このエントリーをはてなブックマークに追加

神々の母イザナミノミコトの墓所の伝承地・比婆山で気付いた、熊野信仰・花の窟神社との繋がり

登山者のための神社学
たしなみ 2018年11月09日

広島県北部、島根県との県境にほど近い位置にそびえる比婆山(ひばやま)。神々の母である伊邪那美命(イザナミノミコト)の墓所の伝承地とされる場所の1つだが、ここに伝わる伝承は、もうひとつの伝承地である熊野・花の窟神社の伝承そのものであることに気付く。

 

神話の山・比婆山と、広島県庄原市・比婆山熊野神社

老杉群に囲まれた比婆山熊野神社の楼門


広島と島根の間に広がる山岳地帯・中国山脈の広島側に神話の山・比婆山はある。この山を越えると、そこから奥出雲が始まり島根県に入っていく。広島側には大和朝廷に繋がる神話が残り、山を越えると出雲の神話の世界に足を踏み入れることになる。中国山脈は異なる神話の中継地点のような役割をもっているのかもしれない。

僕が小さなころ、日本にもイエティ(山男/雪男)がいる! という噂があったが、その噂の大元はこの比婆山だ。当時、その存在をたびたび発見されたという比婆山の山男・通称「ヒバゴン」、僕自身は比婆山の熊野神社に参拝するようになってから思い出した単語ではあったが、ヒバゴンという響きはよく覚えていたし、今でも現地に行くとその伝説自体が地元の方々に愛されているのがわかるほど、いたるところに看板やイラストが掲げられている。

話は少しそれるが、昔からある伝説の生き物の話といえば「ツチノコ」も有名だが、比婆山のある庄原市付近の府中市上下という地域では、昭和になってから目撃情報が多数でてきた場所だ。ことから「ツチノコ捕獲作戦」に懸賞金までかけて大捜索も行っているほどだ。なにかと神話や伝説、伝承や口伝の多い土地であり、そういった民間伝承を色濃く伝えている。

一昔前まで比婆山の近くの集落の名前に「美古登村(ミコト村)」というものがあった。市町村合併の波に飲み込まれ、いまでは周辺の村と合流して西城町という地名になったが、小学校や郵便局には「美古登」の名称が使われたままでいる。

その名称の意味として「美しい古くからある山を登る、という地元の想いから」という説明を見かけるが、その根本は日本創生の神話からきているのではないかと僕は思っている。というのも、市町村合併以前に美古登村とされてきた地区は、まさに比婆山の麓であり、この比婆山こそが日本最古の歴史書と言われる古事記に記された神話を今に伝える場所として比定されている地だからだ。

豊かな森に囲まれる比婆山熊野神社内の様子


その神話の主人公は日本一有名な神様といえる天照大神や素戔嗚尊の母神様である伊邪那美命(イザナミノミコト)だ。神話によると、伊邪那美命はさまざまな神産みを行った最後に、火の神様を出産する段になり大火傷を負い、命を落とし黄泉の国へ旅立ったとされている。その伊邪那美命の御陵こそが比婆山である、というものである。

古来から比婆山には伊邪那美命伝承があった。しかしその伝承は限られた地区の限られた話だったのかもしれない。それが江戸時代になると、古事記の研究が盛んになり、国学者による翻訳書が世に出たことから、一般的に古事記の存在が知れ渡り、比婆山に伝わる伝承が古事記に記された伊邪那美命の神話そのものであるとされるようになった。やがて比婆山に鎮座する比婆大社と呼ばれた古社も、伊邪那美命を奉ずる熊野信仰と合流して、今では比婆熊野神社と呼ぶようになった。そんな想像をたくましくしていくと、麓の美古登村の原点は伊邪那美命に端を発するのではないかと思えてならない。

ちなみに、古事記同様、日本の歴史を伝える書物に日本書紀がある。似通ったようで、ところどころに古事記とは違う神話を残しているが、先に紹介した伊邪那美命の神話を日本書紀でなぞってみると、その伝承地はまさに紀伊半島の熊野となる。

今では熊野というと狭義的に和歌山県が取りだたされているが、かつては三重県の尾鷲あたりから南部全体をさしていたという。そして比婆山に残る伊邪那美命御陵伝承と同じ話を残すのが、世界遺産にも登録されている三重県の花の窟神社である。こちらは日本最古の社を謳い、まさに紀伊半島の熊野信仰の玄関口に位置している。

熊野信仰は多く磐座信仰(いわくらしんこう)を残しているが、「花の窟」の「花」は、もしかしてここから始まる磐座(磐)信仰の先端(入口)を示した「鼻(先端、さきっぽ)」から来ているんじゃないか・・・、というのは想像たくましくした僕の妄想ではある。

熊野神社から比婆山へと向かう途中にある那智の滝(鳥尾の滝)

 

Mt. Hiba Kumano Shrine (Shobara city, Hiroshima)

A mythical mountain, Mt. Hiba, stands on the Hiroshima side of the Chugoku range, which spreads between Hiroshima and Shimane prefecture in West Japan. Just beyond this mountain, on approach from Hiroshima, is the Okuizumo (“deep-end of Izumo”) valley, about which there are plentiful mystical stories, and which has a history stretching back millennia. What’s interesting is this: the Hiroshima side of the mountain is where you encounter various myths connected to Yamato Imperial Court (4-6 A.D.) which is said to have ruled the whole archipelago of Japan as a single nation for the first time, stories that are rather from the perspectives of a ruling power. However, once you go over the mountain to its Shimane side, you are immediately immersed in the world of Izumo myths, locally passed on through the ages. These still-prominent stories are of the gods who gave birth to this world, the essential substances of reality, many deities, and the archipelagian land of Japan. The Chugoku mountain range might be essentially acting as a bridge, or an intermediary border, between two different worlds of myths. 

When I was little, there was a rumor that the world-famous monster of the mountains, the Yeti, existed in Japan too. The rumor actually started here at Mt. Hiba, where many locals frequently witnessed the Mt. Hiba version of the Yeti, which they called “Hiba-gon”. Since I started visiting the Kumano Shrine in Mt. Hiba, I noticed many signs and illustrations related to Hiba-gon here and there across the region, and my childhood memories of the legend resurfaced. You can feel in the region that Hiba-gon is a long-loved subject of the locals.

Though this is a little off-topic, the neighboring region of this Shobara-city, Fuchu-city Kami-Shimo, is where another folklore creature named Tsuchinoko is said to have been witnessed numerous times over the last 70 years or so. The local government has even popularized it by offering a bounty for its capture. You can tell from this, too, that this area is rich in myths, folklore, mythology and things passed on through the centuries through the stories of its people.

Until 50 years ago there was a village near the mountain called “Mikoto village”. It’s no longer there, since it went through a major municipality merger and was combined with other surrounding villages to form a new town, Saijo-cho. The local elementary school and the post office are still named in relation to the old village’s beautiful name, Mikoto.

The locals’ explanation of what this old village name suggests is the concept of “climbing a long-existing beautiful mountain” which comes from the three Chinese characters used to write the name. However, I suspect that the genesis of this name is more closely related to the Japanese creation myth. 

Mikoto village existed right at the foot of Mt. Hiba and the mountain is the presumed location featured in a story cited in the Kojiki (Records of Ancient Matters, 712 A.D.), the alleged oldest historiography of Japan. Its particular myth relating to this mountain is of a deity named Izanami-no-Mikoto. Izanami-no-Mikoto was the mother of the most famous deity, Amaterasu-Omikami, the Sun Goddess, and Susanoo-no-Mikoto, the deity of sea and storms. The myth tells the story of how Izanami-no-Mikoto gave birth to various deities and was seriously burned upon giving birth to the deity of fire. The injury was so serious that she passed away and departed to the land of the deceased, Yomi-no-Kuni. According to the story, Mt. Hiba is her supposed mausoleum. If you did some research, you might indeed find some local lore mentioning the mother deity, Izanami-no-Mikoto, around Mt. Hiba. 

The local lore might have been small-scale and relating to a very limited region, but since Kojiki, the ancient chronicle, started to be actively studied and translated in the Edo era (1603-1867 A.D.), its myths began to reach a wide audience, and people matched the story of Izanami-no-Mikoto as told in the Mt. Hiba region and that of the Kojiki. Until that time, the old shrine that existed on Mt. Hiba was called Hiba-Taisha (Hiba grand shrine). 

Soon there also grew a connection between the Izanami-no-Mikoto story and beliefs that grew from the Kumano region (its shrines in Middle Japan were known to be the holy places of deities), and this led to the Hiba shrine starting to be known as the Hiba-Kumano shrine instead. All of these things came together for me, and my imagination ran wild. I feel more and more convinced that the name of the village, Mikoto, comes from the name of the mother deity, Izanami-no-Mikoto.

There is another historical document of Japan, Nihon Shoki (Chronicles of Japan). Each of these historical documents includes various myths, but the Nihon Shoki version of the Izanami-no-Mikoto story revolves around the Kumano region of the Kii peninsula.

Many of us think of Kumano as a part of Wakayama prefecture, but in old times the name referred to a much wider region which covers Owase of Mie prefecture downwards, i.e. the whole south part of the peninsula. And, the exact same story to Mt. Hiba’s folklore of Izanagi-no-Mikoto exists there, tied to the Hana-no-Iwaya-Jinja Shrine in Mie prefecture. This is a UNESCO World Heritage Site and is said to be the oldest shrine in Japan.

The Chinese character used for the name’s first syllable, “hana” suggests “flower”, but as this is a geographically symbolic entrance to the Kumano faith associated with the whole Kii peninsula, and because the Kumano faith is characteristically strong in emphasizing the worshipping of iwakura (large rocks in which deities are said to have resided), the first syllable “hana” of this shrine’s name might instead be meaning “nose” (i.e. tip), not flower. Then, this makes the complete name of the shrine meaning “the tip of the iwakura (large rock) faith”. I personally think this is much more fitting explanation of the genesis of the shrine name, than thinking the name suggesting “rocky shine of flower”. Or, do you think my imagination is now running too wild to come up with such a hypothesis? I wonder. 

歴史・文化 日本の山
教えてくれた人

中村 真

1972年、東京生まれ。雑誌『ecoloco』や書籍『JINJABOOK』などを発行する出版社の代表を務める。現在、イマジン(株)代表として、五感に響く出版・イベント・広告などのプランニングや、社会貢献プログラムなど様々なメディア活動を展開中。
2013年より広島県尾道市に「尾道自由大学」を開校し、校長に就任。学生時代より世界を旅し、外から見ることで日本の魅力に改めて気付き、温泉と神社を巡る日本一周を3度実行。
著書に『JINJA BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK2』『日本の神さまと上手に暮らす法』など。

 ⇒IMAJIN

同じテーマの記事
「太古日本のピラミッド」 葦嶽山・鬼叫山にそよぐ風に、常識を疑う目に触れる
エジプトにあるピラミッドの起源は日本にあった、と聞いて信じるものなど誰もいないだろう。しかし、そんなトンデモ話も、広島県・葦嶽山に行けば、作り話として一笑に付すこともできなくなるかもしれない。
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 下編
2019年夏――、噴火から約5年、御嶽山山頂への登山が、いよいよ解禁されようとしている。神社や暮らしの中にある信仰を独自に研究する中村真氏が、追悼の想いを込めて御嶽山への登拝の想いを綴る。
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 上編
山岳信仰の代表的な山として知られる御嶽山は、平成26年9月に突然の噴火により戦後最悪の火山災害の地となった――。まだ往時の活況には程遠いものの、この山が持つ神秘的な魅力は、多くの人々の心を引きつけている。
二千四百年以上の歴史を伝える、新潟県・弥彦山の信仰と伝説
越後平野に三角錐の端正な山容を浮かべる弥彦山。その麓と頂にある彌彦神社は、3つしかない鎮魂祭を行う神社として知られる。その理由は弥彦山に祀られている天香山命の、神武天皇の「神武東征」での活躍から来るものだという。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雪
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...