このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで太古の地球のような場所! アイスランド・ロイガヴェーグル:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(13)

トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」
ガイド・記録 2019年03月05日

旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第13回目は、アイスランド南西部にあるトレッキングコース、ロイガヴェーグル。火山灰や溶岩でできた灰色の大地からは蒸気が噴き出し、黄緑色の苔が生える。火山と氷河が織りなす太古の地球のような場所。約55kmの行程を4日間かけて歩いた様子をお伝えする。

 

山肌から蒸気が噴き出し、硫黄の香りが漂う

2016年8月20日(世界一周130日目)

アイスランドの首都レイキャビクを抜けたバスは、溶岩に黄緑色のモコモコした苔が生えた大地を進んでいった。地熱地帯とあって地面からはところどころ白い水蒸気が噴き出している。僕らは4WDのごついバスに乗りハイランドと呼ばれる内陸部の高原山岳地にある登山口へ向かっていた。

ノルウェー・ロフォーテン諸島を歩いた僕らは、北大西洋上に浮かぶ島国アイスランドを訪れた。

これから4日間かけてロイガヴェーグルというトレッキングルートを歩く。やがて未舗装路に入り、砂埃を巻き上げながら、時には川をザブザブと越えながら、荒野を奥へと進んでいく。歩き始める前からすごい景色を見せられて、否が応でもロイガヴェーグルの期待度が高まっていった。

砂埃を巻き上げて荒野を進むバス


バスはスタート地点となるランドマンナロイガルに到着。秘境感のある景色の中に、山小屋とたくさんのテントが映える、絵になる場所だった。しばらくは黒い溶岩地帯、そしてそこを抜けると樹木の無い赤茶色の山に鮮やかな黄緑色と灰色がマーブル模様のように混ざりあう、不思議な景色が広がる。山肌からは蒸気が吹き出し、硫黄の香りが鼻をついた。

ランドマンナロイガルを拠点に日帰りトレッキングも可能

歩き始めから不思議な景色の連続だ


一日目の目的地フラプティンヌスケルの小屋までは黒と白のモノトーンの世界。こんもりとした巨大な丘がいくつも並び、しかし飛び抜けて高い山があるわけではなく、遠くまでその丘が続くのを見渡すことができる。露出した山肌は黒曜石の砂利で覆われ、太陽に照らされてキラキラと眩しい。雪渓が丘と丘の間を埋め、所々からは白い蒸気が噴き出す。そんな丘を登っては下り、また登り返して行く。黙々と歩きながらも、どこかに吸い込まれるような恍惚とした気持ちにさせるトレイルだった。

火山帯特有の黒いトレイルに白い雪と青空のコントラスト

初日の宿泊地フラプティンヌスケル

 

太古の地球を思わせるような光景

2016年8月21日(世界一周131日目)

二日目に一望したフィヤットラバクも素晴らしかった。朝から冷たい霧のような雨が降り、雲の中を歩いているようだったが、登りきると突如視界が開け、向こう側の谷の景色が広がった。火山灰の黒と苔の鮮やかな黄緑の世界の上に分厚い雲が垂れ込め、太古の地球を思わせるような光景。曇り空なのにこんなに美しいと感じたのは初めてかもしれない。

濃い霧と地表から吹き出る蒸気

厳しいコンディションでも見たことのない絶景が僕らを魅了する

 

氷河から溶け出した凍るように冷たい川の渡渉

2016年8月22日(世界一周132日目)

手付かずの大地を歩くロイガヴェーグルでは渡渉も外せないアクティビティだ。ルート上にはいくつもの川があるのだが、その多くは橋はかかっておらず、靴を脱いで渡るしかない。三日目の渡渉ポイントは、川幅があり雨も降り続いているせいか水量が多い。何人かのハイカーが渡っているが、皆膝上まで浸かって必死だ。何度も流れに足を持っていかれそうになりながらも、トレッキングポールでバランスを取って持ちこたえ、僕らもなんとか乗り越えた。身を切るような冷たい水で足がじんじんするが、これもいいリフレッシュだ。

流されないように必死に渡るハイカーたち


冷たい渡渉の後は、ご褒美のような久々の太陽が顔を出した。風が強く、その風に乗って横から雨が打ち付けるが、そんな天気雨のおかげで、振り返ると歩いてきた道に綺麗な虹がかかっていた。黒い砂漠を延々と歩き続ける。虹はどこまでも追いかけてくる。足元には小さく可憐な花がそひっそりと耐えるように咲いていた。

晴れているが強い風に乗って横から雨が打ち付ける

トレイルをまたぐように虹の橋がかかっていた

 

大地が割れたようなゴルジュ

2016年8月23日(世界一周133日目)

四日目のハイライトはエムストルの小屋をスタートしてすぐに現れるダイナミックな峡谷だ。左手には氷河が見え、そこから流れ出る大量の水が谷底を蛇行する。くねくねと入り組んだゴルジュはまるで迷路のようだ。大地が割れたように口を開け、その割れ目に沿って歩き続ける。ゴールのソルスモルクはこのコースで唯一の樹林帯。樺の木の気持ちのいいトレイルを抜けると四日間の冒険もようやく終わりとなる。

出発してすぐに大地が割れたような峡谷が現れる

氷河から溶けだした大量の水が流れていく

厳しくも楽しい四日間の冒険だった

 

絶景だらけと言われるアイスランドでも格別な場所

氷河から溶け出した凍るように冷たい川の渡渉、横から吹き付ける砂交じりの雨、払ってもなかなか落ちない火山灰、そして氷点下近くまで冷え込む夜。コンデションは最も過酷なトレッキングでしたが、その厳しい自然環境がこのロイガヴェーグルの美しい景観を作り出しています。

四日間のトレッキングは毎日景色の変化があって、どの日も印象的でした。アイスランドは何処に行っても絶景だらけと言いますがが、自分の足で歩いて訪れる絶景はやはり格別。厳しい一面もあるけど、それを上回る魅力があるからこそ、世界中から多くのハイカーを惹きつけているのだと思います。

アイスランド・ロイガヴェーグルでのトレッキングに関する準備やアクセス、ルート、気候や装備については、トレイルトラベラーズのブログにもまとめていますので、よろしければご覧ください。

至る所から噴き出す蒸気
教えてくれた人

Trail Travelers 山野尚大・優子

山と旅の愛好家。経営コンサルタントとして平日の激務と休日の山ごもりを両立させる日々から、結婚を機に心機一転、夫婦で絶景トレイルを巡る世界一周の旅に出発。2016年4月からの300日間で、五大陸の50超のトレイルを歩く。「Trail Travelers(トレイルトラベラーズ)」を立ち上げ、旅行と組み合わせたトレッキングの楽しみ方を発信中。
【ブログ】
http://trailtravelers.net/
【Facebook】
https://www.facebook.com/trailtravelers/
【Instagram】
https://www.instagram.com/trailtravelers/

同じテーマの記事
[総集編]独断と偏見で選ぶオススメ海外トレイルベスト3:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(20)
旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第20回目は、総集編。独断と偏見で選ぶオススメ海外トレイルベスト3をお伝えする。
タスマニアの原生地を歩く:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(19)
オーストラリア・タスアニア島――。世界自然遺産に指定されているタスマニア原生地の最深部を歩く65kmのトレッキングルート・オーバーランドトラック。毎日が見知らぬ動植物との出会いの連続だった。
南半球のトレッキング天国ニュージーランド:トレイルトラベラーズ 「世界のトレイルを巡る旅」(18)
旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第18回目は、ニュージーランド。ニュージーランド最高峰のマウントクックを望むミューラーハットルート、山岳風景と苔生すブナ林が美しいルートバーン・グリーンストーントラック、マオリ族の聖地トンガリロ・ノーザンサーキットを歩いた様子をお伝えする
嵐の大地パタゴニア:トレイルトラベラーズ「世界のトレイルを巡る旅」(17)
旅と組み合わせて気軽に楽しめる世界のトレイルを紹介する連載「世界のトレイルを巡る旅」。トレッキングをテーマに300日間で世界一周旅行をした山野夫婦が、訪れた五大陸50超のトレイルからおすすめの場所を振り返る。第17回目は、嵐の大地とも言われる南米大陸南端の地パタゴニア。アルゼンチン側では難攻不落の尖塔セロトーレ、クライマー憧れの山フィッツロイを巡り、チリ側ではトーレス・デル・パイネ国立公園内を巡ったトレッキングの様子をお伝えする。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...