このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山でスマホを使う時の7つの注意点。工夫と知識で、冬山でもスマホを使いこなそう!

山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS徹底使いこなし術
基礎知識 2019年01月17日

冬山こそがGPS機器の活躍の場だが、「スマートフォンは寒さに弱い」と聞くと、スマホを信頼して使うには心配も多い。そこで今回は、氷点下を下回る世界でスマートフォンと登山アプリを使いこなすための秘伝のコツをお伝えする。

 

 

こんにちは、松本です。ジオグラフィカというスマホ用のGPSアプリを開発しています。

★ジオグラフィカ iPhone版
★ジオグラフィカ Android版

最近では、一時期温かい日もありましたが、やはり冬は冬。寒いですね。今回はスマートフォン(以下、スマホ)を冬山で使うための情報を7項目に分けて説明します。寒い場所でスマホは使えないと思われがちですが、実は結構使えます。

今回は、冬山でスマホを使う時の7つの注意点について説明します。

 

その1 一般的なスマホは冬山での動作を保証されません

いきなりネガティブな情報ですが、一般的なスマホの動作保証温度は「0℃以上40℃程度未満」となっています。例えば、iPhoneは0℃~35℃が動作温度とされていて、一般的なAndroidスマホも同じようなものです。

MIL規格(米国国防総省の調達基準)対応の『TORQUEシリーズ』(京セラ)や『arrowsシリーズ』(富士通)など一部の機種は、-21℃~50℃の範囲で動作を保証していますが、一般的にはそこまでの低温は保証されません。

メーカーが保証する温度としては冬山の寒さには耐えられないことになります。

 

MIL規格14項目準拠のarrows M03。-20℃の動作を保証する

 

その2 実際にスマホは冬山で使えないのか?

メーカー保証の温度範囲では-10℃や-20℃の冬山でスマホを使えないことになってしまいますが、実際はどうでしょうか? 0℃以上でしか使えないのであれば、例えば冬の北海道では屋外でスマホを使えないことになりますよね? 東京だって冬の朝は氷点下になることもあります。

私が試した範囲では、氷点下の冬山でもスマホを使用することは可能でした。-15℃で風速10m程度の環境、つまり体感温度-25℃の環境でも、スマホをGPS端末やカメラとして使用しています。もちろん、メーカー保証外なので自己責任にはなりますが、冬山でも使えないことはありません。

-15℃程度なら実績としてスマホを使えている

 

その3 バッテリーの減りが早く感じる理由

冬山でスマホを使う場合よく言われるのが『バッテリーの減りが早い』ということです。なぜ寒いとバッテリーの減りが早くなる(あるいは早く感じる)のでしょうか?

それを理解するにはまずバッテリーの残量とはなにか? を知らないといけません。一般的にスマホのバッテリー残量は、稼働時間なども加味されますが、電圧から計算されます。スマホに入っているリチウムイオン二次電池は残量が多い時は電圧が高く、残量が減ると電源も下がります。下がった電圧が一定未満になると残量ゼロと表示されます。簡単に言えば『電圧の高さ=電池の残量』です。

ところが、バッテリーの電圧は温度の低下でも下がります。バッテリーが冷えると電圧が下がり、下がった電圧から残量を計算するために見かけ上の残量が減ってしまうわけです。そのため寒い場所ではバッテリーが早く減っているように見えます。

しかしバッテリー内のエネルギーが勝手に減ったわけではありませんから、スマホを温めれば残量もある程度復活します。

 

その4 iPhoneは寒さに弱い?

Androidスマホと比べてiPhoneは寒さに弱く、ちょっと寒いとすぐに電源が落ちてしまうと思われがちです。確かに旧機種のiPhone5や5sなどは寒さに弱く、場合によっては0℃以上でも電源が落ちていました。しかしiPhone7で防水防塵になった影響でしょうか? 寒さに強くなり、-15℃程度であれば冬山でも使えるようになりました(実体験です)。

つまり、iPhoneが寒さに弱いかどうかは世代によります。寒いところで使う場合はiPhone7以降を選んでください。

iPhone7以降は冬山でも電源が落ちる事が少ない。-15℃程度なら普通に使える

 

その5 低温シャットダウンを起こさないために

スマホ(特にiPhone)を低温シャットダウン(電源OFF)させないための対策をご紹介します。

バッテリーの残量を多めに保つ

バッテリーの残量は電圧で決まるというのは前述の通りです。電圧が一定未満になるとバッテリーを保護するために自動でシャットダウンをしてしまいます。そうならないためには残量を多くしておくことが大事です。

朝イチで充電を100%にしておき、休憩のときなどに充電できる環境なら追加で充電しておきましょう。モバイルバッテリーとケーブルは、忘れずに携行しておきましょう。

 

体温で保温する

スマホはミドルウェアのポケットなどに入れて体温で保温してください。使い捨てカイロまで使う必要はありません。体温で温めれば十分です。

 

写真を連写しないようにする

スマホを外気に晒したままカメラで連写すると自動シャットダウンが起きやすくなります。バッテリーが冷えた状態で負荷が掛かると電圧が下がるためです。写真は連写せず、1枚撮ったら少し休ませてから再度撮ってください。

 

防水機種でも出来るだけ濡らさないようにする

本体の表面が濡れた状態で風に吹かれると余計に冷えます。防水の機種でも冬山では濡らさないように注意してください。防水ケースやチャック付きのポリ袋に入れておくのも有効です。

 

その6 Androidの防水機種は寒さに強い

iPhoneに比べてAndroidスマホは寒さに強い機種が多いです。MIL規格対応のスマホはもちろん寒さに強いのですが、そうでない機種でも-20℃程度の寒さに耐えられる場合があります。

個人的な実験となりますが、「XPERIA Z5 Compact」や「Nexus5」、「Galaxy S8+」などを1時間ほど冷凍庫(-20℃)に入れて動作をチェックしましたが、問題ありませんでした。非防水の機種も含めて数機種試しましたが、バッテリー残量もあまり減らず、冷凍後でも軽快に動作します。iPhoneだと-20℃で冷凍後に負荷を掛けるとシャットダウンしてしまいます。

ただし、HUAWEIのスマホは寒さに弱く、冷えるとカメラ機能が使えなくなったり電源が落ちたりしてしまいます。非防水で寒さに弱いため、冬山では使えそうにありません。前回も書きましたがHUAWEIのスマホは登山向きではありません。

★選ぶ基準は? 登山を前提にした場合のスマホの選び方。

Androidスマホは冬山でも不安なく使える機種が多い

 

その7 タッチペンとストラップが便利

冬山では手袋をするため、タッチパネルの操作が困難になります。スマホ対応の手袋もありますが、細かい操作やりにくかったり、しばらく使っていると反応が悪くなったりします。

そこで、手袋をしたままでもスマホを操作できるように、冬山ではタッチペンを使うことをおすすめします。タッチペンであればオーバー手袋をしていても細かい操作が可能です。

冬山ではタッチペンを使うと手袋をしていても使えて便利


スマホにストラップを付けておくのもおすすめです。新雪にスマホを落とすと探すのは困難になります。ストラップがあれば懐に入れたスマホを取り出しやすく、落下でのロストや破損を防げます。

私は冬山ではストラップにタッチペンを連結しています。こうしておけばスマホ本体もペンも無くすことなく使えます。

大抵の地図アプリは『ダブルタップの2回目を離さずに上下』させる事でズーム操作が出来ます(ただし山と高原地図は出来ません)。この操作方法ならタッチペン1本でズームイン/アウトが可能です。

ストラップとタッチペンを連結しておくと紛失を防げるメリットもある

 

 ■今回のまとめ

  • メーカーは保証していないが防水防塵スマホであれば冬山でも使える。
  • バッテリー残量を多く保ち、体温で温めて過負荷を掛けないようにすれば自動シャットダウンが起きにくい。
  • タッチペンとストラップが便利。

理屈がわかっていれば冬山でもスマホを活用できます。便利に使って楽しく安全な冬山登山を行ってください。

 

デジタル機器 冬山用品
教えてくれた人

松本 圭司

アプリ作家、ライター、料理研究家などマルチに活躍する山好き。江戸川区在住。

アプリの代表作「ジオグラフィカ」は多くの登山者に利用され、GPSアプリに関する講演・講習なども行う。

ほか、国土マップR、アルパカナビ、速攻乗換案内、雨かしら?雨時雨などもリリースする。クリーン&ビルド株式会社所属。

同じテーマの記事
登山を前提にした場合のスマホの選び方―― OS、防塵防水、バッテリー、GPS・・・選ぶ基準は?
各メーカーからたくさんのスマートフォンがリリースされているが、登山アプリをインストールして登山用として使いたいなら、いくつか選ぶポイントがある。新規購入/機種変更を考えている人は、ぜひ参考にしてほしい。
地図アプリだけではない! 登山に使えるおすすめスマホアプリ&Webサービス
スマートフォンを登山中に活かすのは、なにも登山専用のアプリだけではない。登山には複合的な要素があるのだから、利用できるサービスもさまざま。そこで今回は、登山者にオススメの“登山専用”以外のアプリやWebサービスを紹介する。
「上手くいかない」と諦める前に――。スマートフォンのGPSで、よくあるトラブルと解決方法
スマートフォンに登山アプリをインストールして早速使ってみたものの、うまく動かない。「だからデジタル機器は嫌だ」と諦める前に、今回紹介する、よくあるトラブルと解決方法を確認してほしい。
登山にはモバイルバッテリーは必携! お守りがわりに持って行けば、万が一の時に安心
登山アプリに頼れば頼るほど、登山中のスマートフォンのバッテリー切れは一大事となる。そのためにも、今や登山者にとってモバイルバッテリーは必須装備だ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?