このエントリーをはてなブックマークに追加

鋸山で絶景を楽しんだ後は「漁協直営食堂ばんや」で腹いっぱいの幸せを(千葉県鋸南町)

下山メシのよろこび
たしなみ 2019年04月24日

下山を始めると「おいしい魚料理を食べて帰りたい」とスイッチが入る。私の頭に思い浮かぶ店はひとつだけ――。ライター西野 淑子さんの「下山メシ」。16回目は房総半島・鋸山の帰りに寄りたい、保田漁港直営の「漁協直営食堂ばんや」をご紹介。

帰りは「おいしい魚料理を食べて帰りたい」スイッチが入る

鋸山の山頂付近にある「地獄のぞき」


今年の春先は、鋸山に何度か訪れた。海の絶景、迫力ある石切場の景観が魅力の、房総半島でも人気の山。天気に恵まれると、あちこちのビューポイントから真っ青な海や対岸の三浦半島などが一望に見渡せる。

下山を始めると「おいしい魚料理を食べて帰りたいな」とスイッチが入る。
魚料理が味わえる店は海岸線に沿って走る道沿いにも、フェリー乗り場近くにもたくさんあるが、私の頭に思い浮かぶ店はひとつだけ。

 

刺身盛り合わせや、海鮮丼・・・鮮度抜群! 内房の海の幸

南房総にある人気の食堂「ばんや」


保田漁港近くの「ばんや」は、家族との観光でもときどき訪れる店だ。
保田漁港直営の食事どころで、漁港で水揚げされた、鮮度抜群の内房の海の幸が味わえる。観光客にも人気の店なので、昼どきはたいがい混んでいる。店に入ってしばらく待つことも多い。とはいえ、登山の帰りなら一番忙しい時間帯ははずして入ることができるし、昼休みのない店なので安心だ。電車・バスを使うとJR内房線保田駅から歩いて15分ほど。若干遠いのだが、下山ルートの一部だと思っているので、実はあまり苦になっていないかもしれない。

鮮度抜群の刺身盛り合わせ


刺身盛り合わせや、寿司、海鮮丼、さらには焼魚、煮魚、フライ、かき揚げなどメニューも豊富。漁協直営店ならではのラインナップに、どれを頼もうかと迷ってしまう。

どれも食べたいから…といろいろオーダーしてしまうが、ここは十分注意が必要。
どのメニューもボリューム満点なのだ。名物のひとつであるイカのかき揚げがいい例で、1皿オーダーすると、大きな皿に直径10cm以上のかき揚げが4つも載ってくるのだ。初めてオーダーした人はたいがいその量に驚き、間違いではないかと伝票を見直し、間違いではないことに改めて驚く。

サイズ感が伝わらないかもしれないが、とにかく大きいのだ

 

美味しそうな煮魚や焼魚、次に来たときはあれをオーダーしよう

先日、久しぶりに訪れた。
南房総名物のアジフライはやっぱりはずせない。地魚の刺身も食べたい。お寿司もおいしいけど、今日の気分は海鮮丼だな。イカのかき揚げも食べたいけど食べきれるかな。

名物アジフライはサクサク、ジューシー


はじめに出てきたアジフライは揚げたてサクサク、身はふっくらとしてジューシー。アジの味わいをかみしめたいから、ソースは少なめ。刺身盛り合わせと地魚の海鮮丼・・・、ああ、旬でおすすめのものを選んでいるから、刺身の中身がほぼ同じだった・・・。まあいいや、おいしいから。そして出てきたイカのかき揚げ。ああもう絶対頼み過ぎた、食べ過ぎだ。でも薄めの衣で素材の味がしっかり感じられる。おいしいので箸が止まらない。余ったら持ち帰りにすればいいよと言いながら、結局全部食べてしまった。

刺身盛り合わせと海鮮丼の内容がかぶっていても、いいや。おいしいから


お腹いっぱい、もう何も入らない。今日も幸せだ、と思いながらお茶を飲んでいると、隣のテーブルに金目鯛姿煮の定食と、焼魚の定食が運ばれてきた。なんていい匂い。なんて美味しそうな煮魚。なんて大きな焼魚。・・・・・・そう、この店に来ると、他の人が食べている、自分が食べなかった料理がうらやましくて仕方ないと思うのだ。次に来たときはあれをオーダーしよう、食べようと思いながら、お店をあとにする。

今日のお店「漁協直営食堂ばんや本館」

漁協直営食堂ばんや本館
住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
電話:0470-55-4844
http://www.banya-grp.jp/

 

教えてくれた人

西野 淑子(登山ガイド・フリーライター)

初心者向け登山ガイドブックや山岳雑誌などで取材・執筆を行うフリーライターで、登山ガイドの資格を持つ。関東近郊を中心に低山歩きからアルパインクライミングまで楽しむオールラウンダー。気の会う仲間と山を歩き、下山後に美味しいものでお腹と心を満たすことに無上の喜びを感じている。

同じテーマの記事
山行後には、おいしいへぎそばと舞茸の天ぷらが待っている。越後湯沢周辺ご当地グルメ
関越トンネルを抜けると雄大な山景色で迎えてくれる越後湯沢周辺の山々。22回目の「下山メシのよろこび」は、谷川岳、苗場山、平標山などの山行の起点となる、越後湯沢周辺で味わえるご当地グルメを紹介する。
八ヶ岳山麓、美濃戸口にある「yatsugatake J&N」。シェフの手作り料理に、登山者向けの宿泊施設も
赤岳や阿弥陀岳、横岳といった南八ヶ岳の主要登山口となる美濃戸口。21回目の「下山メシのよろこび」は、美濃戸口バス停前にある入浴も、宿泊もできる素敵なレストランを紹介する。
自家製スイーツまで味わいたい。武蔵五日市駅で立ち寄った駅前カフェ「kitchen CANVAS」
三頭山や戸倉三山方面への登山口として利用できる五日市線終着の武蔵五日市駅。20回目の「下山メシのよろこび」は、その駅前にある一軒のカフェを紹介する。地元の人にも観光客にも愛される、居心地のよいお店だ。
B級ご当地グルメの祭典で優勝した逸品。甲府に下山するなら「甲府鳥もつ煮」をつまみに、山の話を
山梨の郷土料理として知られているのは「ほうとう」だが、もうひとつ見逃してはいけないご当地グルメが「甲府鳥もつ煮」。今回の「下山メシのよろこび」では、B級ご当地グルメの祭典で優勝したこともある、この逸品をご紹介。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!