このエントリーをはてなブックマークに追加

プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介

From 山と溪谷編集部
登山技術 2019年04月03日

さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 安全に登山を楽しむためにも、独学やネットでは手に入らない現場で「本当に使える技術」を、知識と経験が豊富なプロガイドから学んでみてはいかがだろうか。

 

安全な登山や着実なステップアップのためには、正しい登山術を身につけていく必要がある。

入門的なハウツー技術はインターネットや書籍でも簡単に入手できるが、実践的な登山術について学ぶのはそう簡単ではない。そこで頼りになるのが、豊富な登山経験を通して知識と技術を習得しているプロの登山ガイドや山岳ガイドたちだ。

そう。プロガイドこそ、「登山で本当に役立つ技術」を知っているのだ。『山と溪谷』編集部は、「プロガイドに教わる登山の基本 50の実践」と題して特集を組み、発売中の『山と溪谷』2019年4月号にまとめている。

この号では、登山術についてプロガイドたちに多くの登山者が気になる質問をぶつけている。今回は、その一部を紹介しよう。

 

Q.なるべく疲労を抑えたい。安全で疲れない歩行の基本は?

A.「軸足を作る」を常に意識すること 【回答】国際山岳ガイド・久野弘龍さん


「平地と登山での歩行は、一見同じように見えますが、実は運動が異なります」と説明する久野さん。久野さんによると、平地での安定した歩行は、

  • ①前に足を出す&重心移動
  • ②出した足の着地と同時にもう片方の足を前へ出す&重心移動

――と常に重心を容易に移動できる。

一方、登山の歩行は、足元の悪さから体が不安定になるので、平地と同じように歩行するとバランスを取ろうと力んだり、膝が曲がった状態が続いたりと、筋力を無駄に消耗してしまう。

その点を踏まえ、久野さんは「登山の歩行で意識すべきは軸足を作ること」と強調する。登山の歩行は以下の3つのフェーズに分かれるそうだ。

  • ①軸足一本で支える(軸足を作る)
  • ②もう片方の足を前に出し着地
  • ③出した足へ重心を移動し、次の軸足にする

「軸足をしっかり作ることが安全登山にもつながります」と久野さん。詳細については、4月号を参照してほしい。

 

Q.今季は北アルプスに挑戦したい。3000m級の山に持っていく装備のポイントは?

A.高機能なものを、軽量コンパクトにまとめること 【回答】国際山岳ガイド・近藤謙司さん


3000m級の岩稜を歩くガイドをこなす近藤さんは「軽さは安全登山のポイント。装備は軽量コンパクト化を意識し、40L前後のザックに収めている」と話す。

また、近藤さんが夏山登山の必携装備に挙げるのがハイドレーションパック。「行動中にこまめに水分補給することで、喉の渇きを抑え、疲れにくくなることに加え、一度に多量に飲まないのでトイレに行く回数も減らせる」と解説。

ほかに、スマートフォンやGPS、スマートウォッチなど、電源が欠かせないギアが増えているので、充電用バッテリーやソーラー式充電器も必ずもっていくようにしているという。

 

Q.登山翌日の仕事がつらい。疲労を残さないようにするには?

A.アミノ酸を摂取 【回答】登山ガイド・橋谷晃さん

A.脚だけでも水風呂でアイシング 【回答】山岳ガイド・廣田勇介さん

A.水をたくさん飲む  【回答】登山ガイド・木元康晴さん


疲れを体にためないために、プロガイドたちにそれぞれの疲労回復法を伺うと、多彩な意見が返ってきた。

橋谷さんは「消費したエネルギーを補うために、アミノ酸系サプリメントを飲んだり、高たんぱくな食事をとったりしている」と回答。ただし、前出の久野弘龍さんによると、食事をとりすぎると疲労回復に使うエネルギーを消化にかかってしまうので食事の量には注意が必要という。

廣田さんのオススメは入浴。しかし、はじめから湯船ではなく、シャワーを浴びた後、まずは水風呂で冷やすのがよいという。いきなり湯船で体を温めると筋肉の炎症が悪化するので注意が必要だそうだ。アイシング後に湯船に浸かろう。ほかのプロガイドからも「まず冷水に浸かる」、「冷水と温水を交互に浸かる」などアイシングを薦める意見が目立った。

「登山中だけでなく下山後の水分補給も大切」と説くのは木元さん。体にたまった老廃物の排出を促す効果が期待できるという。


発売中の4月号では「本当に使える技術」を全方位から解説。

①登山技術の学び方、②登山のプランニング、③装備、④歩行技術、⑤行程管理、⑥天気と行動判断、⑦ナビゲーション、⑧リスクマネジメント、⑨緊急時の対応、⑩疲労回復、⑪生涯登山

と、11カテゴリーに分け、計50の質問を11人のプロガイドに聞いている。
「今年は技術を磨いてこれまでより難しい山に挑戦する」とか、「これからも怪我なく安全に登山を楽しみたい」などと思っている登山者にぜひ一読いただきたい。プロたちが現場で身に付けてきた「生の技術」は多くの登山者にとって有益だろう。

トレーニング セルフレスキュー 歩き方
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年9月号の特集は「紙地図と電子地図」。登山地図に関わる最新事情を知り、登山をもっと楽しく、安全に。スマホのGPS機能+地図アプリの利用者が増えた今だからこそ、地図を読む目的と活用法を提案。

⇒ 山と溪谷最新号はこちら

同じテーマの記事
電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!
山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?
大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ
長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?
今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条
一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...