このエントリーをはてなブックマークに追加

麓の街や村からの日帰りでも、ピレネー山脈ハイキングは存分に楽しめる!

世界の山旅・絶景への誘い
ガイド・記録 2019年04月11日

スペインとフランスの国境にそびえるピレネー山脈は、3000mを越える山々と豊かな自然が広がり、世界中のトレッカーに人気の場所だ。規模こそアルプスほどではないものの、その景観や魅力はアルプス以上という評判だ。そんなピレネー山脈でも、今回はわりと手軽に楽しめる場所を紹介する。

 

5月下旬から6月中旬は、さまざまな花が谷底を彩る


フランスとスペインの国境を成すピレネー山脈は、初夏から秋にかけて、多くのハイカーやトレッカーで賑わいます。前回紹介しました国境の峠越えコースに続き、今回は麓の街や村のホテルから日帰りで楽しめるハイキングコースをピックアップします。

★前回記事:ピレネー山脈随一の人気、「ブレッシュ・ド・ローランの峠越え」

 

世界遺産ガバルニー大圏谷ハイキング

世界遺産でもあるガバルニー大圏谷のハイキングは、フレンチピレネー(フランス側のピレネー)を代表する人気ハイキングコースです。麓の村のガバルニーは、壮大な景観を一目見ようと山道を越えてやって来る旅行者を100年以上前から受け入れてきた、山間の静かなリゾートです。ガバルニー村からはすぐ南側には、大圏谷の景色が広がり、思わず息を飲んでしまします。

ガヴァルニ村の様子。奥に大圏谷の絶景が広がっている


村からのハイキングでは溪谷に沿って歩いていき、牧草地や林を抜け、大圏谷の絶壁からしぶきを上げながら流れ落ちる大滝、グラン・カスケードを間近に望む展望地までを日帰りで往復します。

グラン・カスケードまでは、いくつものルートがあり、岩屋上の岸壁をドラバースする高度感のあるコースや、小川に沿ってのんびり歩けるコースまで、コースの組み合わせ方で、変化のあるハイキングを楽しむことができます。

また、5月下旬から6月中旬にかけては、トレイル沿いが花で彩られ、色とりどりの花々がハイカーの心を癒やしてくれます。ガバルニー大圏谷ハイキングの折返し地点には、山小屋レストランがあり、ぜひガバルニーの大圏谷や大滝を仰ぎ見ながら、ゆっくりとランチを楽しみたいものです。

雪解けの時期にはいくつもの滝が現れるガバルニー大圏谷の絶景!

 

スペイン・ピレネーの人気コースオルデサ溪谷ハイキング

スペイン・ピレネーのハイキングでぜひ訪れたいのは、ガバルニーと並び雄大な景色の広がるオルデサ溪谷です。

ハイキングの起点となるのは、中世の佇まいを残す石造りの街トルラです。トルラから路線バスを乗り継ぎ、国立公園の入り口まで行き、そこからハイキングスタートです。オルデサ溪谷の源頭までは、日帰りで往復するのは距離があり難しいため、溪谷内のいくつかある名所の一つであるエストレッチョというゴルジュ状の大滝まで歩いて往復するのが一般的です。

このコースでは、渓谷内の平坦な場所に広がるブナ林が特に美しく、初夏の時期には、美しい新緑のブナ林の樹冠からこぼれ落ちる木漏れ日や、森を縫うように流れる渓流の音に癒やされながらハイキングを楽しむことができます。

オルデサ溪谷の谷底には美しいブナ林が広がる


ハイキングの後は、夜の時間帯に街に繰り出しましょう。街路灯の優しい明かりが、石畳や石造りの建物を美しく浮かび上がらせ、ヨーロッパの古い町並みの情景を満喫できます。

夜8時以降に賑わい始める“バル”で美味しい郷土料理とワインをいただけば、ハイキングの心地よい疲れと相まって、最高の思い出になること間違いなしです。

石造りの美しい街トルラ
教えてくれた人

北島 聡之

アルパインツアーサービス株式会社/本社営業部
学生時代はオリエンテーリングの世界大会にも出場した経験もあり地図読みのスキ ルは社内随一。
また、高山植物や樹木にも詳しく「花旅ハイキング倶楽部」のチー フリーダーとして活躍する一方、社内の30鉢を越える観葉植物の世話にも日々奔走 中。趣味は日本茶と焼き物や巡り。

アルパインツアーサービス株式会社

マッターホルン北壁の日本人初登攀を成し遂げた芳野満彦(アルパインツアー元会長)が、1969年に日本で初めてヨーロッパ・アルプスへのハイキング・ツアーを実施して以来、約半世紀にわたり、世界中の山岳辺境地の山旅を企画、実施してきた。「トレッキング」という言葉を日本に定着させた、世界の山旅のパイオニア的存在。

⇒アルパインツアーサービス

同じテーマの記事
ラグビーロスなあなたへ――、ラグビー強豪3ヶ国の魅力的な山に行ってみよう!
ラグビーが盛んな国々は南半球に多いが、日本が冬に季節となる時期がトレッキングのベストシーズン。「ラグビーロス」となっている人は、現地でのラグビー観戦&トレッキングを楽しんでみてはいかがだろうか。
寒い日本を離れて、もっと寒い極北の大地カナダ・ユーコン準州で自然の神秘、オーロラに出会おう!
一生に一度は見ておきたい絶景に、皆さんは何を挙げますか? 上位に挙がるものの1つが「オーロラ」。自然の神秘・オーロラは、いつ・どこに行けば良いのか? 山好きの人にオススメなのが、カナダ・ユーコン準州です。
エベレストを見に行こう! ヒマラヤの山々を眺めながら歩くエベレスト街道に流れる時間
世界最高峰の山エベレストに登るのは簡単ではないが、その頂を眺めることは難しくはない。展望台のシャンボチェへは日本から帰路も含めて10日ほど。そこには素晴らしい絶景と、何か懐かしさを憶えるネパール独特の時間が待っている。
“休日の島”と呼ばれるオーストラリア・タスマニア島。最深部を貫くオーバーランド・トラックを縦断
オーストラリアの南に浮かぶタスマニア島は、「タスマニア原生地域」として世界遺産に指定される。広大な大自然が手付かずのまま残された島の最深部を貫くオーバーランド・トラック、その魅力をダイジェストで紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬季・年末年始の山小屋山営業情報2019-2020年版
冬季・年末年始の山小屋山営業情報2019-2020年版 登山愛好者なら一度は経験したい、山での年越し。冬季・年末年始に営業する主な山小屋をご紹介します。
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!