このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ではなく黄色に紅葉するヒトツバカエデ。心をつかんで離さない、ハート型の大型の葉

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2018年11月05日

秋も深まりと共に紅葉前線は南下し、標高を下げてきている。紅葉する樹木にはカエデが有名で、手のひらのように切れ込んだ形の葉が真っ赤に染まる姿を想像するはずだ。しかし、ヒトツバカエデの葉はハート型で、色は赤ではなく黄色に紅葉する。

 

様々な色に輝く山、今年の紅葉の様子


今年(2018年)の紅葉はあまりよくない、とあちこちで耳にする。秋口に風が強い大型台風が通過して、風で葉が痛んで紅葉がよくないというのが簡単な答えだ。本当にそうだろうか。確かに東京や横浜では強い風が吹き、あまりよい紅葉がよくない樹木もある。だからといって、日本のどこの紅葉もダメだというのは、短絡的すぎる。

先日、群馬県北部の吾妻耶山に登った。ここは関東地方北部というよりも、谷川岳の前衛峰に近い山。太平洋側の植物と、日本海側の植物が同居する、不思議な場所でもある。

吾妻耶山の明るい山歩き。台風の影響は少なかったようだ

台風の影響はやはりここにもあり、倒れた木もあるが、風当たりが強い木でも葉が残り、美しい紅葉になっていた。紅葉もよい場所を探せば、まだまだよい場所はきっとある。それに山全体が真っ赤に燃えるような紅葉にならなくても、小さな美しい紅葉はきっと見つかるだろう。

今回楽しかった吾妻耶山の登山中で、一番気になった黄葉はヒトツバカエデの黄葉。ヒトツバカエデはカエデの一種だが、葉は一般的なカエデのように深く切れこんだ形ではなく、大型のハート型をしているのが特長だ。

紅葉したヒトツバカエデの様子

すっかり紅葉したヒトツバカエデの下を歩く


葉は緑色の間は目立たない存在なのだが、秋の紅葉の頃になると、突然すばらしい樹木に変身する。カエデは赤く紅葉することが多いのだが、ヒトツバカエデは黄色く黄葉する。こんなところもへそ曲がりでいいところなのだ。

ヒトツバカエデは、黄葉もいいが落ち葉もいい。ただ黄色くなるだけの葉なのだが、なぜか私の心をつかんで離さない。なぜこんなに気になるのだろうか。

ヒトツバカエデは落ち葉もよい
自然観察
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『フィンデルン』

同じテーマの記事
仕方がないと言っていられない! 伊吹山の現在の姿から考える、シカの食害と鹿柵・駆除
イブキジャコウソウ、イブキトラノオなど「イブキ」を冠した植物がいくつもあるほど、高山植物の宝庫として知られている伊吹山。その伊吹山の植物たちが現在、危機的状況に見舞われているという。
晩夏から初秋の高山を黄色く彩るミヤマアキノキリンソウ、今年は真夏に満開になっていたが・・・
山に秋に差し掛かる頃に花を咲かせるミヤマアキノキロンソウ。秋に咲く花のはずが、今年は8月初旬には咲き始めていた。秋が深まってきて本来咲くべき時期となった今、どうなっているのだろうか?
カムチャツカ半島の高山植物から、日本の高山植物のルーツを探る――
植物写真家の高橋修氏は、現在、ロシア・カムチャッカ半島を訪れている。極寒のこの地は、標高の低い場所に、日本の高山帯の植物が生えている。それを見ると、日本の高山植物のルーツが見えてくるという。
花の浮島、北海道・礼文島。標高は500mもないのに、高山植物の宝庫になる理由
北海道・稚内市の西方60kmの日本海上、日本最北の離島の礼文島。標高は500mにも満たない場所ながら、夏になると約300種の高山植物が咲き乱れる。「花の浮島」と呼ばれる島をじっくり歩いてみた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年11月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
NEW 『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート
『山と溪谷』単独行と遭難に関するアンケート 『山と溪谷』2019年2月号の企画のために、読者アンケートを行います。単独行を実践する一般の登山者の意見を募集します。
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報