このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験

Yamakei Online Special Contents
基礎知識 2019年02月05日

自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。しかし、慎重な行動を行っていても、思わぬ「ヒヤリハット」が待ち受ける。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介する。

 

一般登山者約1500人に聞いた遭難・ヒヤリハット

『山と溪谷』2019年2月号の特集のために、ヤマケイオンライン上で行った、遭難・ヒヤリハットの読者アンケート。本アンケートに協力してくれたのは、普段から単独行をよく行なうという登山者1498人となった。

回答者のプロフィール


このうち、遭難やヒヤリハットを体験したことがあると回答したのは809人(約54%)。半数以上の人が単独行でのトラブルを経験しているようだ。

投稿いただいたヒヤリハットを分析すると、圧倒的に多いのは「道迷い」。次に「転倒・滑落」「ケガ」「装備の不備・紛失」「到着遅れ」「天候の急変」などが並んだ。

そこで今回は、「私の遭難・ヒヤリハット体験」から一部を抜粋して紹介しよう。

単独行者のヒヤリハット体験で最も多いのは「道迷い」(山と溪谷2019年2月号より)

 

単独行者7人の体験談

その1 濃いササヤブで身動きもできずに

[カテゴリー:道迷い]
中央アルプスの木曽駒ヶ岳から安平路山(あんぺいじやま)へ縦走した際、奥念丈岳の先で背丈以上のササヤブに捕まり、進むべき方向もわからなくなってビバークした。翌日引き返そうとしたが、踏み跡を外し完全に身動きできなくなった。スマホのバッテリーや水も少なくなり、パニックに。110番通報し、ヘリで救助された。(60代男性)

 

その2 あわや大惨事・・・

[カテゴリー:道迷い]
西上州の裏妙義を登山中に道を間違えた。崖の上から人の声が聞こえたので登ろうとしたら転落。体が2回転して木の根元に股が挟まり九死に一生を得た。(50代男性)

 

その3 急な斜面の下りにて

[カテゴリー:転倒・滑落]
北アルプス・有明山の急坂を下山中、濡れた落ち葉で足元が滑り転倒。岩にぶつかり額から大量出血した。タオルで止血を試みるも、本当に血が止まったのかわからず不安だった。そのまま自力で下山したが、頭蓋底骨折で即入院。一人では傷の状態もわからず、単独行の危うさを知った。(50代男性)

 

その4 手袋をつけても血で滑って・・・

[カテゴリー:転倒・滑落]
ヤブこぎで足が滑り、沢筋に約50m滑落。必死の思いでササをつかんで停止するも、両手に深い擦過傷を負う。手袋をつけても血でササが滑って登り返せず、上流側の岩場を登り、途中でビバーク。翌日、3時間かけて稜線に復帰した。(50代男性)

 

その5 途中で補給できると、ひとまかせに

[カテゴリー:装備の不備]
8月下旬、水を500㎖しか持たずに丹沢・大倉尾根に出かけた。途中、当てにしていた茶屋が休業で水を補給できず、そのまま塔ノ岳をめざしたが脱水に。両脚が痙攣して仰向けに倒れてしまった。救助要請する直前に登山者が通りかかり、水をもらった。謝礼は受け取ってもらえず、「今度はあなたが誰かを助けてあげてください」の言葉。自らの行動を反省した。(50代男性)

 

その6 なかなか毒を吸い出せない

[カテゴリー:野生動物]
スズメバチにあごを刺され、猛烈な痛みと血圧低下を感じた。ポイズンリムーバーの使い方がわからず、また刺し傷が見えないためなかなか毒を吸い出せない。ようやく毒が出たときには心底安堵した。下山後、検査でハチアレルギーと判明した。(40代女性)

 

その7 経験も装備も未熟だった

[カテゴリー:天候急変]
10月、北アルプスの鹿島槍ヶ岳から五竜岳縦走の際、八峰キレットで粉雪が舞い、三段紅葉に浮かれていたら吹雪に。登山経験も装備も未熟。岩のペンキ印が見えず、危険な岩稜地帯でうろうろ。あとから来た男性に励まされ、一緒に五竜山荘までたどり着いた。二つ玉低気圧により北ア稜線で8人が亡くなったと下山後に知った。(70代男性)

 

あなたも経験したことがないだろうか

今回紹介したのは、山と溪谷・2019年2月号の特集「リスクに備える単独行の登山術」より、一般登山者の遭難・ヒヤリハット体験の一部を取り上げたものだ。

登山経験や技術に差があれど、どれもちょっとしたミスがトラブルに引き金になっている。あなたも共感できるエピソードがあったのではないだろうか。

2月号ではこういった単独行のリスクを減らし、万一に備えるためのテクニックを紹介している。一般登山者の体験談も自分の登山の参考になるので、ぜひ読んでほしい。

危機管理 遭難・事件 単独行
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年5月号
特集「夏のテント山行 入門とガイド」

テント山行のノウハウとガイド、最新の装備情報を一冊にまとめました!
この夏、充実感満点のテント泊山行をより快適に楽しむノウハウと、テーマで選べぶテント山行おすすめコースガイドの二本立てです。

⇒ 山と溪谷5月号はこちら

同じテーマの記事
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!