このエントリーをはてなブックマークに追加

日没が早い秋に多い“下山遅れ”。下山できなくなった時は無理をせず、ビバークする選択も

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2018年11月12日
日没が早い秋。下山できなくなった時どうする?

質問:先日、奥多摩の山で危うく下山できなくなりそうになりました。
コースタイムなどの計算から夕方4時頃には下山予定でしたが、仲間の一人が膝を痛めたために、ゆっくりとしか歩けなくなり時間がかかったからです。杉林の中の沢沿いの道は暗くなるのも早く、ヘッドランプを出して歩く暗さに・・・。ついこの間までは、6時、7時まで明るかった印象だったので焦りました。先日の台風の影響で道も荒れていて、ライトの灯りでは道なのか判断つかない箇所もありました。やっと林道に出てホッ。もし、本当に下山する道がわからなくなってしまった場合はどうすれば良いのでしょう。

 

日没が早い秋。道迷いの可能性は高まります

無事に下山できて良かったですね。まず、ヘッドランプを全員が持っていたこと、この意味は大きいです。以前、秋に警視庁山岳救助隊が奥多摩駅前でヘッドランプの携帯有無を登山者に尋ねたところ、持っている人は半数に満たなくて「これじゃあ、下山遅れがそのまま遭難になるのも無理がない」と心配していたのを思い出します。

ただ、ヘッドランプを持っていたとしても、ライトの灯りでは周囲の状況を正確に把握できない場合も多いです。荒廃した登山道、落ち葉が積もっているところ、沢を渡った対岸の道などは特にわかりづらく、日没が早い秋は道迷いの可能性は高まります。さらに近郊の山だと、クルマのクラクションが聞こえたり、街の灯りが木の間越しにチラチラ見えたりすると「えーい、とりあえず、この斜面をおりちゃえ!」と、無理な下山をしてしまいがちで、本当に事故になった例もあります。

まずは落ち着いて、確実だった場所まで戻り、改めてルートを捜しましょう。どうしても安全な道が見つからなかったら、朝を待つしかありません。これは、“ビバーク”するということです。

ガレ場で登山道の判りにくい箇所で日没。
ヘッドランプで無理に行動するのは危険なので、ビバークする選択も考えて

 

ビバークの仕方を知っておくと、いざという時に安心

まず、全員が安定して一晩過ごせる所を捜します。上からの落石の可能性がなく、転落しないような場所があると良いです。また、できるだけ風当たりが少ない場所を選びます。「今日は、ここで泊まり、ビバーク」と決めたら、着られる衣類を全部身に着けて一番外側にレインウェアを着ます。現在のレインウェアは防水透湿素材のタイプが一般的なので、単なる雨具としてだけではなく、防風衣としてもヤッケとしても使えるので、これは心強いです。

手持ちの食料は全部出して全員で管理します。コンロがあればお湯も沸かせるし、グッと過ごしやすくなるでしょう。携帯電話が通じる場合は、家族に「今夜は下山できない。でも元気だから大丈夫」と伝えましょう。

救助要請は・・・。疲労困憊していたり、ケガをしている人がいたりしない限り、翌日の朝まで待った方がよいでしょう。まずは落ち着いて、今すぐ救助が必要なのかを考えます。

横になれる状況があれば横になりましょう。この時、ツェルトがあると無いとでは大違いです。両端を木や岩角に固定すれば、ポールがなくても生活空間は確保できます(そもそも「ツェルト」とはドイツ語でテントを意味する「Zeltsack」の略)。床に敷けるレジャーシートがあれば更に良いでしょう。

また、非常事にはコンロをツェルトの下で使うこともありますが、換気ややけどなど火の扱いには十分に気をつけて使用しましょう。暖かくなり、みんなの顔にも安堵感が漂うはずです。飲み物を温めて飲み、体を暖めれば寝つきも良くなるでしょう。

さぁ、辺りが明るくなりました・・・。待ちに待った朝です。さぁ、道捜し。確実に覚えている場所まで戻れば「オイ! これ、道じゃないか。なんで判らなかったんだろう?」となることが多いです。そして、忘れてならないのは家族への電話。「ごめん、ごめん、もう大丈夫」。心配をかけた家族に必ず連絡をしましょう。

危機管理 知識・雑学
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
ショルダーベルトが当たる鎖骨が痛い! 鎖骨にひびかない背負い方、パッキング方法を考える
テント登山派で、重い荷物を持って歩いている‟セットアッパー”さん。痩せ型体形のせいか、とにかくショルダーベルトが当たる鎖骨が痛いそう。今回は、昔、同じ悩みのあった山岳ガイドの山田さんがその悩みに回答する。
花粉症だけど春の山へ行きたい。東京近郊で花粉の少ない山ってあるの?
風の冷たさが和らぎ、外へ出かけたい気持ちの高まる春。その一方で花粉の飛散が始まり、山へ行きたいけど花粉症が辛くて・・・という方も多いだろう。そんな悩みを持つ登山者のひとり‟くしゃみ大魔王”さんの質問に山岳ガイドの山田さんが回答!
雪山での歩行時間。無雪期用のコースタイムって参考になる?
雪山の山行計画を立てるとき、無雪期用のコースタイムは、どれくらい参考になるだろう。今回は、山岳ガイドの山田哲哉氏に雪山でかかる歩行時間について話を伺った。
正しく使えてる? 雪山でのピッケルの持ち方・活用法
雪山で多様な使い方ができるピッケル、正しく使えていますか? また、もともとは足場切りの道具だったということを知っていましたか? 今回は、ピッケルの役割を改めておさらい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...