミレー「ティフォン50000ウォーム ストレッチジャケット」
透湿性の高さと着心地のよさで大きな話題を呼んだ、ミレーのティフォン5‌0‌0‌0‌0に、保温力を強化したウォームモデルが登場。裏地に起毛トリコットを採用し、空気を含む層をウェア内にキープすることで、保温力が大いにアップ。
advertorial
アプローチから登頂まで一着で対応、通気性に優れた中綿ジャケット。コロンビア「サンタフェパークフーディー」
朝夕は寒さが厳しくなる秋山では、防寒着選びが悩みのタネだ。フリースでもなくダウンでもないチョイス、それがコロンビアのサンタフェパークフーディー。行動中も休憩中も、すべてに対応できる。
advertorial
着ると実感できる、 最強の汗冷え対策ウェア。ファイントラック「スキンメッシュ」
秋の山は寒暖差が激しいのでウェア選びは重要。特に汗をかいてベースレイヤーが濡れてしまうと低体温症のリスク高まる。肌をドライにキープして濡れ冷えから体を守ってくれるのがファイントラック「スキンメッシュ」。
advertorial
ひと言でいえば「ひと通りの機能が揃ったオールマイティなザック」。山岳ガイド澤田実さんに聞く、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の実力
山岳ガイドとして活躍する澤田実さん。ご自身の経験を元に、グレゴリーのバックパック「パラゴン」の使い勝手について教えてもらいました。
advertorial
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年9月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...