このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる「山仲間」を作るには? 山岳会への入会は?

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2018年07月23日
信頼できる「山仲間」がほしい

質問:登山を始めてから、ずっと一人で登り続けてきましたが、単独行の限界や危険性を感じています。今よりも更に距離のある縦走登山、雪山やバリエーションルートにも憧れがあって、最近ではクライミングにも興味があるのですが、一人ではできないことが多くあります。本格的な登山をするには、どうしても信頼できる「山仲間」が必要だと痛感しています。信頼できる「山仲間」は、どう作ったら良いでしょうか。山岳会に入会することも考えています。

 

山仲間を作る選択枠が沢山あった昔

僕が登山を始めた頃は、山仲間を作る方法がたくさんありました。会社や地域には色々なレベルの山岳会があり、中学・高校には必ずと言ってよいほど山岳サークルがありました。大学に入れば、ハイキングをするクラブからヒマラヤ登山を目指すような本格的な山岳部まで、多くの登山サークルが存在しました。「山仲間を作り、登山技術を身につけよう」と考えた時、自分の志向やレベルに合わせた選択肢が沢山あったのです。

現在は、登山者の高齢化の中で、山岳会の衰退は確実に進んでいます。自分の時間を割いて、新しい仲間やパートナーを育てる“古いタイプのヤマヤ”が少なくなったのも、山岳会が減っている原因のひとつでしょう。昔は、全く登山経験のない人が新しく仲間になると、登山用具店に一緒に出掛け、登山靴やザックなどの基本装備の購入に付き合い、山の歩き方、地図の見方、天候の判断、雪上やクライミング技術など、一人前のヤマヤになるまで指導したものでした。

クライミングでは、ロープを結び合いクライマーの安全を確保しながら先へ進む

 

山岳会に入るなら、会に貢献する気持ちを持って!

もちろん今でも山岳会の中には、意識的に“一歩上を目指す”グループはあって、丁寧に探せば、あなたにあった会が見つかるはずです。ただ、山岳会は“無償で山に連れて行ってくれる組織”ではなく、自分も“登山活動を盛り上げ、山岳会に貢献する気持ち”が必要です。

残念なことですが、毎週のように何パーティーもグループを組んで登山をしていた山岳会がパタッと活動を弱めたり、単なる飲み会グループになってしまったりするのをしばしば見かけます。それは、主体的に参加し、山岳会をリードする後継者がいなくなってしまい、活動が続けられなくなってしまったのでしょう。

 

信頼できる山仲間がほしければ、信頼される努力をしよう!

今、よく見かける「山の仲間作り」は、SNSを利用したものです。これも、ある一定のレベルなら有効でしょうが、協働行動である登山パーティーを作り上げるには、僕は無理があると思っています。奥秩父のある山小屋に泊まった時、その夜に、SNSで集まった7人のグループがストーブを囲んで「本名はなんて言うの?」「どこに住んでるの?」とか、話をしているのを聞きました。「この人たち、登山届とか計画書とか、どうしてるんだろう?」とあきれた事がありましたが、小屋の主人に聞いたら、「今、そんなの当たり前だよ」と笑われてしまいました。

グループで登山をすることで、必要装備を全体で計画し、荷物を分担することができる。
特に雪山では、ラッセルなどを交代しながら先へ進めるので仲間の存在はありがたい

 

山の仲間作りは、飲み屋で知り合いを作るのとは訳が違います。時には、疲れ果てて荷物を分け合ったり、ホワイトアウトの雪原で一緒にルートを捜したり、ロープでお互いの安全を確保したり、生死が関わってくることもあります。 信頼できる山仲間を作るためには、きっかけは何にしても、自分も多少の犠牲を払う覚悟が必要でしょう。自分が事故を起こした時に助けに来てほしければ、仲間が遭難した時には会社を辞めてでも救助に行く!くらいの気持ちがほしいものです。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ