このエントリーをはてなブックマークに追加

登山にはモバイルバッテリーは必携! お守りがわりに持って行けば、万が一の時に安心

山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS徹底使いこなし術
基礎知識 2018年07月20日

登山アプリに頼れば頼るほど、登山中にスマートフォンのバッテリーが切れることは一大事となる。今や登山者にとってモバイルバッテリーは必須装備。もしもの時のためにも、スマホ+登山アプリ+モバイルバッテリーが新たな「三種の神器」ともなりえる。

 

 

こんにちは、ジオグラフィカという登山用GPSアプリを開発している松本といいます。今回は、前回に引き続きバッテリーについての話題です。

★ジオグラフィカ iPhone版
★ジオグラフィカ Android版

 

登山にはモバイルバッテリーは必携です!

前回、スマートフォン(以下、スマホ)のバッテリー消費について説明しました。登山は行動時間が長く、その間に充電するのは難しいので、スマホの消費量の目安を知っておき、バッテリーを余裕を持って利用する必要があります。それでも、前回に説明したとおり、機内モードにすれば一般的なスマホであれば20~30時間はログを記録できます。

★前回記事:スマートフォンのバッテリー問題を知れば、登山中も安心してスマホを使えます

とは言っても、使い方次第では15時間や10時間に縮まることもあるうえに、行動中は足りても帰りの車や電車で電池切れになってしまうのも困ります。今やスマホをお財布代わりに使っている人も多いので、バッテリーが切れたら一大事です。また、万が一遭難したときには、通報するには結構な電力が必要になるので、安全対策のうえでも無駄なバッテリー消費は避けたいものです。

そこで登山でスマホを持っていく際には(もちろん携帯電話でも)必ずモバイルバッテリーを持っていくことを心がけましょう。市販のバッテリーはいろいろな容量のタイプがありますが、だいたい以下のバッテリーを用意できれば十分ではないかと思います。

  • 日帰りで3,000~6,000mAh程度
  • 1~2泊で6,000~10,000mAh程度
  • 3~5泊で1,5000~20,000mAh程度

1日に1,500mAh程度使うとしても、10,000mAhあれば2泊の山行でも余裕が出ると思います。行動終了後にSNSに発信したり、帰りの電車で動画鑑賞をするなどしたりしてバッテリーを大量に使うのなら、その分多く見積もってください。

容量が大きいモバイルバッテリーは当然、重量も大きくなります。荷物を軽くしたいのであればバッテリー消費を抑えましょう。ふだん自分がどのくらいバッテリーを使うかを把握し、必要な分+アルファを持つのが大事です。

これは登山でガスコンロに使うガス缶を、どれだけ用意すればいいのかと同じことですよね!

Column スマホに移るのは“わずか” 60%!?

表示されているモバイルバッテリー容量ほど充電できない気がする、と考えている人は多いと思います。例えば、モバイルバッテリーの容量が10,000mAhだったなら、バッテリー容量2,000mAhのスマホを5回満充電にすることが出来るはずが、実際には3回程度だった、という経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

これは、モバイルバッテリーからスマホにエネルギーを移す時に4割程度が変換ロスで失われるためです(熱になるので充電中は暖かくなります)。先の例では、10,000mAhの6割で6,000mAhが実際にスマホに移せる容量となり、6000÷2000で3回となります。

充電回数を知りたいときは、モバイルバッテリーの容量を6掛けしてからスマホのバッテリー容量で割ってください。

 

モバイルバッテリーのよくある失敗に学ぼう

モバイルバッテリーに関してよくある失敗は、こんなところでしょうか。

  • モバイルバッテリー自体を忘れる。
  • 充電忘れ。
  • ケーブル忘れ。
  • ケーブルの断線。
  • 見積もりの甘さによる容量不足。

当たり前のようなことですが、どれもよくあることで、どれか一つでも欠ければ充電できなくなります。必ず出かける前にチェックしてください。もし行動中に充電できないことに気づいた場合、ログの記録をやめるなど、ただちに省エネに舵を切りましょう。

バッテリーはジップロックのような防水パックに入れて、断線対策のため予備ケーブルも用意しておこう

 

見積もりが甘くてモバイルバッテリーが足りなそうなときも、残りの行程を考えて適切に消費量をコントロールしてください。

スマホは電池が切れたらただの「お荷物」です。万が一切れてしまったときのために、スマホだけに頼らずに紙の地図とコンパスを持ち、正しく使えるようにしておくことも大切です。

登山アプリだけに頼らず、紙の地図も用意して、正しく使えるようにしておくことも大切

 

バッテリーを劣化させない方法

スマホのバッテリーは2年も使えば劣化して容量が減ってきますが、使い方次第ではもう少し寿命を伸ばすことも可能です。ぜひ、以下の方法を試してみてください。

  • 充電中は満充電のまま放置しない。日常的には80%程度になったら充電をやめましょう。
  • 高温に弱いので真夏の車内や、冬でも直射日光が当たる場所に放置するのはやめましょう。

高温と満充電での放置はバッテリーの寿命を縮めてしまいます。登山では朝イチで満充電にしておいたほうがいいのですが、日常的には80%程度までに抑えておくのが寿命を伸ばすのによいとされています。

また、満充電や空っぽで長期間放置するのも故障の原因になります。長期間保管するときは残量を50%にして電源を切ってください。

最近、iPhoneにはバッテリーの劣化を確認する機能が付きました。iOS11.3以降なら、本体設定→バッテリー→バッテリーの状態から確認できます。

Androidスマホは「AccuBattery」などのアプリで劣化具合を確認できます。劣化させないように注意すれば3~4年使うことも可能です。

 

 ■まとめ

  • モバイルバッテリーを必ず持ちましょう。変換ロスで実際は容量の6割程度しか充電できません。
  • モバイルバッテリーはケーブルを忘れれば、ただのお荷物。ケーブルなど忘れ物のないように。
  • スマホのバッテリーは、高温や満充電のまま放置することで劣化します。

登山グッズ 危機管理 知識・雑学
教えてくれた人

松本 圭司

アプリ作家、ライター、料理研究家などマルチに活躍する山好き。江戸川区在住。

アプリの代表作「ジオグラフィカ」は多くの登山者に利用され、GPSアプリに関する講演・講習なども行う。

ほか、国土マップR、アルパカナビ、速攻乗換案内、雨かしら?雨時雨などもリリースする。クリーン&ビルド株式会社所属。

同じテーマの記事
冬山でスマホを使う時の7つの注意点。工夫と知識で、冬山でもスマホを使いこなそう!
冬山こそがGPS機器の活躍の場だが、「スマートフォンは寒さに弱い」と聞く。氷点下を下回る世界で、スマートフォンと登山アプリを使いこなすための秘伝のコツ、知識をお伝えする。
登山を前提にした場合のスマホの選び方―― OS、防塵防水、バッテリー、GPS・・・選ぶ基準は?
各メーカーからたくさんのスマートフォンがリリースされているが、登山アプリをインストールして登山用として使いたいなら、いくつか選ぶポイントがある。新規購入/機種変更を考えている人は、ぜひ参考にしてほしい。
地図アプリだけではない! 登山に使えるおすすめスマホアプリ&Webサービス
スマートフォンを登山中に活かすのは、なにも登山専用のアプリだけではない。登山には複合的な要素があるのだから、利用できるサービスもさまざま。そこで今回は、登山者にオススメの“登山専用”以外のアプリやWebサービスを紹介する。
「上手くいかない」と諦める前に――。スマートフォンのGPSで、よくあるトラブルと解決方法
スマートフォンに登山アプリをインストールして早速使ってみたものの、うまく動かない。「だからデジタル機器は嫌だ」と諦める前に、今回紹介する、よくあるトラブルと解決方法を確認してほしい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年2月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ