このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいい顔だが「肉食系」のモズ。「はやにえ」は早口で歌うために欠かせない行動だった!

From 『図鑑.jp』 山で出会う「これ何?」を教えます
たしなみ 2018年12月05日

都市部でもよく姿を見かける野鳥、モズ(百舌鳥)。「はやにえ」と呼ばれる、木の枝などに獲物を刺す行動で知られるが、この行動はなぜ行われているのだろうか? その研究の行方が注目されている。

 

こんにちは。NPO法人バードリサーチの高木憲太郎です。この記事では毎回、登山の際に出会える鳥を紹介していますが、今回はちょっと脱線して山に登らなくても出会える鳥に目を向けてみようと思います。

今回、ご紹介する鳥は、農耕地や高原など、ちょっとした薮のある開けた環境で繁殖する『モズ』です。高鳴きと呼ばれる特徴的な声、尾羽をくるくると回しながら鳴いている姿を見たことがある方もいると思います。秋から冬にかけては、都市部のちょっとした草地にもなわばりを構えることがあり、この連載で取り上げる鳥の中では特に身近な鳥です。

★前回記事:「さえずりの違い」で新種発見! メボソムシクイの秘密

この鳥、丸っこい頭でかわいい顔をしていますが、男子も女子も肉食系。太く丈夫で鋭くとがった嘴がとっても危険です。そんなモズの冬の食物事情にフォーカスしてみましょう。


★図鑑.jpで、モズについて詳しく調べる

モズの雄(写真=渡辺美郎)
モズ

全長: 約20cm(スズメよりも大きい)
外見: 雄は頭部が褐色で背面が灰色、尾羽と翼は黒褐色。太く黒い過眼線があり、体側面は橙色、下面は淡褐色。雌は全体的にコントラストが弱く褐色で、体下面は褐色の横縞がある。

※モズの鳴き声は、バードリサーチの“さえずりナビ”の解説ページからどうぞ。

 

秋に単独でなわばりを構えるモズ

モズは名前を漢字で書くと「百舌鳥」と書き、その早口のさえずりの中に多種多様な鳥のさえずりを組み込んで複雑に鳴く力を持っています。彼らの繁殖において、雌を惹きつけるさえずりには重要な役割がありそうです。秋になると雄も雌も別々に1羽でなわばりを持ち、「キィー、キィ、キッ、キッ、キチキチ・・・」などと甲高い声で鳴いて、なわばりを主張します。この声が「高鳴き」と呼ばれているものです。

モズには太くて鋭い嘴(くちばし)があり、バッタなどの昆虫、トカゲやカエル、小鳥などの小動物を捕まえて食べる捕食者です。秋には豊富にいるこうした小動物も、冬になれば少なくなってしまいます。冬のあいだ単独でなわばりを構えるのは、少ない食物資源をしっかり確保するためなのでしょう。

冬を越すあいだは、なわばりの中に侵入してきたのが、例え異性だったとしても、追い出しにかかると言います。冬に水面に浮かぶカモの仲間が2羽ずつ寄り添うように行動しているのとは、大違いです。

モズの生息環境(写真=西田有佑)

 

早口で歌えるオトコはモテる?

モズの冬のなわばりには、しばしば、カエルやバッタなどの小動物の「ひもの」が出現します。これはモズの仕業です。彼らは捕えた獲物を木の枝先や有刺鉄線に刺して、ときには数ヶ月間そのまま放置することがあるのです。これは「はやにえ」と呼ばれるモズ科特有の行動です。いったい、なぜ、こんなことをするのでしょうか?とても興味深いテーマに取り組んでいる研究者が、西田有佑さんです。

西田さんは当初、モズの雄のさえずりに着目して研究をしていました。モズの雄は繁殖期になると、盛んにさえずるようになります。雄のさえずりは短い音が連続して組み合わさることで構成されており、雄は平均して1秒間に7個もの音を発することができるそうです。

調査を続ける中で、1秒間に5個ぐらいしか発することができない個体がいる一方、10個以上発する早口な個体までいることに西田さんは気がついたのです。私は、早口で歌うモズとそうではないモズがいるなんて、感じたこともありませんでした。さえずりの早さに意味があるとひらめいたところに、毎日のように野外で鳥と向き合っている研究者だけが得られる独特のセンスが活きているように思います。

モズのさえずりのソナグラム.単位時間当たりの音の数で早口の程度を数値化した。この1.2秒ほどのソナグラムには、13の音が含まれている(図提供=西田有佑)


西田さんは観察を6年間続けた結果、早口で歌っている雄のモズは、春の繁殖期になると早く雌とつがいになれる(雌にモテるから、つがい形成が早い)ことを見つけました。さらに、モズの雄を捕獲して体重を量ってみると、早口で歌っていた雄ほど十分な栄養が取れている個体であることも発見しました。つまり、モズでは、栄養状態が良く早口でさえずる雄ほど、雌にモテるということがわかったのです。

ここでひとつの疑問が生じます。モズのほとんどの個体は、つがい形成を2月下旬ごろまでに完了します。寒い冬がようやく終わりに近づき、春の兆しが見え始めたばかりの頃です。彼らのなわばりの中の食物も少なくなっていることでしょう。そんな中で雄たちが痩せずにコンディションを維持できたのは、なぜでしょうか? そこで、西田さんが着目したのが、「はやにえ」でした。

 

早口で歌うために欠かせない「はやにえ」

西田さんは、雄のなわばり内の「はやにえ」を地道に数え、2000個以上のはやにえをモニタリングしつづけました。すると、「はやにえ」の数は秋から冬にかけて増加し、冬から春にかけて減少することがわかりました。これは、モズの雄は食物が不足する冬を乗り切るために、秋に貯えた「はやにえ」を食べていると考えられます。

しかし、ここから西田さんはさらに一歩先を考えました。「はやにえ」を多く食べ、冬にコンディションを崩さずに繁殖期をむかえられた雄は、早口にさえずることが可能になり、その結果、雌の心をつかめるのではないか。つまり「はやにえ」には、単に空腹を回避するためだけではなく、自分の(さえずりの)魅力を高め、子孫を多く残すためという側面も持っているのではないか、というのです。

モズのはやにえ(写真=西田有佑)


西田さんは、この仮説を検証するため、雄のモズのなわばりを調べて、その中の「はやにえ」の数をかぞえてまわったり、なわばりの中の「はやにえ」の数を人為的に変えたりする実験を試みました。

その研究成果は、今、まさに、論文としてまとめているところです。そのため、詳しいことはご紹介できないのですが、西田さんの研究によって、「はやにえ」を多く食べることができたオスほど、早口でさえずれるようになり、そのようなオスほどメスにモテることがわかったのです。

秋からなわばりを構えること、「高鳴き」に「はやにえ」、春に雌の心をつかむこと、モズのこれらの行動には、すべて意味があり、そして、つながっているとは驚きです。この冬にモズに出会うことがありましたら、小さな体に詰まった不思議に思いを馳せながら、しばらく観察してみてください。ひょっとしたら、獲物を捕らえて「はやにえ」を作る瞬間を目撃できるかもしれません。

調査 自然観察
教えてくれた人

高木 憲太郎

NPO法人バードリサーチ研究員。全国の会員と共に鳥の生息状況の調査(最近はホシガラス)を行なっているほか、人と軋轢のある鳥の問題解決に取り組む。
 ⇒NPO法人バードリサーチ

調査プロジェクト<「ホシガラスを探せ!!」
このプロジェクトでは、ホシガラスの目撃情報を集めています。
 ⇒ホシガラスを探せ!! Webサイト

図鑑読み放題サービス 『図鑑.jp』

主に中・上級者の愛好家向けの生物図鑑類を電子書籍化して、ジャンルごとに読み放題とするウェブサービス。「植物」「野鳥」「菌類」の3各ジャンルを提供中で、出版社のほか博物館やNPO法人を含む6社2機関の専門性の高い生物図鑑を提供中。
図鑑群を和名、学名、科名で横断検索できるほか、図鑑についての追補や種についてのコラム、ユーザが種について投稿したものを図鑑とともに検索できるなどの独自の機能を持ったジャンル特化型のプラットフォームです。

⇒図鑑読み放題サービス 図鑑.jp

同じテーマの記事
ライチョウの雛は母親の糞を食べる!? 雷鳥保護を前進させる大きな発見
丸みをおびた愛らしい体が人気の鳥、ライチョウ。高山帯にのみ生息、特別天然記念物、絶滅の危機に瀕している、などは登山愛好者にはよく知られるが、今回はその生態に迫る。
見た目は同じに見えても、「さえずりの違い」で新種発見! メボソムシクイの秘密
「メボソムシクイ」という鳥をご存じだろうか? そっくりな姿をした、同じメボソムシクイの仲間は多数いるものの、声を聞けばまったく違うというこの鳥。その違いを明らかにするための壮大な研究の話を、今回は紹介する。
「青い鳥」で知られるルリビタキ。若いオスの羽の色が地味なのには理由があった!
亜高山帯の山で見かける美しい青い羽の鳥、それが「ルリビタキ」だ。その美しい姿に反して、雄どおしが繰り広げる戦いは壮絶で激しい。今回は、ルリビタキの羽の色と“仁義なき戦い”について紹介する。
ハイマツ帯でよく見かけるホシガラス。ハイマツの球果を咥える理由はダイナミックな生態にあった!
ハイマツ帯などの高山を登山中に、よく見かける鳥の1つがホシガラス。ハイマツの中で見るので、一瞬「雷鳥?」と見間違うこともある鳥だが、その生息域は謎も多い。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?