このエントリーをはてなブックマークに追加

正しく使えてる? 雪山でのピッケルの持ち方・活用法

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
登山技術 2019年02月07日
ピッケルの持ち方・活用法

質問:先日、雪山登山に行ってきた友人が、「ピッケルを逆さまに持っているヤツがいてさ~」と笑い話のように話をしていたので、僕も合わせて笑っていたのですが、内心は「自分のピッケルの使い方はあっているのか?」と心配に思っていました。歩くときはストックのようには使っているのですが、ほかの出番は今のところありません。

 

もともと足場切りの道具だったピッケル

ピッケルは、雪山の様々な場面によって、実に多様な使い方をします。だから「逆さまにもっているヤツ」を「間違った使い方をしているヤツ」と捉えるのは、少し違うかもしれません。

もともとピッケルは、凍結した氷雪の斜面に一歩ずつ足場を切るための道具でした。その際にはシャフトの下の方を持ち、ブレード(ヘッドの幅広い部分)で足場切りを行っていました。ただ、この“足場を切る作業”はアイゼンの登場(特に前歯が付いたモデルの登場)によって、一般的には行われることが少なくなりました。

 

主にストックのように持ちバランス保持のために使う

「歩く時にストックのように使っている」とのことですが、現在のピッケルの用途の9割は、このストックのように持ちバランスの保持のために使います。

強い風の中ではピッケルをシッカリと持ち、支えとして使います。バランスの悪い歩行路を行く際は、山側にピッケルの石突部分を突きながら進みます。ピッケルを刺すことで、スリップを初期の段階で止める(初期制動)ためです。

この時の持ち方としては、シャフトの真上のヘッドの部分を上から持ち、鉛直方向に押さえることで安定させます。また、ピック(ヘッドの尖った部分)の向きは、登りの際には前方側に、降りの際には後方側に持つことで転倒した時にピックを雪面に刺して、大きなスリップや滑落するのを防ぎます。

ピッケルの基本的な使い方。登りなので、ピックは前向きに

 

ピッケルの応用的な使い方は先達に教えてもらおう

その他には、シャフトの部分を握って氷雪面に打ち込み手がかりとして使ったり、柔らかい雪にはシャフト部分を全て埋め込みピッケルそのものを支点にしたり・・・など、実に様々な使い方ができます。

ただ、尖った部分があり、使い方を間違えると凶器にもなりうるのがピッケルです。正しい使い方を独学やネットの情報だけで学ぶのは限界があります。「自分の使い方はあっているのか?」は、やはり、ベテランや先達に一度、指導を受けた方が良いのではないでしょうか?

ピッケルを使った滑落停止の練習
教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」

同じテーマの記事
雷注意報が出たら山に行かないほうが良い? 登山中の恐ろしい雷雨。落雷被害に遭わない行動とは
耳を裂くような大音量の雷鳴、激しい降雨、時には雹が混じり周囲の様相も一変。山で雷、雷雨とであう恐ろしさは、凄まじいものがある。では、山で落雷事故に遭わないためにはどうしたらよいのか。今回は山岳ガイドの山田さんに提唱をいただく。
山のトイレ事情。「青空トイレ」のときに、気に留めておきたい3つのこと
お腹が弱く、登山中によく便意をもよおすという‟インドメタシン配合”さんから、やむおえず「青空トイレ」のとき、紙は持って帰るが、モノはどうなのだろう?という疑問が届いた。野生動物も、野に放っているのだから人間だって良いのでは・・・と。
ショルダーベルトが当たる鎖骨が痛い! 鎖骨にひびかない背負い方、パッキング方法を考える
テント登山派で、重い荷物を持って歩いている‟セットアッパー”さん。痩せ型体形のせいか、とにかくショルダーベルトが当たる鎖骨が痛いそう。今回は、昔、同じ悩みのあった山岳ガイドの山田さんがその悩みに回答する。
花粉症だけど春の山へ行きたい。東京近郊で花粉の少ない山ってあるの?
風の冷たさが和らぎ、外へ出かけたい気持ちの高まる春。その一方で花粉の飛散が始まり、山へ行きたいけど花粉症が辛くて・・・という方も多いだろう。そんな悩みを持つ登山者のひとり‟くしゃみ大魔王”さんの質問に山岳ガイドの山田さんが回答!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...