このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ登れるかわからない、幻の山・前掛山。日本百名山・浅間山の秋に会いに行こう

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年10月22日

群馬県と長野県の境にある日本百名山のひとつ、浅間山。2018年8月に噴火警戒レベルが引き下げられ、前掛山まで登山ができるようになったのは、記憶に新しい。今回は、地域の自然、文化などの魅力創出・発信に取り組んでいる「こもろ観光局」に、浅間山のおススメコースと秋の魅力を教えてもらった。

 

浅間山は、古くより霊山として登拝されてきた標高2,568mの活火山です。火口のある本峰の“釜山”と第二外輪山の“前掛山”、第一外輪山の“黒斑山”からなる三重式の成層火山で、火山活動レベルに応じた入山規制が行われています。

2018年8月末に、火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなったと噴火警戒レベルが“1”に下げられ、3年2ヶ月ぶりに噴火口が間近で望める第二外輪山の“前掛山”までの登頂が可能になりました。

ただ、この先またいつ火山活動が活発になり、登山可能な範囲が規制されるのかわかりません。ぜひ、この秋に浅間山を訪れてみてください。

 

首都圏から日帰りも可能ながら、迫力の火山景観と霊山の霊性を満喫

浅間山へは、長野県小諸市にある2つの登山口(車坂峠、天狗温泉浅間山荘)から登ることができます。いずれの登山口も、首都圏から車で約2時間半、軽井沢駅から約1時間、小諸駅(JR小海線、しなの鉄道)から約30分とアクセスしやすく、首都圏から日帰りでの登山も可能です。古来の霊山としての霊性や、浅間山の本峰とその外輪山が織りなす迫力ある火山景観を堪能することができます。

前掛山の裾野に広がる湯の平・賽の河原では、秋のカラマツの黄葉が美しい

 

前掛山までのおススメ2コース。「火山館コース」と「浅間山外輪山周遊コース」

火山館コース
天狗温泉浅間山荘を登山口とする「火山館コース」は往復約6時間半で、前掛山まで楽しむことができます。道々には、鳥居や修練の滝、霊神碑、石道標などがあり、古くからの山岳信仰の対象としての浅間山を感じることもできるオトナのコースです。

「火山館コース」では登山道のいたるところで浅間山の霊性を感じることができる

 

山の歴史を感じさせる苔むした登山道の石道標

 

山荘の横にある浅間神社の鳥居をくぐってしばらく進むと、蛇掘川沿いに広葉樹林の紅葉が続きます。一ノ鳥居をくぐると、道は二手に別れ、右にはそれぞれ不動明王と大日大聖不動明王が祀られている上下二段の滝を抜けるコース、左は尾根沿いを進むコースとなっています。

この2つのコースは二ノ鳥居で合流し、長坂と呼ばれる九十九折の急坂へと続きます。この坂を抜けると、「カモシカ平」という開放的で明るい山岳風景が現れ、迫力ある浅間山の第一外輪山を見上げることができます。その名の通り、カモシカ平周辺では、天然記念物のニホンカモシカを見ることができる機会の多いところ。しばし歩みを止めて、目を凝らしてみてください。

カモシカ平周辺から見上げる迫力の浅間山第一外輪山

 

浅間山麓周辺には多くのニホンカモシカが生息している

じきに、鉄分の沈着により赤く染まった蛇堀川の源頭部が現れます。周辺の硫黄の匂いに、火山を感じるでしょう。ほどなくして火山館に到着します。ここでは、トイレが使用でき、水の補給も可能です。

赤い川と硫黄の匂いは活きた山を感じさせる

 

巻火山館コース:約6時間30分

天狗温泉浅間山荘・・・(1時間55分)・・・火山館・・・(5分)・・・湯の平分岐・・・(20分)・・・賽の河原分岐・・・(1時間30分)・・・前掛山・・・(1時間)・・・賽の河原分岐・・・(15分)・・・湯の平分岐・・・(5分)・・・火山館・・・(1時間30分)・・・天狗温泉浅間山荘

⇒詳細地図はこちら

 

浅間山外輪山周遊コース
車坂峠(高峰高原ホテル前)を登山口として、トーミの頭から、黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳と浅間山の第一外輪山を縦走し、Jバンドを経由して賽の河原から前掛山へと登る「浅間山外輪山周遊コース」は、日本とは思えない壮麗な絶景を満喫できることで人気のコースです。縦走の際には、尾根上に溶岩破片や白ゾレがあるため、絶景を楽しみつつ、足元にも注意して進んでください。

鋸岳から見上げる浅間山本峰「釜山」と前掛山

 

Jバンドを下る先に広がるのは賽の河原・湯の平周辺の黄金のカラマツ林

 

外輪山周遊コース:約8時間30分

車坂峠・・・(1時間50分)・・・トーミの頭・・・(20分)・・・黒斑山・・・(30分)・・・蛇骨岳・・・(20分)・・・仙人岳・・・(20分)・・・鋸岳・・・(50分)・・・Jバンド・・・(45分)・・・賽の河原分岐・・・(1時間30分)・・・前掛山・・・(1時間)・・・賽の河原分岐・・・(15分)・・・湯の平分岐・・・(5分)・・・火山館・・・(1時間30分)・・・天狗温泉浅間山荘

⇒詳細地図はこちら

 

黄金のカラマツ林を抜けて、いよいよ前掛山へ

火山館コースは、火山館から「湯の平分岐」と「賽の河原分岐」を経て、外輪山周遊コースはJバンドを下り、「賽の河原分岐」を経て、いよいよ前掛山へと足を踏み入れます。

湯の平および賽の河原周辺は、前掛山と浅間山の第一外輪山を目の前に望むことができる迫力のスポットであるばかりでなく、秋にはカラマツの黄葉であたり一面が黄金に染まることで知られています。黄葉の見ごろは、毎年10月半ばから11月上旬です。

湯の平と賽の河原周辺では黄金のカラマツ林と浅間山の第一外輪山を望むことができる

賽の河原分岐を過ぎたあたりからは森林限界となり、いよいよ砂礫の前掛山山腹の急登を登っていくことになります。道は滑りやすく、小石が靴に入りやすいので、ストックとスパッツの使用をおススメします。天気がよければ、北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳の奥に南アルプスも望むことができます。

森林限界の先には、砂礫の急登が続く前掛山

 

これまで大きく見えた第一外輪山も眼下に小さくなっていく

約一時間で、2つの蒲鉾型シェルターのある分岐点に到着します。わずかな草だけが生えた荒涼とした砂と岩の大地は、異世界を思わせます。シェルター右手には前掛山の山頂へと至る浅間山の第二火口壁が続き、左手は浅間本峰の釜山に続く道となりますが、現在は立ち入り禁止となっています。

異世界を思わせる砂と岩の景色

平坦でサクサクとした火山灰土の稜線を20分ほど進めば、いよいよ前掛山の頂上です。天気が良ければ、小諸市街地、富士山や中部山岳が見渡せますが、何よりも、あとわずかというところまで迫る浅間山本峰の「釜山」からの大地のエネルギーを感じてください。きっと生涯忘れられない体験となるでしょう。

前掛山の山頂。背後には本峰「釜山」が至近距離で迫る

 

■外輪山周遊コースに便利な「小諸めぐりツアーバス」土日祝日に運行(2018年11月25日まで)

浅間山の周遊登山をしたい! そんなお客さまのたくさんのリクエストに応えて、天狗温泉浅間山荘と高峰高原ホテル間を結ぶ周遊バスが期間限定で運行中。

代金:1,500円(1名様・税込)
小諸観光交流館(小諸駅より徒歩1分)14:00発⇒天狗温泉浅間山荘14:30着/発⇒高峰高原ホテル15:05着/発⇒天狗温泉浅間山荘15:25着/15:30発⇒高峰高原ホテル16:05着/発⇒天狗温泉浅間山荘16:25着/16:30発⇒高峰高原ホテル17:05着/発⇒小諸観光交流館(小諸駅より徒歩1分)17:40着
⇒小諸めぐりツアーバス 詳細

 

■前掛山登頂の記念に(一社)こもろ観光局発行「浅間山登頂証明書」

こもろ観光局では、前掛山まで登頂した方に「浅間山登頂証明書」を発行している。

一通1,000円(送料120円別)。氏名、登頂日、送付先住所、連絡用電話番号と、前掛山の山頂にあるポールと一緒に撮った写真(横長)をasama@komoro-tour.jpまで送付のこと。
⇒浅間山登頂証明書 詳細

 

自然観察 歩き方 日本の山
教えてくれた人

一般社団法人 こもろ観光局

古くより噴煙あげる浅間山と清流千曲川に生み出された地勢、そしてそこに暮らす人びとの営みとによって歴史が紡がれてきたまち、信州小諸。歴史や魅力を子や孫の世代まで存続させ、「住みたい 行きたい 帰ってきたいまち 小諸」を創る取り組みをしています。

⇒一般社団法人 こもろ観光局

同じテーマの記事
ススキの穂が輝く池ノ平、枯野が広がる曽爾高原――。室生山地最高峰の倶留尊山で晩秋を堪能
緑の草原だった場所は、すっかり枯野となってしまうが、この枯野が広がる風景もまた趣がある。三重県と奈良県の県境にそびえる倶留尊山は、ススキの穂が黄金色に輝き、晩秋の風情が楽しめる。
心地良い里山、ユニークな童話の世界、紅葉並木を楽しめる入間市・加治丘陵を駅から駅までハイキング
日中の太陽の光は弱く・短い晩秋、長時間の行動となる登山はなかなか難しい時期に差し掛かる。そんなときはアクセスの良い、近郊の山に行くのがおすすめ。西武池袋線の駅から駅まで歩け、遅い紅葉も楽しめる加治丘陵はいかがだろうか。
国内随一のブナの原生林の紅葉と、山頂湿原の草紅葉。浅草岳で赤と黄色と青空の共演を楽しむ
アルプスなどの高山の紅葉が落ち着く10月初旬~中旬、樹木の色づきは標高を下げて、2000m以下の山肌を染めるようになる。「週刊ヤマケイ」の過去のレポートから、標高2000m以下の随一の紅葉の地として、浅草岳の紅葉登山を紹介する。
秋の贅沢といえば、温泉+紅葉登山。温泉から温泉へと繋ぐ紅葉登山縦走を楽しめる秋田・焼山
今回は、「天国と地獄を一度に見るよう」とも言われる景観を誇る焼山。登山口と下山口に名湯・後生掛温泉と玉川温泉を擁する、紅葉の山へと誘う。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報