このエントリーをはてなブックマークに追加

ナメや滝の美しい米子沢を遡行して―― 新潟県越後・巻機山避難小屋のトイレに感動

こんな山小屋で一息ついてみたい。“避難小屋”への誘い
ガイド・記録 2018年10月23日

イラストレーターで登山ガイドの橋尾歌子さんが、日本各地の避難小屋をめぐり、独自の視点から立体的なイラストで紹介する。第3回は、越後にある巻機山避難小屋へ。人気の沢登りスポット、米子沢を遡行して巻機山の山頂近くに立つ避難小屋で見たものは!?

 

 

いかつい岩壁で覆われる越後の山にあって、巻機山はたおやかで美しい山容を見せる。その山頂へと突き上げる米子沢は、ナメと美瀑が続く、広く明るい人気の沢登りスポットだ。

国際山岳ガイドの篠原達郎さんに、「上信越の沢、きれいですよ〜」と言うと、「米子沢は前から行ってみたかったんだ」と同行してくれた。国内外の岩壁に登りまくっている篠原さんだが、沢登りはなんと10年ぶりとのこと。お客さんに「篠原さん、沢には行かないんですか?」って言われたのがきっかけで、久々に行きたくなったそうだ。

米子沢は岩がゴロゴロした河原歩きから始まる


小屋の歴史を紐解くと――、1956年に日本山岳会がマナスル(8156m)に初登頂したのを機に、国内では第一次登山ブームが起こり、登山者が増えた。それに対応するために、頂上手前にひと休みできる場所をと、1959年に旧塩沢町(2005年南魚沼市に編入)が巻機山避難小屋を建てた。この場所を選んだ理由は、水場が近く、雪田や草原を避けたからだそうだ。このときに建てた小屋は老朽化により、2000年11月に改築されていて現在の小屋となっている。

小屋と登山道の管理は、巻機友の会が南魚沼市から委託されている。会の創設は1974年。この頃は登山者のマナーが悪く、山にはゴミが増え、登山道は荒れていた。そこで、初代会長である長谷川眞砂弘さんを中心とした地元の登山愛好家たちが、清掃登山をしようと立ち上がったのが巻機友の会の始まりだ。現在の会員数は17人で、二世会員も多い。6月の雪解け後の無雪期は、毎週1回2人一組で小屋を訪れて清掃をしている。

草原に立つ巻機山避難小屋の外観。裏手に外トイレがある


そんな歴史の残る巻機山避難小屋を目指して登山口へ向かう。すると、朝の登山口の桜坂駐車場はあっという間に超満員。すごい数の登山者だ。

入渓し、ゴロゴロした河原を進んでいく。小滝を越えると左手のスラブから枝沢が入り、その先で沢が開けてきた。青い空がぱぁっと広がり、そのなかに白い岩肌の沢が広がっている。次々と現われるナメや滝を進み、ゴルジュを抜けると、また広々としたナメが続く。やがて流れが穏やかになり、お花畑の中の小さな流れを歩く。「最後まできれいな沢だね〜。それに奥多摩や奥秩父の沢と全然違う」と篠原さん。

美しい滝が続く。お天気がよくて最高!


沢では、長野県の5人パーティと、神奈川県の高校山岳部パーティに会い、抜きつ抜かれつで進んだ。駐車場にいたほとんどの人は、一般登山道から巻機山山頂をめざしたようだ。

沢の遡行を終え、小屋でひと休みした後、巻機山の山頂へ。長野グループが先に到着していた。真っ青な空のなか、この日来れてよかったねと言い合った。篠原さんが、沢登りは10年ぶりだと話すと驚かれた。「へ〜。でも登るの上手ですね。クライミングは?」

そろそろ沢の終わりが近い。後ろは谷川岳方面

 

巻機山避難小屋DATA

所在地: 新潟県南東部、群馬県との県境にある巻機山(1967m)の山頂南西(1805m)。桜坂駐車場から前巻機山経由で4時間30分。米子沢を遡行する場合は、駐車場そばの入渓点から小屋前の終了点まで約5時間
※本文で紹介している米子沢は沢登りのルートで、登攀技術や経験・装備が必要です。事故も多発しているので、安易に入渓しないように!

収容人数: 20人
管理: 通年無人。トイレ使用時には協力金100円程度を支払う
水場: 小屋から徒歩10分の米子沢
トイレ: 小屋内部にバイオトイレ、別棟にもあり
取材日: 2017年9月9日
問合せ先: 南魚沼市役所商工観光課 ☎025-773-6665

 

この文章とイラストは橋尾歌子さんの著書『それいけ避難小屋』から紹介しています。実際の書籍では、山行中の様子についても、さらに詳しく・楽しくイラストを掲載して紹介しています。

著者独自のカラーイラストで描かれた間取り図や山行ルポは、写真や図面と違い、小屋の雰囲気まで伝わってきます。東北から四国にかけて実際に訪れた、全51軒の個性あふれる避難小屋を、イラストと共にぜひ楽しんでください。

 

教えてくれた人

橋尾歌子

イラストレーター、登山ガイド。多摩美術大学大学院卒。(有)アルパインガイド長谷川事務所勤務、(社)日本アルパイン・ガイド協会勤務を経てフリーに。
2004年、パチュンハム(6529m)・ギャンゾンカン(6123m)連続初登頂。最近は、日々クライミングに出かけている。
(公社)日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡ。現在、季刊誌『やまとびと』(共栄印刷)にて「山気佳日夕」を連載中。

同じテーマの記事
山頂からの展望はなかったけど、たくさんの人との出会いに恵まれた――中央アルプス・恵那山々頂小屋
イラストレーターで登山ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介する。第4回は、中央アルプス恵那山にある恵那山々頂小屋へ。山頂にはやぐらがあるが、そこに登っても……。
絶滅危惧種のコウシンソウを求めて――、父との思い出の残る栃木県足尾・庚申山荘
イラストレーターで山岳ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介。第2回は、栃木県・足尾にある庚申山荘。父との思い出をたどって向かった山荘は、広く大きい、清潔で魅力的な避難小屋だった。
裏岩手連峰のなだらかに広がる山々を越えて温泉へ―― 東北・八幡平 陵雲荘
イラストレーターで山岳ガイドの橋尾歌子さんが、各地の避難小屋を巡り、山小屋の様子をイラストで紹介。第1回は、東北・八幡平にある、陵雲荘を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報