このエントリーをはてなブックマークに追加

プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介

Yamakei Online Special Contents
登山技術 2019年04月03日

さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 安全に登山を楽しむためにも、独学やネットでは手に入らない現場で「本当に使える技術」を、知識と経験が豊富なプロガイドから学んでみてはいかがだろうか。

 

安全な登山や着実なステップアップのためには、正しい登山術を身につけていく必要がある。

入門的なハウツー技術はインターネットや書籍でも簡単に入手できるが、実践的な登山術について学ぶのはそう簡単ではない。そこで頼りになるのが、豊富な登山経験を通して知識と技術を習得しているプロの登山ガイドや山岳ガイドたちだ。

そう。プロガイドこそ、「登山で本当に役立つ技術」を知っているのだ。『山と溪谷』編集部は、「プロガイドに教わる登山の基本 50の実践」と題して特集を組み、発売中の『山と溪谷』2019年4月号にまとめている。

この号では、登山術についてプロガイドたちに多くの登山者が気になる質問をぶつけている。今回は、その一部を紹介しよう。

 

Q.なるべく疲労を抑えたい。安全で疲れない歩行の基本は?

A.「軸足を作る」を常に意識すること 【回答】国際山岳ガイド・久野弘龍さん


「平地と登山での歩行は、一見同じように見えますが、実は運動が異なります」と説明する久野さん。久野さんによると、平地での安定した歩行は、

  • ①前に足を出す&重心移動
  • ②出した足の着地と同時にもう片方の足を前へ出す&重心移動

――と常に重心を容易に移動できる。

一方、登山の歩行は、足元の悪さから体が不安定になるので、平地と同じように歩行するとバランスを取ろうと力んだり、膝が曲がった状態が続いたりと、筋力を無駄に消耗してしまう。

その点を踏まえ、久野さんは「登山の歩行で意識すべきは軸足を作ること」と強調する。登山の歩行は以下の3つのフェーズに分かれるそうだ。

  • ①軸足一本で支える(軸足を作る)
  • ②もう片方の足を前に出し着地
  • ③出した足へ重心を移動し、次の軸足にする

「軸足をしっかり作ることが安全登山にもつながります」と久野さん。詳細については、4月号を参照してほしい。

 

Q.今季は北アルプスに挑戦したい。3000m級の山に持っていく装備のポイントは?

A.高機能なものを、軽量コンパクトにまとめること 【回答】国際山岳ガイド・近藤謙司さん


3000m級の岩稜を歩くガイドをこなす近藤さんは「軽さは安全登山のポイント。装備は軽量コンパクト化を意識し、40L前後のザックに収めている」と話す。

また、近藤さんが夏山登山の必携装備に挙げるのがハイドレーションパック。「行動中にこまめに水分補給することで、喉の渇きを抑え、疲れにくくなることに加え、一度に多量に飲まないのでトイレに行く回数も減らせる」と解説。

ほかに、スマートフォンやGPS、スマートウォッチなど、電源が欠かせないギアが増えているので、充電用バッテリーやソーラー式充電器も必ずもっていくようにしているという。

 

Q.登山翌日の仕事がつらい。疲労を残さないようにするには?

A.アミノ酸を摂取 【回答】登山ガイド・橋谷晃さん

A.脚だけでも水風呂でアイシング 【回答】山岳ガイド・廣田勇介さん

A.水をたくさん飲む  【回答】登山ガイド・木元康晴さん


疲れを体にためないために、プロガイドたちにそれぞれの疲労回復法を伺うと、多彩な意見が返ってきた。

橋谷さんは「消費したエネルギーを補うために、アミノ酸系サプリメントを飲んだり、高たんぱくな食事をとったりしている」と回答。ただし、前出の久野弘龍さんによると、食事をとりすぎると疲労回復に使うエネルギーを消化にかかってしまうので食事の量には注意が必要という。

廣田さんのオススメは入浴。しかし、はじめから湯船ではなく、シャワーを浴びた後、まずは水風呂で冷やすのがよいという。いきなり湯船で体を温めると筋肉の炎症が悪化するので注意が必要だそうだ。アイシング後に湯船に浸かろう。ほかのプロガイドからも「まず冷水に浸かる」、「冷水と温水を交互に浸かる」などアイシングを薦める意見が目立った。

「登山中だけでなく下山後の水分補給も大切」と説くのは木元さん。体にたまった老廃物の排出を促す効果が期待できるという。


発売中の4月号では「本当に使える技術」を全方位から解説。

①登山技術の学び方、②登山のプランニング、③装備、④歩行技術、⑤行程管理、⑥天気と行動判断、⑦ナビゲーション、⑧リスクマネジメント、⑨緊急時の対応、⑩疲労回復、⑪生涯登山

と、11カテゴリーに分け、計50の質問を11人のプロガイドに聞いている。
「今年は技術を磨いてこれまでより難しい山に挑戦する」とか、「これからも怪我なく安全に登山を楽しみたい」などと思っている登山者にぜひ一読いただきたい。プロたちが現場で身に付けてきた「生の技術」は多くの登山者にとって有益だろう。

トレーニング セルフレスキュー 歩き方
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年5月号
特集「夏のテント山行 入門とガイド」

テント山行のノウハウとガイド、最新の装備情報を一冊にまとめました!
この夏、充実感満点のテント泊山行をより快適に楽しむノウハウと、テーマで選べぶテント山行おすすめコースガイドの二本立てです。

⇒ 山と溪谷5月号はこちら

同じテーマの記事
毎日、高尾山を歩く自然解説員さんにも使いやすい、グレゴリーのハイキング用小型バックパック「NANO(ナノ)」
登山用のバックパックで定評のある「グレゴリー」だが、小型軽量のハイキングモデルもラインアップされている。今回は、高尾山山頂にある「東京都高尾ビジターセンター」のインタープリターの梅田由花さんに、実際に毎日の通勤で使ってもらい、その使用感を伺った。
advertorial
「細かいところまで行き届いている!」 アウトドア・コーディネーターの小雀陣二さんが、グレゴリーの最新バックパック「ZULU(ズール)」をチェック!
「チュンチュン」の愛称で親しまれる小雀陣二さん。あらゆる野外の遊びを知りつくした、登山・アウトドアの先達です。そんな小雀さんに、2019年モデルにアップデートされたグレゴリーのバックパック「ZULU(ズール)」について聞きました。
advertorial
すぐ身近にある山岳遭難、ワタシの単独行、遭難・ヒヤリハット体験
自分の実力を客観的に把握して、綿密な計画・準備を行い、的確な行動が求められる「単独行」。単独行をふだん行っている登山者の、ヒヤリハット体験の一部を紹介。
平成はどんな時代だった? 登山界の30年間を『山と溪谷』で振り返って見えたもの
「平成」の時代は、あと数ヶ月で終わろうとしている。この30年間、世の中ではさまざまなことが起きているが、登山の世界に目を向けると、どんなことが起きているのだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!