このエントリーをはてなブックマークに追加

極寒地で使われている防寒システム「VBL」は冬山での悩みを解決するか

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2019年04月15日

冬季登山で汗の処理は命にかかわる問題だ。汗などで濡れた衣類を着たまま寒さにさらされると体温が奪われ、最悪の場合、死につながることも。特に体の末端である手足は冷えやすく凍傷にかかりやすいため、早めに対策をしなければならない。この問題を解決すべく開発されたのが、防寒システム「VBL」だ。なるほど、たしかに保温はされるが、逆にデメリットも・・・。今回はそんなVBL製品をご紹介。

 

 

長年抱えていた冬山での悩み・・・

私は足に多くの汗をかきます。そのため、汗によって靴下が濡れてしまうのが冬山での悩みの種でした。濡れた靴下は保温力を失い、逆に足先の体温を奪い続けます。

さらに悪いことに、濡れた靴下によって登山靴の内部も湿ってしまい、それが一晩立つと凍りついてしまうこともあったのです。

濡れる靴下に頭を抱えながら、しかし解決策が見つからないまま冬山登山を続けていたとき、この悩みを解決してくれる画期的なシステムを知人に教えてもらいました。

 

極寒地で採用される防寒システム「VBL」

突然ですが、皆さんは「VBL」という言葉をご存知でしょうか? アラスカなどの極寒地で採用されている防寒システムの略語で、正確には「Vapor Barrier Liner」と言います。これが、知人が教えてくれたシステムなのです。

では、どのようなものなのか。VBL製品を扱うラボラトリズムのオフィシャルサイトを見てみると「人間の皮膚は100%湿度が飽和して蒸れている状態では、それ以上汗をかくことがなく、かつそれがもっとも体温低下を抑えることになる」という理論にもとづき“湿気をあえて逃さずにムレる状態を作り出す”というシステムだそうです。

つまり、VBLを採用した靴下を使えば、湿気(汗)を外側に逃さないから靴下が表面まで濡れることはなくなり、さらに靴の内側が湿る心配もないということ。これは試してみたい! ということでさっそくインターネットで調べてみると、まさにこのシステムを採用した靴下を見つけました!

その履き心地は・・・とても不快

VBLを採用したその靴下の名は「アルパインクライマーソックス」。ザ・ノース・フェイスと著名なアルパインクライマーである馬目弘仁氏との共同開発によって誕生したアイテムです。

使われている素材は3.0mmのネオプレン。縫い目が指先に当たることがないように特殊な編み方で作られています。ネオプレンには透湿性がないので、靴下の内部が湿度100%の飽和状態になり、結果としてVBLとして機能するのです。

実際に履いてみた

さっそく購入して冬山で試してみたところ、まずはネオプレン素材の抜群の保温性を実感することができました。そして靴下は表面まで濡れなくなったので、その保温性が低下することはありません。さらに靴の中は常にドライな状態に保たれたのです。知人が教えてくれた通り、長年の悩みを一気に解決してくれました。

しかし、新たな悩みの種も・・・。履き心地がとても不快なのです。

たしかに保温性はあるのだが・・・

VBLは、湿度が100%飽和している状況下では汗をかくことがなくなるという理屈なのですが、実際には湿度が100%にならないためか汗をかき続けることになります。

そして、その汗が外に出ていかずに靴下の内側に溜まりムレるので、足はつねにグチョグチョの状態に。表地は乾いた状態なので、靴下の保温力は低下することなく足先が冷えることはないのですが、内側がムレムレで不快感は拭えません。

特殊なアイテムだから、万人にはおすすめできない

ラボラトリズム「VBLグローブ ver.2」

VBLを採用した製品は靴下だけでなく、手袋もあります。それが、山岳スキーヤーの故・新井裕己氏とダイヤゴム株式会社との協同開発により誕生したラボラトリズム「VBLグローブ」(ver.2が2011年に発売)。

これは、透湿性のないゴム製のインナーグローブの上に保温性のあるフリースの手袋、最後に-60℃でも硬化しない特殊なゴム製のオーバーグローブを装着するという、3枚1組で機能するアイテムです。

私はVBLの効果を体感しましたが、この個性の強いアイテムを登山用品店はどう紹介しているのでしょうか。アルパインクライマーソックスとラボラトリズム VBLグローブ ver.2、どちらも扱っている、さかいやスポーツ シューズ館 斎藤さんに話を聞いてみました。

斎藤さんは以前「くつした先生」としてVBLを紹介してくれたことも

「メリット・デメリットを理解したうえで使うことが前提なので、お店としては積極的におすすめしていません。使う人を選ぶ特殊なアイテムなので、実際に買う人は少ないですね」とのこと。たしかに、アルパインクライマーソックスを履いた感想からしても、万人におすすめできるアイテムとは言えません。

そんなニッチな商品だからか、アルパインクライマーソックスは2019年の春で製造が終了してしまいました。本当に残念です。今後の販売についてメーカーに問い合わせてみたところ「多くのアルパインクライマーから販売を再開してほしいという声が届いているので、製造再開を視野に入れて検討しています」とのこと。やはり私のように、求めている人はいるのです。

「濡れる靴下」問題は解決される、しかし

濡れないメリット、ムレるデメリット

そういった特性から、声を大にしておすすめできないVBL製品。しかし、興味を持っている人の声はインターネットでも見受けられ、ブログでVBLをシュラフに取り入れて実験をしているツワモノもいました。寝袋が湿気によって濡れてしまう悩みも、このVBLシステムなら防げるかもしれませんね。

しかし、ムレムレ状態になるデメリットは常につきまといます。ムレるデメリットに耐えて濡れないメリットを享受するか、いっそ濡れてしまうことを受け入れるか・・・。悩ましいところです。

 

教えてくれた人

吉澤 英晃(よしざわ ひであき)

群馬県で生まれ、大学探検部で登山を始めた山岳ライター。山岳会に所属して、沢登りから雪稜登攀まで一年を通して山を楽しんでいる。昨年末に奥只見丸山スキー場から稜線を辿り福島県檜枝岐村へ抜ける計画でアルパインクライマーソックスを使用。豪雪と雪崩に行く手を阻まれて敗退したが、長時間のラッセルでも足先が濡れて冷えることはまったくなかった。

斎藤 勇一(さかいやスポーツシューズ館)

アウトドア、ヤマの業界で25年超の経験を持つ長老的存在(笑)。
シューズ系の売り場に長く在籍し、さまざまな登山者の足元を見続けたせいで、その人の姿勢や歩き方から身体のクセなどを見抜くイヤらしいヤツ。
アウトドアスポーツ全般をこなすが、最近はイマドキ流行りの軽量装備で一人テント泊登山を楽しむ。

さかいやスポーツ

創業以来、約60年にわたり神田神保町で全国の登山家やアウトドアマンに愛されている登山用品店。ウェア、シューズ、ギアなど品目別の専門館を6店舗展開。ウェアや道具に詳しいスタッフが丁寧に解説してくれるので、ビギナーでも安心。

住所/東京都千代田区神田神保町2-48
TEL/03-3262-0432
営業時間/11:00~20:00
アクセス/神保町駅A4出口より徒歩6分、JR中央・総武線水道橋駅東口より徒歩8分

同じテーマの記事
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 2 -シーン別おすすめレイヤリング-
春から秋は、初心者でも登山にチャレンジしやすいシーズン。登山における服装選び方の基本として第1回目の「レイヤリングの重要性」に続き、挑む山の標高や滞在日数に応じたおすすめのレイヤリングを、さかいやスポーツ 高橋さんに聞いた。
登山初心者でも分かる! 服装選びの基本 1 -レイヤリングの重要性-
春は、はじめて登山に挑戦する人でも気軽に登りやすいシーズンだが、それなりのリスクがつきまとう。そこで今回は登山を始めるにあたって知っておきたい服装選びの基本について聞いた。
登山用アンダーウェアの選び方 3 -高機能メッシュアイテムとお手入れ方法-
アンダーウェアの中で新しいレイヤリングとして注目されているのがメッシュアンダーウェア。愛用者も増えているメッシュアイテムのことと、それを着用するときに特に気をつけたいお手入れについて聞いた。
「防災グッズ」としての登山用品 2 -非常時の食料・水対策を考える-
災害時に役に立つ登山用品や、登山用品を防災時に役立てるための知恵を紹介する。今回は「非常用持ち出し袋に入れておく食料・水対策」について、前回に引き続き、さかいやスポーツの斎藤さんに伺った。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年4月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
NEW 甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山
甲斐駒、赤岳、金峰山――山梨県北杜市の名山 南ア・甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳・赤岳、奥秩父・金峰山のほか、名山に囲まれた自然豊かな北杜市の、街と山の魅力を紹介!
NEW 連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!