このエントリーをはてなブックマークに追加

海外トレッキング初心者におすすめ! スイス・グリンデルワルト:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(10)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2019年01月16日

旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第10回目は、まるで絵葉書の世界に飛び込んだかのような山村風景が広がるスイス・グリンデルワルト。ヨーロッパアルプスの名峰アイガーが鎮座するスイスの代表的な山岳リゾートだ。縦横無尽に張り巡らされたハイキングコースの中から僕らが歩いた2つのコースを紹介する。

 

圧倒的迫力のユングフラウ三山

2016年7月27日(世界一周106日目)

ツール・ド・モンブランを歩き終えた僕らは、フランス・シャモニーから、スイス・グリンデルワルトへ向かった。

グリンデルワルトは、アルプスの名峰アイガーの麓にある山岳リゾート。『アルプスの少女ハイジ』の世界さながらの美しい山村風景が広がる。夏はトレッキング、冬はウィンタースポーツを目的にたくさんの旅行者が集まる村だ。

スイスに入ってからは雨混じりの天気でスッキリと晴れる日が無く、キャンプサイトから眺めるアイガーも雲に隠れている日が多かった。いくつかのルートを歩きに行ったが、ガスがかかり眺望が無かったり、雷雨に見舞われ撤退したりと、消化不良が続いていた。

ようやく天気が回復しはじめたこの日、ユングフラウ、メンヒ、アイガーを眺める抜群の眺望が楽しめるという、シルトホルン方面にトレッキングに出かけた。

アイガー北壁とグリンデルワルトの村


グリンデルワルトからラウターブルンネンまで列車に乗り、ラウターブルンネンからシュテッヘルベルクまではバスで移動。そこからトレッキングのスタート地点のビルクまでロープウェイを乗り継いでいく。今日は高いところまで一気に上がり、景色を眺めながら下り続けるトレッキングコースだ(尚、このロープウェイはさらに上、標高2970mのシルトホルン山頂直下の展望台まで続いており、僕ら以外のほとんどの乗客はそこまで上がっていった)。

グリンデルワルトから列車で移動、交通機関は充実している


ロープウェイからは途中まで晴れてユングフラウ三山を綺麗に眺めることができたが、ビルク手前でガスがかかりはじめ、ビルクの展望デッキからは残念ながら視界ゼロとなってしまった。
僕らはガスで真っ白なトレイルを歩きはじめた。まずはシルトホルンヒュッテを目指して歩く。しばらくは道幅の広いガレたトレイル。冬場は気持ち良いゲレンデに変わるのだろう。

シルトホルンヒュッテからはミューレン方面の案内に沿って下りていく。しばらく行くと、徐々にガスが晴れはじめ、正面にユングフラウ三山の姿が見え隠れしはじめた。真正面に見る4000m級の山塊はものすごい迫力だ。

まだ所々に雪が残る。冬はこの辺りはゲレンデだ

正面にユングフラウ三山、僕らの視界を覆い尽くす


急傾斜の道を下り続け、羊の放牧エリアを抜けるとアルメントフーベルという場所に着く。ここから引き続き歩いてミューレンまで下りることも、ケーブルカーを利用して下りることも可能だが、僕らはまだ歩き足りなかったため、ここからグリュッチアルプまで、マウンテンビュートレイルと名付けられたトラバース道を歩くことにした。

このトレイルが最高だった。

適度に緩やかなアップダウンのあるトレッキングコースらしいトレイルで、右手にはユングフラウ三山の絶景と、ラウターブルンネンの谷を挟んで向こう側にヴェンゲンの村、足元にはたくさんの花を眺めながら、気分良く歩くことができるのだ。

マウンテンビュートレイル、僕らのお気に入りのトレイルだ


アップダウンを繰り返しながらゆっくりと標高を下げていき、谷を挟んで向こう側に見えるヴェンゲンの村が大きく近づいてくると、間も無くグリュッチアルプだ。ここからロープウェイを使って谷底のラウターブルンネンまで下りる。

ここ数日、あまり歩くことができず消化不良気味だったが、今日は天気にも恵まれ、気持ち良くトレイルを歩いた僕らは、満足感に包まれてグリンデルワルトのキャンプサイトに戻った。

 

アイガー北壁を眺めながらのチーズフォンデュ

2016年7月28日(世界一周107日目)

物価の高いスイスだが、スーパーのプライベートブランドの商品を中心に自炊すれば、そこそこの値段で美味しいご飯を食べることができる。

僕らがスイスでぜひ作ってみたかったのはチーズフォンデュだ。2〜3種類のチーズに白ワインや香辛料を加えて、鍋で溶かせば出来上がるので、実はキャンプごはんや山ごはんとしてもお手軽。

材料は、まずはチーズ。グリンデルワルトのコープには、日本よりも安くてたくさん入ったチーズがいろいろ売られている。もちろんスイス製。エメンタールやグリュイエールなどチーズフォンデュによく使うチーズや、何種類かがチーズフォンデュ用としてミックスされたものなど、いろいろある。好きなチーズをいくつか選んでオリジナルのブレンドにしてもいいだろう。

アイガーミルクという地元の牛乳もおすすめ


白ワインもせっかくなのでスイスのものをチョイス。スイスは実は隠れたワイン大国で一人当たりの年間消費量も多い。しかしその大半がスイス国内で消費されてしまうため、国外には輸出されず、日本ではあまりお目にかかれないのだとか。スーパーでは手頃な値段のものもたくさん並んでいた。

チーズに絡める食材として、プライベートブランドのソーセージや、安く手に入りやすいジャガイモをメインに、パンや野菜を用意すれば準備万端。

コッヘルで我流で作ったチーズフォンデュだが、青いふかふかの芝生の上で、アイガー北壁を眺めながらの大満足ディナーになった。

お手軽チーズフォンデュの出来上がり

夕日に染まるアイガー

 

これぞスイス、これぞ天空のトレイル

2016年7月29日(世界一周108日目)

グリンデルワルト滞在最終日。朝から気持ち良い青空が広がっていた。この日はグリンデルワルトの北側をフィルストからファウルホルンを経由し、シーニゲプラッテまでを歩く約15kmのコースを歩いた。

標高2166mのフィルストまでロープウェイを利用し、一気に登る。

フィルスト展望台にあるクリフ・ウォーク、スリル満点のスポット


フィルストから、美しい湖バッハアルプスゼーまでは、綺麗に整備されたハイキングコース。ヴェッターホルンやアイガーの山々、眼下にはグリンデルワルトの村が見下ろせる大パノラマが広がる。標高が上がるに連れ、シュレックホルンやフィンスターアールホルンの鋭く美しい姿も綺麗に眺められるようになる。

バッハアルプスゼーから1時間半ほどで、ファウルホルン山頂だ。標高2681m。ここは360度の眺望で、アイガー、メンヒ、ユングフラウの雄大な姿と、その反対側にはエメラルドグリーンに輝くブリエンツ湖を見下ろせる。

バッハアルプスゼーと雲に覆われたフィンスターアールホルン

ファウルホルン山頂の山小屋に併設された絶景レストラン


ここまでの景色も十分絶景だったが、ファウルホルンから先、シーニゲプラッテまでのトレイルが、素晴らしいルートだった。

ここからしばらくは稜線歩きとなり、右も左も景色が開け、程よく雲が広がっていることから、まるで天空を歩いているような気持ちになる。お花畑や小さな雪渓があったり、ダイナミックな地層が広がるところがあったりと、変化に富んだトレイルだ。

お花畑が広がる楽園のような場所だ


メンドレーネン小屋から先は稜線の北側を歩くため、ユングフラウ方面の眺望は無くなるが、代わりに氷河地形のモレーン(※)を歩くことになる。雰囲気がガラッと変わり、どこか別のエリアの山に来たかのようだ。モレーン地帯を過ぎると左手にカール地形の谷が広がり、再びユングフラウ方面の山々が顔を覗かせる。

想像以上に変化に富んだトレイルだった


今日のゴール、シーニゲプラッテが見えてからのトレイルは南側が谷になったトラバース道のため、しばらく北側の眺望は無かったのだが、途中から、北側が切れ落ちた絶壁の稜線歩きのトレイルを選択できる。絶壁直下にプリエンツ湖とインターラーケンの街を見下ろすことができ、最後の最後まで絶景を楽しませてくれた。

プリエンツ湖とインターラーケンの街

※モレーン=氷河に運ばれてきた岩、石、砂などがつくる防波状あるいは不規則な高まりからなる堆積地形(『実用 登山用語データブック』より)

海外トレッキングビギナーにやさしいトレイル

グリンデルワルトは往年のスイスアルプスの観光地といった感じで、交通機関、宿泊施設、レストラン、展望台が数多くあり、誰でも気軽にスイスの山村風景と雄大な山々を楽しむことができます。訪れる人も、トレッキング客よりも普通の観光客の方が圧倒的に多かったです。初心者向けのコースは誰でも気軽に歩けるように綺麗に整備されています。2時間ほどで歩けるコースも多く、海外トレッキング初心者に大変やさしい場所です。トレッキングメインでがっつり歩きたい人や、人の少ないところで静かに山を楽しみたい人は、もしかしたら他のエリアのほうが良いかもしれません。

一方、メリットとしては、標高2000m付近まで登山鉄道やロープウェイで一気にアクセスできるところでしょう。通常、このくらいの標高に上がるためには、それなりの時間と体力が必要で、1泊2日以上の山行となる場合がほとんどです。それをショートカットし、日帰りで終日標高2000m以上の好展望ルートを楽しめるのは大きな魅力です。僕らがグリンデルワルト滞在最終日に歩いたフィルストからシーニゲプラッテのルートは、日本でいうと北アルプスの表銀座縦走ルートみたいなところで、これを日帰りで楽しめてしまうと言えば、登山愛好家の方にはわかりやすいかもしれません。

スイス・グリンデルワルトでのトレッキングに関する準備やアクセス、ルート、気候や装備については、トレイルトラベラーズのブログにもまとめていますので、よろしければご覧ください。

 

教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
世界で最も美しい場所!ノルウェー・ロフォーテン諸島:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(12)
第12回目は、ノルウェー北部にあるロフォーテン諸島。フィヨルド地形の穏やかな海に鋭く切り立った山々が浮かぶ、世界で最も美しい場所のひとつとも言われる場所。息を飲む絶景トレッキングの様子をお伝えする。
北欧の大自然を満喫できるロングトレイル! スウェーデン・クングスレーデン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(11)
第11回目は、北欧を代表するロングトレイル、スウェーデンのクングスレーデン。日本語では王様の散歩道と訳されるが、北極圏に位置するこのトレイルは真夏でも気温が低く、天候も崩れやすいため、しっかりとした準備・装備が求められるトレイルの王様だ。アビスコからニッカルオクタまでの約110kmを歩いた様子をお伝えする。
モンブランを眺める極上のキャンプ! フランス・イタリア・スイスを歩くツール・ド・モンブラン:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(9)
旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。第9回目は、ヨーロッパアルプスのモンブラン山群の周りを、フランス・イタリア・スイスの3カ国にまたがって歩く人気のトレッキングコース、ツール・ド・モンブランでのトレッキングの様子をお伝えする。
アルプス山脈トレッキングの穴場!? 7つ氷河湖と白い山肌が美しいスロベニア・トリグラウ国立公園を歩く:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(8)
山と湖が美しい中央ヨーロッパの国スロベニア。緑豊かな牧草地、美しい氷河湖のさらに向こうに、石灰岩の白い山肌を持つトリグラウ山がそびえ立つ。三つの頂を持つこの山は国旗にも描かれたスロベニアの象徴となっている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年2月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!