このエントリーをはてなブックマークに追加

正しく使えてる? 雪山でのピッケルの持ち方・活用法

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
登山技術 2019年02月07日
ピッケルの持ち方・活用法

質問:先日、雪山登山に行ってきた友人が、「ピッケルを逆さまに持っているヤツがいてさ~」と笑い話のように話をしていたので、僕も合わせて笑っていたのですが、内心は「自分のピッケルの使い方はあっているのか?」と心配に思っていました。歩くときはストックのようには使っているのですが、ほかの出番は今のところありません。

 

もともと足場切りの道具だったピッケル

ピッケルは、雪山の様々な場面によって、実に多様な使い方をします。だから「逆さまにもっているヤツ」を「間違った使い方をしているヤツ」と捉えるのは、少し違うかもしれません。

もともとピッケルは、凍結した氷雪の斜面に一歩ずつ足場を切るための道具でした。その際にはシャフトの下の方を持ち、ブレード(ヘッドの幅広い部分)で足場切りを行っていました。ただ、この“足場を切る作業”はアイゼンの登場(特に前歯が付いたモデルの登場)によって、一般的には行われることが少なくなりました。

 

主にストックのように持ちバランス保持のために使う

「歩く時にストックのように使っている」とのことですが、現在のピッケルの用途の9割は、このストックのように持ちバランスの保持のために使います。

強い風の中ではピッケルをシッカリと持ち、支えとして使います。バランスの悪い歩行路を行く際は、山側にピッケルの石突部分を突きながら進みます。ピッケルを刺すことで、スリップを初期の段階で止める(初期制動)ためです。

この時の持ち方としては、シャフトの真上のヘッドの部分を上から持ち、鉛直方向に押さえることで安定させます。また、ピック(ヘッドの尖った部分)の向きは、登りの際には前方側に、降りの際には後方側に持つことで転倒した時にピックを雪面に刺して、大きなスリップや滑落するのを防ぎます。

ピッケルの基本的な使い方。登りなので、ピックは前向きに

 

ピッケルの応用的な使い方は先達に教えてもらおう

その他には、シャフトの部分を握って氷雪面に打ち込み手がかりとして使ったり、柔らかい雪にはシャフト部分を全て埋め込みピッケルそのものを支点にしたり・・・など、実に様々な使い方ができます。

ただ、尖った部分があり、使い方を間違えると凶器にもなりうるのがピッケルです。正しい使い方を独学やネットの情報だけで学ぶのは限界があります。「自分の使い方はあっているのか?」は、やはり、ベテランや先達に一度、指導を受けた方が良いのではないでしょうか?

ピッケルを使った滑落停止の練習
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ