このエントリーをはてなブックマークに追加

オスプレーの「ザック」で人気なのは「イーサー」? 「ケストレル」?

「みんなの山道具」ユーザーのおすすめ度調査
道具・装備 2019年01月07日

今回は「オスプレー」の「ザック」についてご紹介。ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っている登山用品を投稿するコーナー「みんなの山道具」。この記事ではユーザー投稿を登山ブランドごとにピックアップし、人気順(投稿数順)にギアをまとめた。

文=佐藤慶典

 

「ケストレル」&「カイト」|快適性が更に向上した定番中型ザック

オスプレー「ケストレル」&「カイト」ユーザーのおすすめ度(みんなの登山道具より)

★★★★☆ ぱじゃままん さん
ケストレル28
オスプレー(OSPREY )
★★★★☆ イチイマン さん
ケストレル38
オスプレー(OSPREY )
★★★★☆ nkitani さん
kestrel38
オスプレー(OSPREY )

 

1974年にアメリカで創業したパックブランド「オスプレー(OSPREY)」。登山用のザックやグッズのほか、トレイルランニング用や旅行用のパックやアクセサリーも展開しています。革新的でクオリティの高いオスプレーの製品は、登山者に限らず、バックパッカーや旅行者などにも人気となっています。

オスプレーの高機能な登山用ザックの中で、とりわけ人気の高いモデルが「ケストレル(KESTREL)」(男性用)と「カイト(KYTE)」(女性用)です。登山やハイキングのための機能をフル装備した汎用性の高いザックです。2018年12月現在、「ケストレル」は48L、38L、28L、「カイト」は46L、36Lをラインナップしています。

2016年に4年ぶりのモデルチェンジが行われましたが、外観に目新しい装備が追加されるといったことはなく、さらに熟成が進んだという印象です。それだけ、旧モデルの完成度が高かったと言ってもいいでしょう。
配色は、旧モデルではメインとグレーのツートンでしたが、現行モデルでは同系色のツートンになりました。

旧モデルとの大きな違いは、背面長の調節が可能になったことです(28Lモデルは除く)。バックパネルの面ファスナーを動かすことで、無段階に背面長を調節できます。これまでもS/M、M/Lなどの2サイズが用意されていましたが、背面長調節機能の追加により、さらなるフィッティング性能のアップが図られています。

また、ヒップベルトも変更されています。今までは、ヒップベルトが長かったため、やせ型の人や小柄な人だと、ベルトを最短にしても、締め付けがゆるい現象が発生していましたが、これが改善されました。

深さがやや浅いため、大きめの水筒を入れると、少々不安があったサイドのストレッチポケットは、深さが深くなり、使いやすくなりました。

機能としては、ヒップベルトポケットや「アイスツールループ」、「バンジータイオフ」などの便利なアイテムに加え、デイジーチェーンなどの拡張機能、パックを背負ったままポールを収納できる「ストウオンザゴーポールアタッチメント」などを備えています。

作り込まれた豊富な機能が搭載され、拡張性もある「ケストレル」&「カイト」。不自由を感じることなく、山行に集中できる中型ザックをお探しなら、ぜひお試しを!

 

オスプレー「ケストレル」&「カイト」で行った山行記録

小丸尾根から塔ヶ岳、大倉へ
塔ノ岳(関東周辺) 十勝幌尻 さん
2018年10月08日(月)
川苔山201603。雪山を堪能♪
川乗山(関東周辺) イチイマン さん
2016年03月12日(土)
麦草峠~白駒池~にゅう~高見石~麦草峠
麦草峠(八ヶ岳周辺) ロッケンローラー さん
2015年07月19日(日)

製品情報

オスプレー「ケストレル 48」

価格
18,000円(税別)
サイズ
S/M、M/L
容量
S/M=46L、M/L=48L
重量
S/M=1.59kg、M/L=1.67kg
カラー
4色

オスプレー「ケストレル 38」

価格
16,000円(税別)
サイズ
S/M、M/L
容量
S/M=36L、M/L=38L
重量
S/M=1.37kg、M/L=1.42kg
カラー
4色

オスプレー「ケストレル 28」

価格位
14,000円(税別)
サイズ
S/M、M/L
容量
S/M=26L、M/L=28L
重量
S/M=1.18kg、M/L=1.24kg
カラー
4色

オスプレー「カイト 46」

価格
18,000円(税別)
サイズ
XS/S、S/M
容量
XS/S=44L、S/M=46L
重量
S/M=1.55kg、M/L=1.61kg
カラー
4色

オスプレー「カイト 36」

価格
16, 000円(税別)
サイズ
  XS/S、S/M
容量
S/M=34L、M/L=36L
重量
S/M=1.4kg、M/L=1.45kg
カラー
4色

 

「イーサーAG」&「エーリエルAG」|「反重力」を冠した軽量モデル

オスプレー「イーサーAG」&「エーリエルAG」ユーザーのおすすめ度(みんなの登山道具より)

★★★★★ 山野けいすけ さん
イーサーAG 60
オスプレー(OSPREY )
★★★☆☆ マイク さん
Osprey aether60
オスプレー(OSPREY )
★★★★☆ be-rock さん
イーサー60
オスプレー(OSPREY )

 

「イーサーAG(AETHER AG)」は「大容量かつ軽量」を基本コンセプトにしたオスプレーを代表するテント泊登山や縦走登山向けのザックです。女性用は「エーリエルAG(ARIEL AG)」、商品名末尾のAGは「アンチグラビティーサスペンション」を表しています。

初代「イーサー」が誕生したのは2001年のこと。90L、75L、60L、36Lの4つのラインナップでスタートしました。2004年には「エーリエル」が追加され、2006年、2010年、2013年にフルモデルチェンジが行われ、2017年、「アンチグラビティーサスペンション」が搭載され、現行の「イーサーAG」&「エーリエルAG」となりました。

2018年12月現在では、「イーサーAG 85」、「イーサーAG 70」、「イーサーAG 60」、「エーリエルAG 75」、「エーリエルAG 65」、「エーリエルAG 55」をラインナップ。さらに軽量化を促進し、テクニカルに仕上げた「イーサープロ70」や「エーリエルプロ65」という派生ザックもあります。

「イーサーAG」の最大の特長は「アンチグラビティーサスペンション」です。頑丈に吊られたショルダーハーネスと、背中からヒップベルトまでシームレスメッシュでつながった立体構造の背面システムが、バランスのいい荷重分散とフィット感を生み出します。また、メッシュと本体との間に隙間があるため、背面の通気性が確保され、長時間背負っても、背中の快適性がキープされるようになっています。さらに、ヒップベルトは個人の骨格に合わせて熱成形が可能で、優れたフィット感を実現します。

デイパックになる雨蓋も装備されました。雨蓋が外せて、ウエストバックになるものはよく目にしますが、「イーサーAG」のパックはしっかりしたデイパックで、水筒やアウター、防寒着などを入れられる容量があり、アタックザックとして不自由なく使えます。このデイパックやアンチグラビティーサスペンションを搭載したせいか、旧モデルよりも若干重量が重くなってしまいました。ただ、雨蓋を取り外した際、荷室を上からカバーする「フラップジャケット」という生地が付属するので、雨蓋なしでの使用も可能です。もし軽量化を図りたいなら、雨蓋なし、という選択肢もありでしょう。

機能は、背負ったままでもサイドポケットの荷物を出し入れしやすい「デュアルアクセスサイドポケット」といった各種ポケットやアクセスジッパー、2気室構造(1気室も可)など、必要にして十分です。

夏山長期縦走から、テント泊山行、冬期登山まで、4シーズン対応の軽量大型ザック、「イーサーAG」&「エーリエルAG」。アンチグラビティ=反重力を体感してみよう!

 

オスプレー「イーサーAG」&「エーリエルAG」で行った山行記録

20160929 槍ヶ岳リ登山(紅葉は最高!穂先も最高)
槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山) maki2 さん
2016年09月29日(木)~10月01日(土)
20180719 鹿島槍ヶ岳登山
鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳(北アルプス・御嶽山) maki2 さん
2018年07月19日(木)~07月21日(土)

 

製品情報

オスプレー「イーサーAG 60」

価格
29,000円(税別)
サイズ
S、M、L
容量
S=57L、M=60L、L=73L
重量
S=2.26kg、M=2.34kg、L=2.36kg
カラー
3色

オスプレー「イーサーAG 85」

価格
33,000円(税別)
サイズ
S、M、L
容量
S=82L、M=85L、L=88L
重量
S=2.14kg、M=2.44kg、L=2.46kg
カラー
3色

オスプレー「エーリエルAG 65」

価格
31,000円(税別)
サイズ
S、M
容量
S=62L、M=75L
重量
S=2.22kg、M=2.27kg
カラー
3色

オスプレー「エーリエル75」

価格
33,000円(税別)
サイズ
S、M
容量
S=72L、M=75L
重量
S=2.265kg、M=2.288kg
カラー
3色

 

「ストラトス」&「シラス」|通気性が特長。軽さと快適性の好バランス

オスプレー「ストラトス」&「シラス」ユーザーのおすすめ度(みんなの登山道具より)

★★★★☆ マイク さん
stratos 32
オスプレー(OSPREY )
★★★★☆ ちりめん山椒 さん
ストラトス36 M/L
オスプレー(OSPREY )
★★★☆☆ tiiiiiiippi さん
ストラトス26
オスプレー(OSPREY )

 

「ストラトス(STRATOS)」は人の背中とパック背面に空気の通る隙間を設けた軽量ザックです。「シラス(SIRRUS)」は女性用のモデル。2018年12月現在、「ストラトス」は、50L、36L、34L、26L、24L、「シラス」は、50L、36L、26L、24Lという展開になっています。

2017年のモデルチェンジで大きく変わったのは、無段階の背面長の調節機能が付いたこととシームレスなサスペンションや立体的なショルダーハーネスの採用でしょう。

背面の面ファスナーをスライドさせることで、無段階に背面長が調節できるようになり、大柄の人でもフィットしやすくなりました。また、バックパネルには「エアスピードサスペンションシステム」を搭載しています。メッシュ生地が背中からヒップベルトにかけてシームレスに立体的に張られていて、体を包み込むような一体感のある背負い心地を実現しています。さらに、ショルダーハーネスは、肩から胸の形状に合わせ、立体的なカーブを描くよう設計されているため、フィット感がよく、また、腕の動きを妨げません。

「ストラトス34」以上、「シラス36」以上のモデルには、ボトムやサイドアクセスがあり、2気室構造(1気室での使用も可)となっています。全モデルとも、フロントやサイドには大きなポケット、「アイスツールループ」、「バンジータイオフ」、「ヒップベルトポケット」、もちろん「ストウオンザゴーポールアタッチメント」も装備し、レインカバーも付属します。

旧モデルと同様に、メイン生地には210デニール、ボトムには420デニールの生地を使用しますが、背面長の調節機能を追加したり、背負い心地のよくなった新しいバックパネルを採用したりしたためか、現行モデルは旧モデルよりやや重くなりました。ストラトス&シラスは、軽さばかりを求めるのではなく、背負い心地や使い勝手、耐久性などにも配慮した背面ベンチレーター付きのザックであることがわかります。もし、軽さを求めるのなら、「ストラトス」や「シラス」よりもライトウェイトなモデル「エクソス」、「エイジャ」や、さらに軽いウルトラライトパック「レヴィティ」、「ルミナ」を選択肢に加えるといいでしょう。

ちなみに、「ストラトス 34」と「ストラトス 24」、「シラス 24」は、雨蓋がないモデルです。本体上部がファスナーになったパネルローディング型で、登山だけでなく、通勤・通学など、デイリーユースにも向くデザインとなっています。

 

オスプレー「ストラトス」&「シラス」で行った山行記録

2018-10 西吾妻山
(東北) ぷ~ちょ さん
2018年10月06日(土)
西丹沢
大室山~加入道山(関東周辺) ymx さん
2015年02月28日(土)
万二郎岳・万三郎岳 2012.08.12
万二郎岳・万三郎岳(関東周辺) tiiiiiiippi さん
2012年08月12日(日)

 

製品情報

オスプレー「ストラトス 24」

価格
13,000円(税別)
容量
24L
重量
1.25kg
カラー
4色

オスプレー「ストラトス 34」

価格
16,000円(税別)
容量
S/M=32L、M/L=34L
重量
S/M=1.34kg、M/L=1.40kg
サイズ
S/M、M/L
カラー
4色

オスプレー「ストラトス 36」

価格
17,000円(税別)
容量
S/M=33L、M/L=36L
重量
S/M=1.44kg、M/L=1.50kg
サイズ
S/M、M/L
カラー
4色

オスプレー「ストラトス 50」

価格
19,000円(税別)
容量
S/M=47L、M/L=50L
重量
S/M=1.61kg、M/L=1.67kg
サイズ
S/M、M/L
カラー
2色

オスプレー「シラス 24」

価格
13,000円(税別)
容量
24L
重量
1.16kg
カラー
4色

オスプレー「シラス 36」

価格
17,000円(税別)
容量
XS/S=34L、S/M=36L
重量
XS/S=1.40kg、S/M=1.45kg
サイズ
XS/S、S/M
カラー
4色

 

 

同じテーマの記事
カリマーの「リュック」、汎用性の高い「リッジ」がユーザーの一番人気
ユーザーが実際に使っている「カリマー」の「リュック」はどんなものだろうか。ヤマケイオンラインのユーザー投稿コーナー「みんなの山道具」に集まった登山用品から紐解いてみる。この記事では登山ブランドごとに投稿をピックアップし、人気順(投稿数順)にギアをまとめた。
グレゴリーのバックパック、ユーザーの一番人気は、やはり「バルトロ」
ヤマケイオンラインのユーザーが実際に使っている登山用品を投稿するコーナー「みんなの山道具」。この記事ではユーザー投稿を登山ブランドごとにピックアップし、人気順(投稿数順)にギアをまとめた。今回は「グレゴリーのバックパック」について紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年1月22日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
冬でも元気いっぱい! 高尾山は楽しい
冬でも元気いっぱい! 高尾山は楽しい 冬になっても高尾山は楽しみいっぱい! シモバシラ、ダイヤモンド富士、夜景――、1年中いつでも楽しめます!