このエントリーをはてなブックマークに追加

アルプスの登山は標高差や距離が里山よりずっと大きいことを知っておこう。島崎三歩の「山岳通信」 第120号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2018年08月09日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年8月8日に配信された第120号では、12件の遭難事例を紹介。本格的な夏山シーズンに突入して、北アルプスで遭難事故が集中していることを伝えている。

 

8月8日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第120号では、7月23日~29日に起きた12件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 7月23日、北アルプス槍ヶ岳で、60歳の男性が槍沢を下山中に浮石に乗り転倒、負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 7月23日、北アルプス白馬乗鞍岳で、27歳の女性が白馬乗鞍岳白馬大池付近を下山中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 7月24日、北アルプス唐松岳で、13歳の男性が唐松岳へ向けて登山中に体調不良により行動不能となる山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 7月25日、北アルプス唐松岳で、68歳の男性が唐松岳・八方尾根を下山中に転倒して負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 7月26日、北アルプス白馬岳で、77歳の男性が白馬大雪渓の岩室付近を下山中、転倒して右足下腿部骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

白馬大雪渓での遭難事故の現場の様子(長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)8月2日付)
  • 7月26日、北アルプス白馬岳で、68歳の男性が白馬岳へ向けて登山中、白馬大雪渓葱平付近で体調不良により行動不能となる山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 7月27日、北アルプス奥穂高岳で、79歳の男性が奥穂高岳から下山中、疲労により歩行困難となり行動不能となる山岳遭難が発生。県警山岳遭難救助隊員により救助された。

  • 7月25日、北アルプス蝶ヶ岳で、50歳の女性が山小屋に宿泊中に体調を崩し、27日になっても回復せずに自力下山が困難となったことから、27日に救急要請。県警ヘリで救助された。

  • 7月28日、北アルプス燕岳で、35歳の女性が合戦尾根を下山中に、富士見ベンチ付近で足を滑らせ転倒、右下腿部骨折などの重傷を負う山岳遭難が発生。署員及び遭対協隊員により救助された。

  • 7月28日、北アルプス白馬岳で、63歳の女性が白馬大雪渓のケルン付近を下山中、疲労により歩行困難となる山岳遭難が発生。遭対協隊員及び県警山岳救助隊員により救助された。

  • 7月28日、北アルプス槍ヶ岳で、登山者が倒れているとの通報があり捜索を開始し、30日に県警救助隊員がすでに心肺停止状態にある男性を発見した。県警ヘリで収容したものの、31日に死亡が確認された。遭難者は69歳の男性と判明、男性は北鎌尾根を登山中に何らかの原因により負傷し、行動不能となったものと考えられる。

  • 7月29日、北アルプス白馬岳で、71歳の男性が白馬大雪渓・葱平付近を登山中に、落石により負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリにより救助された。

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

7月4週は北アルプスで12件の遭難が発生しました。そのうち下山中の転倒が5件、登山中の発病や疲労が5件発生しています。
一般的に北アルプスなどの登山は、標高の低い里山の日帰り登山と比べると標高差や距離などが2倍から3倍の行程なります。このようなコースを余裕を持って安全に踏破するためには、相応の体力と事前準備が必要です。
登山はマラソンなどの持久系スポーツと同じくらい負荷の高い運動です。観光や旅行の延長で山に向かうことのないよう、事前の計画と準備をしっかりと行いましょう。

 

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
体調管理には日差しの強い日中の長時間の行動を避けることも必要 島崎三歩の「山岳通信」 第121号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第121号では、疲労や体調不良による遭難が多数発生していることから、日差しの強い日中の行動について言及している。
“酷暑”期は日常生活で疲労が蓄積、体調を整え入山を! 島崎三歩の「山岳通信」 第119号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第119号では、29件の遭難事例を紹介。晴天かつ酷暑が続いた7月後半は多くの体調不良による遭難が起きたことについて言及している。
山岳遭難のほとんどは体力や集中力が切れる下山中に発生します 島崎三歩の「山岳通信」 第118号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月12日に配信された第118号では、下山中の事故が多いことを挙げ、慎重な登山計画を促している。
V字谷の地形でのヘリによる救助の難しさを動画で確認 島崎三歩の「山岳通信」 第117号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月6日に配信された第117号では、道迷い遭難のヘリコプターによる救助の様子を紹介し、遭難救助時の注意点についても説明している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2018年8月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行
花を愛で滝をめぐる 北秋田森吉山 花三昧紀行 北秋田・森吉山のモニターレポートを公開! 最盛期のお花畑は想像以上! マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を
今年も開催! 夏の大アンケートにご協力を 毎夏恒例「ヤマケイオンラインブランドイメージ&勾配動向調査(YOLBIS)」を開催中。抽選で豪華プレゼントもあります! ...
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて渡辺佐智さんに伺いました
NEW 最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り
最新テントをチェック! 高橋庄太郎の山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんによるモノ連載。今月はビッグアグネスの最新の軽量テント。軽さの追求だけでなく、快適性も◎
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。