このエントリーをはてなブックマークに追加

実はよくある登山靴のトラブル。登山ガイドに教わる、靴底剥がれの対処法&役立つグッズ

太田昭彦部長の「大人のワンゲル部」―リーダーとしての力を身につけよう―
道具・装備 2018年08月24日

登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、登山ガイドの上村博道さんに、山の中で登山靴のソールが剥がれてしまった時の対処法、携帯しておきたいアイテムを教えてもらった。上村ガイドの実体験から学んだ知恵を、ぜひ覚えておいてほしい。

 

2日間、靴底を離さずに保ち続けてくれた○○テープ

数年前に中央アルプスへ縦走に行った際に、靴底が剥がれてしまったときの経験から得たことを今回はお話しします。

その日、歩き出して半日過ぎたあたりで靴底が少し剥がれていることに気が付きました。今思えば、一年以上使っていない軽登山靴を無警戒に履いてきてしまったのは迂闊だったのですが…。

これは何か応急処置が必要だと思い、まず、ガムテープより粘着強度があるパワーテープを巻いてみましたが、水に濡れると粘着力が弱くなり、しばらく履いているうちに役に立たなくなってしまいました。

次に、針金を巻いてみましたが、硬い革靴ならいざ知らず、ナイロン製の柔らかい軽登山靴では、しっかり固定することが出来ませんでした。強く締めようとすると、足が痛くなり、思うようにいきません。

仕方がないのでそのまま歩いていると、剥がれている面積がどんどん大きくなるのがわかりました。靴本体と靴底が分離してしまうのも時間の問題となった時、ファーストエイドキットの中に、伸縮性のあるテーピング(キネシオロジーテープ)が入っていることを思い出しました。ダメでもともとと思って巻いてみたところ、残りの2日間、キネシオロジーテープは靴底を離さずに保ち続けてくれたのです。

 

靴底が剥がれるかは、使用頻度にかかわらない

一般的な登山靴は、表面部分のアッパー、靴底部分のアウトソール、その2つのパーツの間にあって、クッションの役割をしているミッドソールに別れています。ミッドソールは“ポリウレタン”素材が使われていることが多く、この“ポリウレタン”とソールを貼り付けている“接着剤”が、経年劣化しやすい箇所です。

そのため、長期間使用していない登山靴は、外見は綺麗に見えても、ソール部分が劣化していて、靴底が剥がれる可能性があります。家を出る時は気がつかず、山中で靴底が剥がれてしまうと、場所や状況によっては、困るだけでは済みません。さらに、今回の経験で知ったのは、ソール部分の経年劣化は両足同時に進行していて、剥がれるのも両足同時ということです。

土踏まずを中心に巻くようにしている

 

キネシオロジーテープのおススメの巻き方。泊りの山行では、ひと工夫も

こうした経験から、山へ行く際はキネシオロジーテープを持っていくようにしています。キネシオロジーテープは汗や濡れに対応した粘着力があり、手では引きちぎれない強度があるため、靴底に巻いても耐久力は十分ありました。また、ドラッグストアや場所によってはコンビニでも買うことができるほど手軽で、持ち運びには軽量。本来の目的である関節を痛めた時の救急用としても使えるので、山に携帯するのに、もってこいのアイテムです。

使い方は簡単で、土踏まずを主体に靴本体と、靴底が離れないように巻きます(上の写真参考)。歩いていると靴底がつま先の方へずれて歩きづらさもありますが、そこは応急処置だと割り切って我慢しましょう。あまり広範囲に巻き過ぎると、靴底のグリップを低下させてしまうので、靴底のグリップを生かす、この巻き方がおススメです。

靴底のグリップを生かしたいので、あまり広範囲に巻かない

宿泊をともなう登山の場合は、キネシオロジーテープを巻いた状態で脱いだり履いたりしたいので、つま先から甲のあたりまで靴紐を緩めて、脱着ができることを確認してからテープを巻きます。このひと工夫をすると、山小屋などで靴を脱ぐ際に、キネシオロジーテープを外さなくて済みます。山ではキネシオロジーテープ自体が貴重品なので、強度は残しつつ、翌日もそのまま使用します。僕の経験からすると、片足で1.5mくらいは使うので、新品のキネシオロジーテープひと巻き(6m)で2足分対応できる計算です。

定期的に靴のメンテナンスをして、山中で靴底がとれるようなことがなければ、それが良いでしょう。しかし、もしもの緊急事態に備えて、少なくともパーティにひと巻きのキネシオロジーテープを持っておくことをおススメします。

登山靴 登山グッズ
教えてくれた人

上村博道

気象予報士の資格をもつ登山ガイド。安全登山の指導を行っている。 国内では北海道・積雪期日高山脈全山縦走、積雪期知床半島縦走など積雪期の長期山行を行う。海外では、エベレスト8848m、デナリ 6194m、アコンカグア6960mに登頂。
⇒BLOG:ヒロい自然の中で・・・

同じテーマの記事
降水確率0%でも雨に降られ、100%でも雨が降らない。知っておきたい降水確率の話
登山の予定が決まったら必ずチェックする天気予報。なかでも降水確率は、当日の持ち物を決めるだけではなく、山に行けるか、また、コースや時間の調整が必要かどうか、山行計画を大きく左右する要素となる。今回は、意外と知られていない“降水確率”の定義について話を伺った。
美しい紅葉に出会うために―。“紅葉の見ごろ”を9月の気温から予測してみよう!
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ登山ガイドの上村博道さんに“紅葉の見ごろ”を簡単な計算式で予想していた(!)話を伺った。ぜひ参考にして、美しい紅葉に出会う登山をしてほしい。
梅雨時期は特にヤマビルの被害の多い時期。知っておこう! 山でのヒル対策、撃退法。
特に梅雨時期は、ヤマビルが活発に活動する時期。登山ガイドの上村博道さんが教える対策方法を参考に、山でのヒルの被害を減らしてほしい。
万が一、道に迷ってしまったら。その時の行動と、ビバークする決断のタイミング。
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、ワンゲル部部長で山岳ガイド太田昭彦さんに、山で道に迷ってしまった時の行動について教えてもらう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!