このエントリーをはてなブックマークに追加

「青い鳥」で知られるルリビタキ。若いオスの羽の色が地味なのには理由があった!

From 『図鑑.jp』 山で出会う「これ何?」を教えます
たしなみ 2018年08月10日

亜高山帯の山で見かける美しい青い羽の鳥、それが「ルリビタキ」だ。その美しい姿に反して、雄どおしが繰り広げる戦いは壮絶で激しい。今回は、ルリビタキの羽の色と“仁義なき戦い”について紹介する。

 

こんにちは。NPO法人バードリサーチの高木憲太郎です。この記事では毎月、登山の際に出会える鳥を紹介していきます。皆さんに少しでも鳥のことを知ってもらい、興味を持ってもらえればと思います。図鑑的な情報ではなく、彼らの生きざまを面白く伝えられれば嬉しいです。

今月ご紹介する鳥は、『ルリビタキ』です。中部山岳では標高1500m以上の亜高山帯や高山帯の樹林で繁殖しており、この標高ではメボソムシクイと並んで生息密度の高い鳥です(北海道など高緯度地域では低山などでも繁殖しています)。青い羽が美しいことで知られますが、彼らの青い羽色には秘密があるのです。

雄のルリビタキは、ひしめき合ってなわばりを構え、ライバルと鍔迫り合いを繰り広げているのです。そんな彼らの子孫を残すための戦いに、今回は注目してみましょう。

2才以上の雄のルリビタキ(写真=小野安行)
ルリビタキ
  • 全長: 約14cm(スズメくらい)
  • 外見: 2才以上の雄の上面は頭部から尾まで青色で、白い眉斑を持つ。脇羽は明るい橙色で、下面は白色。雌は、頭部から背面にかけてオリーブ褐色で腰から尾のみが青色。脇羽は雄と同じく橙色で、下面は白色。1才の雄は、雌に酷似している。 

ルリビタキの鳴き声は、バードリサーチの“さえずりナビ”の解説ページからどうぞ。

 

覚えておくと自慢できる!? 高山の鳥のさえずり

梅雨が明けて、夏山の本格的なシーズンになりました。森で繁殖する小鳥たちの子育ては、そろそろ終わりを迎えています。早朝に聞こえてきていた、さまざまな鳥たちのさえずりは聞こえなくなり、合唱の中心はセミたちにバトンタッチしています。

ところが、亜高山で繁殖する鳥たちは、夏の間も元気にさえずっています。少しイメージを膨らませて、北アルプスの標高2000mぐらいまで登ってきたと想像してください。「チュロチュロロロリ、しーん、チュロチュロロロリ、しーん」と、一定のテンポで鳴き続ける鳥の声が聞こえてきた場合、これがルリビタキのさえずりです。

★図鑑jpで、ルリビタキについて詳しく調べる

さえずりがとまり、しばらくすると同じ場所から「ヒッ、ヒッ、ヒッ」という、錆びた自転車が出すような音も聞こえてくるでしょう。実は、これもルリビタキが発している声です。こちらは、雌を惹きつける求愛などの「さえずり」の機能は持っていないので、「地鳴き」と呼ばれます。

別の場所から、「チュイジュリ、チュイジュリ、しーーーーん」「チュイジュリ、チュイジュリ、チュイジュリ、しーーーーーーーん」と、ルリビタキのさえずりよりも少し濁った声も聞こえてくることもあります。こちらは、ルリビタキではなくメボソムシクイのさえずりです。2,3回同じ声を繰り返して鳴き、間隔が不定期なところがルリビタキとの違いとなります。

★メボソムシクイの鳴き声:バードリサーチの“さえずりナビ”

ほかの鳥ももちろんいますが、夏の森林限界近くの林であちこちから聞こえてきているさえずりの主は、この2種のことが多いと思います。あとは、ご存じ「ホーッホケキョ」と鳴くウグイスでしょうか。 

「さえずりナビ」で声を覚えてから山に登れば、今鳴いているのは、ルリビタキだ、メボソムシクイだ、と仲間に自慢できます(もし、「それは違う」と、指摘されるようなことがあったら、説明が悪いバードリサーチの高木のせいにしてください)。 

森にいる小鳥の姿は、なかなか目にすることができませんので、個体数を調べるような調査でも、どの種の鳥が何羽いるのか、声を頼りに記録します。彼らのさえずりは、我々人間にとっては、種を識別するための貴重な情報源です。

 

雌に扮する若い雄のなぞ

さて、話は目にすることが少ない、姿の話に移ります。写真で見ていただいた通り、ルリビタキの雄は非常にきれいな青い羽を持っています。ところが、青い羽を持っていない雄もいるのです。 

巣立った後、ひと冬越えて翌年の春になると、すべてのルリビタキの雄は、雌とつがいになって繁殖する能力を持ちます(実際に繁殖に成功している1才の雄も多くいます)。ところが、この頃は鮮やかな青い衣はまとわずに雌とほぼ同じ姿をしています。2才以上のルリビタキの雄とは見た目が明らかに違うのです。

ルリビタキの雌または若い雄。にしどこさんの図鑑jpへの投稿より

 

性成熟に対して羽色の発現が遅れる現象を専門用語で「Delayed Plumage Maturation (DPM)」といい、日本語では「遅延羽色成熟」という言葉があてられています。鳥の中で、こんなことをする鳥はあまりいません。若い個体の羽色の鮮やかさが、今ひとつな鳥は他にもいますが、ルリビタキの場合は明らかに目立たない色彩を選んでいるようです。では、なぜ、ルリビタキの雄はこんなことをするのでしょうか?

 

研究者の仕事1:地面にあるルリビタキの巣を探す

ルリビタキが示すDPMという現象の解明に挑戦した研究者がいます。私の大学院での先輩にあたる森本元さんです。 

彼の調査フィールドに何度か遊びに行きましたが、なかなか過酷な環境でした。場所は富士山の東側斜面、須走口5合目です。駐車場に車を停めて、連日の車中泊、夜明け前に起きだして、パンなどを口に突っ込みながら、身支度を整えます。そのあとは、ひたすら斜面を登り下りしながら森の中を歩いてルリビタキの巣を探します(今回の羽色の話には関係しませんが、巣を見つけておくと、行動生態学の研究上有用なデータがたくさん取れるのです)。

ルリビタキの巣は、樹上ではなく、地上の土のくぼみや木の根と地面との隙間、岩のくぼみなどにあり、シラビソなどの葉を敷いた上に苔や獣毛で造られたお椀型の産座が乗っています。

余談になりますが、巣を見つけるコツは、心をルリビタキにすることです。たくさん見つけているうちに、「自分がルリビタキだったらきっとこのくぼみを選ぶに違いない!」とピンとくるようになるのです。 

※ただし、皆さんはやらないでください。研究者は鳥の生態を熟知し、彼らの行動を見て与えている影響を確認しながら、調査に必要な最小限の時間で注意深く行っていますし、山林への立ち入りや鳥の捕獲の許可なども得て実施しています。このような知識や経験、配慮、許可申請などが不十分だと、皆さんの行動によって、卵やヒナを襲う捕食者を巣に惹きつけてしまいます。また、違法行為で罰せられることにもなりかねません。 

ルリビタキの巣。写真中央の暗い穴の中にルリビタキの巣がある

 

研究者の仕事2:ブユに気を取られて見逃すなルリビタキの戦い

それから、これ、と決めたルリビタキのなわばりでじっとしながら、さえずった位置を地図に落としたり、その個体のなわばりの範囲を記録したりします。 

記録している最中に、ほかの個体がなわばりに侵入してくると、戦いのゴングが鳴ります。この時は、勝敗を見逃さないよう目で追い続けて、結果を記録します。 

この調査は体力は使わないのですが・・・、別の危険が忍び寄ってくるので注意が必要です。登山者の皆さんなら経験したことがあると思いますが、ブユという蚊よりも小さな虫が寄ってきて刺そうとするのです。ブユは肌にとまったあとは、ここでもない、そこでもない、と歩き回り、ひと刺しするまで時間がかかるものです。そのため、注意して肌の表面を払っていれば意外と大丈夫なのですが、刺されると1週間以上腫れが引かず、ひどいめに遭います。 

DPM以外のテーマも一緒に研究をするので、そのほかにも録音機を設置してさえずりを記録するなど、いろいろな調査をしていきます。日が暮れるころまで、手持ちの簡易食と飲物で過ごし、夕方になってようやく駐車場に戻ってきます。そして、お湯を沸かし、レトルトカレーを温めて夕食をとります。その後は、車から電源をとりながら、データの入力や論文の執筆などをして、早めに眠ります。

標高2000mでのこの生活が、5月から9月まで毎日続くのです。高山の鳥を研究するには、縦走や冬山登山とはまた少し違う装備と覚悟と情熱が必要です。 

須走口5合目駐車場から望む富士山頂、右から三番目が森本氏

 

激しい戦いを避ける若い雄の作戦

富士山の5合目まで登ってきたルリビタキは、盛んにさえずり、なわばりをかまえます。なわばりの境界では戦いが起きるのですが、その戦いは、橙色の脇羽を大きく膨らませながら「ヒッ,ヒッ」と声を発する威嚇行動から始まります。そしてそのあと、お互いを追い回す追いかけ合いに戦いは移行します。最後には、相手につかみかかったり、つつき合いをするといった直接闘争へと発展します。 

しかし、森本さんの努力と苦労の蓄積は、雄同士の戦いの激しさが戦う戦士の羽色の組み合わせによって違うということを明らかにしました。

青い雄同士、オリーブ褐色の雄同士が戦うと直接闘争まで発展することが多いのに、青い雄とオリーブ褐色の雄が戦うと、滅多に直接闘争まで至らず、追いかけ合いで決着がついたのです。

 

ルリビタキの雄同士が戦った時の羽色の組み合わせによって異なる戦いの激しさを表した図。(a)と(c)では、一番左の「けんか」が記録される回数が多いが、(b)では真ん中の「追いかけ」が多い

 

つまり、ルリビタキの1才の雄は、年上の雄に対してあらかじめ自分が弱い立場にあることを、羽色で発信することによって、相手の怒りを和らげて強い攻撃を抑制し、自分も無理に仕掛けないことで、無用な闘争を回避し、闘争による怪我などのリスクを減らそうとしているのだと思われます。 

こうすることで、先輩たちの間にまんまと自分の縄張りを確保できるのだとしたら、安いものです。「してやったり」、とほくそ笑んでいるかもしれません。小さいと思って、侮ることなかれ、小鳥たちの世界には、厳しい戦いの現実と、それを生き抜くための駆け引きが存在しているのです。 

なお、これまでのDPM研究から、若い雄が雌に似ているとはいえ、雌に擬態しているというふうに考えるのは適切ではないようです。「闘争が起きている時点で雄だとバレているんだよ」、と森本さんに指摘されました。確かに、その通りです。きっと、鳥どうしには、私たちにはわからない雄らしさや雌らしさといった見分けるポイントがあるのでしょう。

日本の山には、ルリビタキのほかにもオオルリやコルリといった青い衣を纏った小鳥が生息していますが、彼らが生息している森は亜高山帯よりも低い標高です。森林限界付近の少し開けた林で青い鳥に出会ったら、ルリビタキだと思ってまず間違いありません。

ちょっとこちらを観察してくる顔は、愛くるしくも見えますが、本当は、得体のしれない侵入者に、警戒の厳しい視線を投げかけているのかもしれません。そんな時は、ルリビタキには青くならずに、したたかに生きる若い雄がいることを思い出しつつ、長居をして彼らの戦いを邪魔しないよう、歩みを進めていただけたらと思います。

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

高木 憲太郎

NPO法人バードリサーチ研究員。全国の会員と共に鳥の生息状況の調査(最近はホシガラス)を行なっているほか、人と軋轢のある鳥の問題解決に取り組む。
 ⇒NPO法人バードリサーチ

調査プロジェクト<「ホシガラスを探せ!!」
このプロジェクトでは、ホシガラスの目撃情報を集めています。
 ⇒ホシガラスを探せ!! Webサイト

図鑑読み放題サービス 『図鑑.jp』

主に中・上級者の愛好家向けの生物図鑑類を電子書籍化して、ジャンルごとに読み放題とするウェブサービス。「植物」「野鳥」「菌類」の3各ジャンルを提供中で、出版社のほか博物館やNPO法人を含む6社2機関の専門性の高い生物図鑑を提供中。
図鑑群を和名、学名、科名で横断検索できるほか、図鑑についての追補や種についてのコラム、ユーザが種について投稿したものを図鑑とともに検索できるなどの独自の機能を持ったジャンル特化型のプラットフォームです。

⇒図鑑読み放題サービス 図鑑.jp

同じテーマの記事
ハイマツ帯でよく見かけるホシガラス。ハイマツの球果を咥える理由はダイナミックな生態にあった!
ハイマツ帯などの高山を登山中に、よく見かける鳥の1つがホシガラス。ハイマツの中で見るので、一瞬「雷鳥?」と見間違うこともある鳥だが、その生息域は謎も多い。
ヒツジグサは「未の刻に咲く」は大間違い!? 山で見る花の名前の由来、知っていますか?
登山中に多く見かける草花の名前、知っておくだけで楽しさはさらに広がるもの。さらに、その名前の由来を知ると、さらなる世界が広がるもの。梅雨時期~夏に咲く花の名前の由来を、今回は5つ紹介!
初夏の山でおなじみのキビタキ。巣は“ふかふか”の布団!?
春から初夏の山では、「チピヒ」という野鳥のさえずりをよく耳にする。その声の主こそ「キビタキ」。彼らの巣は落ち葉を積み上げて、その上に作るらしい。なぜキビタキは、ふかふかの布団を用意するのだろうか。
その種は150種類以上!? 可憐な紫色の花を咲かせるスミレの見分け方とは?
春の時期、可憐な紫色の花を咲かせるスミレ。その種類は豊富で、よく見ると花の色、葉の形、大きさにさまざまな違いがり、その種は150種類以上と言われているが、その違いを見分けるコツは?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年8月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。