このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2018年07月23日
信頼できる「山仲間」がほしい

質問:登山を始めてから、ずっと一人で登り続けてきましたが、単独行の限界や危険性を感じています。今よりも更に距離のある縦走登山、雪山やバリエーションルートにも憧れがあって、最近ではクライミングにも興味があるのですが、一人ではできないことが多くあります。本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要だと痛感しています。信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。山岳会に入会することも考えています。

 

山仲間を作る選択枠が沢山あった昔

僕が登山を始めた頃は、山仲間を作る方法がたくさんありました。会社や地域には色々なレベルの山岳会があり、中学・高校には必ずと言ってよいほど山岳サークルがありました。大学に入れば、ハイキングをするクラブからヒマラヤ登山を目指すような本格的な山岳部まで、多くの登山サークルが存在しました。「山仲間を作り、登山技術を身につけよう」と考えた時、自分の志向やレベルに合わせた選択肢が沢山あったのです。

現在は、登山者の高齢化の中で、山岳会の衰退は確実に進んでいます。自分の時間を割いて、新しい仲間やパートナーを育てる“古いタイプのヤマヤ”が少なくなったのも、山岳会が減っている原因のひとつでしょう。昔は、全く登山経験のない人が新しく仲間になると、登山用具店に一緒に出掛け、登山靴やザックなどの基本装備の購入に付き合い、山の歩き方、地図の見方、天候の判断、雪上やクライミング技術など、一人前のヤマヤになるまで指導したものでした。

クライミングでは、ロープを結び合いクライマーの安全を確保しながら先へ進む

 

山岳会に入るなら、会に貢献する気持ちを持って!

もちろん今でも山岳会の中には、意識的に“一歩上を目指す”グループはあって、丁寧に探せば、あなたにあった会が見つかるはずです。ただ、山岳会は“無償で山に連れて行ってくれる組織”ではなく、自分も“登山活動を盛り上げ、山岳会に貢献する気持ち”が必要です。

残念なことですが、毎週のように何パーティーもグループを組んで登山をしていた山岳会がパタッと活動を弱めたり、単なる飲み会グループになってしまったりするのをしばしば見かけます。それは、主体的に参加し、山岳会をリードする後継者がいなくなってしまい、活動が続けられなくなってしまったのでしょう。

 

信頼できる山仲間がほしければ、信頼される努力をしよう!

今、よく見かける「山の仲間作り」は、SNSを利用したものです。これも、ある一定のレベルなら有効でしょうが、協働行動である登山パーティーを作り上げるには、僕は無理があると思っています。奥秩父のある山小屋に泊まった時、その夜に、SNSで集まった7人のグループがストーブを囲んで「本名はなんて言うの?」「どこに住んでるの?」とか、話をしているのを聞きました。「この人たち、登山届とか計画書とか、どうしてるんだろう?」とあきれた事がありましたが、小屋の主人に聞いたら、「今、そんなの当たり前だよ」と笑われてしまいました。

グループで登山をすることで、必要装備を全体で計画し、荷物を分担することができる。
特に雪山では、ラッセルなどを交代しながら先へ進めるので仲間の存在はありがたい

 

山の仲間作りは、飲み屋で知り合いを作るのとは訳が違います。時には、疲れ果てて荷物を分け合ったり、ホワイトアウトの雪原で一緒にルートを捜したり、ロープでお互いの安全を確保したり、生死が関わってくることもあります。 信頼できる山仲間を作るためには、きっかけは何にしても、自分も多少の犠牲を払う覚悟が必要でしょう。自分が事故を起こした時に助けに来てほしければ、仲間が遭難した時には会社を辞めてでも救助に行く!くらいの気持ちがほしいものです。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
緊急時でも慌てずに判断を。雪山で下降路がわからなくなった時の行動は?
雪山、特に山頂付近で下降路がわからなくなることがあります。下山の方角が判らない、急斜面で自信が持てない時に、確信の持てないままやみくもに下山を強行するのはとても危険です。では、そんな時は、どのような行動をとったら良いでしょうか。
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も
日没が早い秋に多い“下山遅れ”。ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握するのは難しく、同時に、“下山不能”の可能性も高まります。では、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのか、山岳ガイドの山田さんに聞きました。
登山中でも自分の現在位置、方向を教えてくれる便利なGPS地図アプリ。その付き合い方を考えよう
昨今、登山の世界で必需品になったかのように見えるGPS機器。自分のいる位置・方向を教えてくれる便利なツールを多くの人が使っていますが、これがあれば地形図は不要? 今回は、GPS機器との付き合い方を考える。
地図を見ればいろいろな景色が見えてくる。登山に大切な「地図」の話
安全登山のためだけでなく、登山の楽しみを広げるためにも身につけておきたいのが「地図読み」です。今回は山岳ガイド山田さんに、かつての登山者と地図の関係と地図読みのはじめ方について話を伺いました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 2017年の年越しを山小屋で過ごしました
2017年の年越しを山小屋で過ごしました ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!
雪山の学び場、八ヶ岳へ
雪山の学び場、八ヶ岳へ バラエティに富んだコース、アルペンムード漂う山々、そして営業小屋。雪山を学ぶなら八ヶ岳がオススメだ。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?