このエントリーをはてなブックマークに追加

冬本番、備えは大丈夫? 近年の雪山遭難事故の傾向から考える、雪山との付き合い方

山で必ず役立つ! 登山知識の処方箋
基礎知識 2018年11月22日

雪山でしか行けない場所、雪山でしか楽しめない登り方――。雪山の世界に足を踏み入れれば登山者の行動範囲は大きく広がる。しかし夏山と比較すれば、そのリスクも大きい。降り積もる雪は、同じに見えても時期や時間によって、その性格やリスクは大きく変わることを知っておこう。

 

長野県大町から見える後立山連峰の山々は、11月になってからは、だんだん白くなってきています。いよいよ冬山シーズンが始まります。

雪を纏った山の美しさに魅せられて、多くの人が雪の山に登ります。そして雪がある山に行けば、登山の世界は大きく広がります。例えば、雪がないと登れないルートもあります。また、アイスクライミングは冬ならではの登り方となります。

その一方で、雪が付くと登山のリスクは大きくなります。登山道は見えなくなったり、凍った登山道が滑ったり、雪が沢山降ると雪崩が起きたりなど、危険は一気に高まるのが雪山です。雪の山には、美しさと多くの危険が同居しているのです。

長野県山岳総合センターでは、2011年から2017年までの7年間に長野県内で起きた“雪のある山での遭難事故”をまとめてみました。すると、7年間で552人の登山者が遭難事故を起こしていることがわかりました。内訳を確認してみると、一番多いのは「滑落」で245人。次に多いのは「道迷い」で76人。3番目は「疲労」で51人。以下「転倒」、「凍死傷」と続きます。

長野県における積雪期登山・登坂の事故の態様別人数(2011~2017、長野県警データを集計)


雪山で遭難事故を起こさないために、注意すべきことは多岐にわたりますが、知っておくべきことの1つに「雪は季節によって変化する」ということです。

初冬の雪は、降っても陽が射すとすぐに融けてしまいますが、日陰では融けた雪が凍っています。また、雪と岩のミックスした登山道では、雪が少なくてもアイゼンを付けたほうがいいかもしれません。

正月を過ぎると、雪の量はしだいに増えてきます。真冬の雪は柔らかいので、深いところではワカンを付けて歩きます。雪の量が一番多くなるのは2月後半から3月にかけてで、登山道はすっかり隠れて標識も見えなくなっているかもしれません。稜線では雪庇が発達します。新雪の斜面に入ると雪崩が起きるかもしれません。

春になって気温が上がってくると、積もった雪は締まって次第に固くなります。雪の時期でないと登れないルートは、アイゼンを付けて登ることができるかもしれません。しかし「滑落」や「転倒」事故が多いのはこの時期です。稜線の雪庇が崩れて雪崩が起きることもあります。

このような雪の変化は、季節だけではなく1日の中でも起きます。朝方の気温が低い時は固く締まっていて、日中は柔らかくなります。また山域によって、雪の量や質は大きく異なります。

雪山登山では、変化する雪の状態に合わせて歩き方やルート取りを変えたり、ピッケルやアイゼンを効果的に使ったりする必要があります。登山道や標識が隠れて見えないことが多いので、コンパス、地図、GPSなどを使って、自分の位置や周囲の地形を正しく認識する必要があります。「滑落」「転倒」や「道迷い」の遭難事故が多いのは、このような能力が不足していることを意味しています。

雪の山は危険が一杯です。雪の無い時期に比べると、体力・知識・技術ともに高いレベルが必要です。今年の冬はどこに登ろうかと、夢を膨らませているあなた、まずは自分の実力に合った山を選んで下さい。また、道具を揃えるだけでなく、使い方の練習も忘れないで下さいね。

 

雪山・冬山 遭難・事件
教えてくれた人

長野県山岳総合センター

長野県大町市にある長野県立の施設。「安全で楽しい登山」の普及啓発を主目的に、「安全登山講座」と動植物・地形地質をはじめ山の自然を総合的に学べる「野外活動講座」を、年間約60講習開催。講習参加者のうち、長野県外の方が約6割を占める。

⇒長野県山岳総合センター

同じテーマの記事
始めましたか?「冬山に向けての準備」。雪が降る前から始まる冬山登山の計画
秋が少しずつ深まり、標高の高い山で初雪や初氷の声が聞こえてくる時期だ。冬の足音が少しずつ聞こえてきた今から、冬山の計画を立てておこう。冬山登山は、雪が降る前から始まっているからだ。
登山における判断能力とは? リスクとハザードの認識と自分の能力を知り、的確な登山行動を!
遭難事故のニュースが絶えない夏山シーズン、その原因はどんなところにあるのか? 登山中の安全を確保するために必要な「判断能力」について今回は説明する。
上手な水分摂取が、安全登山のカギ! 飲み方、摂取量、タイミングなど、熱中症にならない水分補給法
夏山で特に注意が必要なのが「熱中症」や「脱水症状」。山は平地以上に熱中症のリスクが高い場所。水分の取り方をはじめ、摂取量、水を飲むタイミングや予防策など、登山中の水の取り方について指南。
夏山シーズン前に、体力チェック! マイペース登高能力テストと山のグレーディング表で適した山に行こう
登山の基本は、やはり体力。しっかり長時間歩く力があってこそ、難易度の高い山にトライできるもの。夏山を前にして、今一度自分の「登高能力」を確認し、体力に適した山を「山のグレーディング」から探して欲しい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年5月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...