このエントリーをはてなブックマークに追加

BCで入山する際は自身でトラブルに対応できるようになってから 島崎三歩の「山岳通信」 第138号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年02月05日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年2月4日に配信された第138号では、引き続き事例の多いバックカントリーのリスクについて言及している。

 

2月4日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第138号では、1月22日~27日に起きた4件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 1月22日、北アルプス八方尾根で、19歳の男性が八方尾根スキー場からコース外に出てバックカントリースキー滑走中に、積雪などにより行動不能となる山岳遭難が発生。男性は大町警察署山岳遭難救助隊により救助された。

  • 1月23日、黒姫山で、27歳の男性が黒姫山山頂からバックカントリースキー滑走中に何らかの事故が発生。男性の仲間が倒れているのを発見し、県警ヘリで救助されたものの、男性は収容先の病院で死亡が確認された。何らかの原因により転倒したものと思われる。

  • 1月24日、北アルプス唐松岳で、単独で入山した45歳の男性が唐松岳方面から下山中に悪天候のため道に迷い、行動不能となる山岳遭難が発生。翌25日に、大町署山岳救助隊員、北アルプス地区遭対協白馬班救助隊員が男性を発見・救助した。

  • 1月27日、八ヶ岳連峰阿弥陀岳で、62歳の男性が阿弥陀岳広河原本谷でアイスクライミング中に滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

1月3週は遭難がありませんでしたが、4週は4件の遭難が発生し、1名の方が亡くなりました。
バックカントリースキーによる遭難が多発しています。バックカントリースキーは、雪崩、立木への衝突、道迷い等、危険の高いスポーツであり、相当な技術が必要となります。

また、樹林帯ではヘリコプターでの救助が困難であり、地上から救助に向かわなければならず、相当の時間を要します。自分たちでトラブルに対応できるよう、セルフレスキューやビバーク訓練を行ってから入山しましょう。

危機管理 遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
BCでは、できるだけ経験者と複数で滑走しましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第139号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年2月14日に配信された第139号では、バックカントリーは高度な知識や経験が求められることを改めて説明している。
バックカントリー遭難が多発する時期、スキー場の規則の厳守を! 島崎三歩の「山岳通信」 第137号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第137号では、本格的なウインターシーズンに入って増加しているバックカントリーの安全管理について触れている。
厳冬期における標高の高い山岳地帯での必携装備を確認 島崎三歩の「山岳通信」 第136号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年1月10日に配信された第136号では、年末年始の山岳遭難について取り上げ、天候判断について注意を促している。
稜線を歩く前に、天候、体力、時間など総合的に勘案した登山を 島崎三歩の「山岳通信」 第135号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年12月20日に配信された第135号では、冬季の八ヶ岳登山について言及している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!