このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山の難度を左右する4大要素に注目! リスクを把握して、冬季登山を安全に楽しもう

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2018年12月03日

もし初めて雪山にトライするとなった場合、「初心者向けの山」を探して行くことになる。しかし、雪山の場合は夏山での難易度と同じように山の格付けをできるとは限らない。雪山の難易度を決める要素は、以下の4つの要素が考えられる。

 

積雪期にだけ楽しめる絶景や魅力がある!

太陽に照らされて輝く白銀の斜面――、
深く積もった雪原に自分のトレースを残す感触――、
はるか彼方の山々まで見渡せる澄んだ空気――、

夏山とは異なる絶景と達成感を味わえる、それが雪山の魅力だ。しかし、雪山は多くの魅力をもつ一方で大きなリスクを有する。一つの判断ミスが命とりとなる、夏山以上にシビアな世界だ。そこで今回は、なにが雪山の難度を左右するのか、その要素を紹介しよう。

 

雪山の難度の要素は全部で4つ!

  1. コンディション
  2. 岩場や急斜面の規模
  3. 入山者数
  4. 情報量

上記の4つが、雪山の難度を左右する要素となる。それぞれについて簡潔に説明していこう。

 

コンディションって?

コンディションとは、天気や風の強さ、気温、湿度、雪質などの状態のこと。直前に大雪が降ったり、強風が予想される日は難度が高まるのは当然だ。

ほかにも、日本海側の気候の影響を受ける山域は湿った雪質、太平洋側の気候の影響を受ける山域は乾いた雪質となることが多いなど、エリアや標高などによる雪質の違いでも難度は大きく異なる。湿雪はウェアにまとわりつき、ウェアが濡れることで低体温症につながる場合もある。

前夜、多くの雪が降った奥秩父・金峰山の稜線。雪山入門として人気の山も、直前に大雪が降るとトレースが消えたり、天候状況によっては歩行困難に陥ったりというリスクがある

新雪直後の谷川岳・トマの耳。積雪が多いため、東面に雪庇が発達し、無雪期とは異なる様相となる

 

岩場や急斜面の規模とは?

これは夏山でも同様のことが言えるが、険しい岩場や急斜面の続くルートは、高度な歩行技術が求められる。特に雪山では登山靴に12本爪アイゼンを装着するため、雪面ではアイゼンが雪に刺さって歩きやすいが、岩場はかえって不安定になり歩行が難しくなる。

こういった岩と雪のミックス帯を含むコースは充分な積雪登山の経験が必要となるので注意しよう。

八ヶ岳・赤岳の文三郎道上部。山頂直下は岩と雪のミックス帯となる

群馬・上州武尊山。スキー場のリフトを利用できるため、積雪期も入山者は多いが、一歩のミスで滑落につながるような急斜面やナイフリッジもある

 

入山者数が多いとどうなるの?

入山者が多ければ多いほど、雪山としての難度は易しくなる。多くの登山者が歩くことで、雪面は踏み固められるため、歩きやすくなる。また、トレースも明瞭になるのでルートファインディングが不要になる。

上越・谷川岳。晴れた日には登山者が数珠つなぎに斜面を登っていく姿が見られる。天気がよく、雪面が安定しているときは雪山初心者でも登れる山だ

 

情報量ってどんなもの?

スキー場が登山口となっている場合、スキー場のウェブサイトから現地の積雪情報や危険箇所を事前に得たり、登山記録の投稿サイトから直近の積雪情報などを確認したりすることで、雪山のコンディションを把握できる。

無雪期には登山者が多い山でも、ウェブサイトで積雪期の情報入手が難しい場合や、登山記録の投稿がそもそも少ないコースなどはコンディションが把握できないため難度が上がる。

ヤマケイオンライン「みんなの登山記録」やヤマレコなどのインターネット情報を使えば、直近の登山者の記録や、前年の同時期の記録などを簡単に確認できる場合もある。また、ヤマケイオンラインでは、冬季も営業する山小屋などから現地最新情報を掲載しているので参考にしてほしい。

インターネットの情報も、雪のコンディションを知るうえで役立てることもできる

 

以上が雪山の難度を決める4つの要素だ。では、自分に合った雪山はどこか。雪山の初級・中級・上級はどうやって判断すればよいのか。詳しくは、『山と溪谷』12月号を参照してほしい。

特集「雪山登山ルート50選」は、全国の雪山ラバーのためのベストルート集になっている。前述した難度を示す要素の詳細解説のほか、12本爪アイゼンやピッケルといった専用装備がなくても楽しめる初級者向きの雪山、積雪登山装備はもちろんのこと、ロープワークやアイスクライミング技術がなければ登れない超上級者向きの山まで紹介。

雪山登山の基本知識と技術をしっかり身につけて、冬季も安全に山を楽しもう!

 

教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年5月号
特集「夏のテント山行 入門とガイド」

テント山行のノウハウとガイド、最新の装備情報を一冊にまとめました!
この夏、充実感満点のテント泊山行をより快適に楽しむノウハウと、テーマで選べぶテント山行おすすめコースガイドの二本立てです。

⇒ 山と溪谷5月号はこちら

同じテーマの記事
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!