このエントリーをはてなブックマークに追加

登れなかった北陸の3座を目指して! 田中陽希さん、静岡・愛知・岐阜、450km超のロード旅へ

田中陽希さん「日本3百名山ひと筆書き」旅先インタビュー
ガイド・記録 2019年05月16日

日本三百名山ひと筆書きに挑戦中の田中陽希さん、2月下旬に静岡県の愛鷹山を登ったあとは、東海道を西に! 静岡・愛知を越えて、昨夏に登れなかった北陸のヤブ山3座(野伏ヶ岳、猿ヶ馬場山、笈ヶ岳)を目指して歩いていた。
三百名山の山はないものの、そこは“陽希流”の味わい方で、焦らず、じっくり、一歩一歩進んでいく。

POINT
  • 江戸時代の旅人の気持ちで、東海道を西へ!
  • 各地で見つけた「日本一」は?
  • 北陸のヤブ山3座へ。半年ぶりに帰ってきた!

 

東海道を西へ! 静岡を進む!

北陸で残してきたヤブ山3座へ登るために、静岡横断に始まる約450kmの新たな旅が始まりました。

東海道に沿って西へ向かいます。ロードばかりではつまらないので、途中、静岡市では日本平(有度山)へ登りました。高速道路から見たことがあって、登ってみたかったところです。茶畑と富士山という景色にも惹かれたのでした。

3月3日には、THE NORTH FACE 静岡草薙店にて、緊急トークイベントを開催しました。

前日の昼に告知をスタートしたんですが、会場の定員70人に対して、72人の方にご参加いただきました。

旧東海道を、昔の人の気持ちで歩いて旅をすると、たいへんなことがあります。川の渡りです。

昔から東海道の難所として有名な大井川には「日本一長い木造の橋」蓬莱橋がありました。全長はなんと897.4m! ギネスブック登録もされている木造の大きな橋です。しかし、昨年の台風の影響のため工事中で、途中までしか歩けません。


仕方なく引き返したのですが、川を見ると浅いところがありそう、と判断。アドベンチャーレーサーの血が騒ぎ、大井川を渡渉しました。

今はダムがあって水量は調整されていますが、昔の人が「越すに越されぬ大井川」と呼んだ大井川を、身をもって体験することができました。

(アドベンチャーレーサーとしての経験があってのことです。普通の人は橋を渡りましょう)

とろろ汁の店、石畳。江戸時代の旅人のように、東海道を西へ進んだ


磐田市では、東海地区で初めての旅先交流会を開催しました。ずっとサポートして下っているテーピングブランド「ニューハレ」さんの協力で実現したものです。

平日の夜にも関わらず、愛知県など遠方からも参加いただき、250人もの方に会うことができました。

磐田市で行われた東海地区で初めての旅先交流会には250人ものファンが集まった


浜松市は、「日本一の餃子消費の街」を栃木県宇都宮市と争っている、とニュースで知っていたので、浜松では餃子を食べたいと思っていました。浜松の餃子は「揚げ焼き」です。ビールと餃子を頼む人が多いのですが、自分は禁酒中なので、餃子とごはんでいただきました。

もちろん浜名湖では、名物のうなぎの蒲焼を食べました。

各地の名物を食べるのも旅の醍醐味だ

 

三百名山はないが・・・愛知県でも山へ

3月9日には静岡県から愛知県に入りました。

中山道で何度か食べた五平餅、東海道でもクルミが入っているなど、地域ごとの味付けがあるようです。五平餅は、「ちょっと立ち寄って、さっと食べて小腹を満たし、また旅を続ける」という旅人に適した食べ物なんだ、と改めて感じました。

旅のサポートをしてくれている「SOTO」の新富士バーナーを人力表敬訪問


実は、愛知県は僕の母の故郷で、小さなときから何度も来ています。

愛知県は「三百名山が無い都道府県」のひとつ。三百名山の旅で通過する中では、山口、香川、千葉、愛知の4つの都道府県には三百名山がありません。ですが、山がないわけではないので、各県で必ずどこかには登ろうと思っていました。

豊田市の猿投山(さなげやま)は、地元の人に愛されている山で、毎日登る人もいるそうです。自分自身も4年前に、イベントで登ったことがありましたので、この三百名山の旅で、愛知県の山のひとつとして登ろうと考え、3月13日に登りました。

それから、この猿投山には、この旅で初めて、友人を誘って登ることにしました。にぎやかな登山になり、これもまたいい思い出になりました。

三百名山が無い都道府県でも一座は登る。愛知県の山でも達成した


3月14日には、愛知県から岐阜県へ入り、長良川沿いを北上していきました。

長良川には、アドベンチャーレースの大会や、ラフティングのイベント「ホワイトウォーターフェス」で、何度か来たことがあったのです。

ラフティングカンパニーのLAFTAさんで、SUPによるダウンリバー(川下り)を初体験。静水での経験があるSUPですが、川下りは初めてでした。最初は腰が引けて、何度も川に落ちましたが、なんとか様になりました。

アドベンチャーレース仲間、川仲間に会い、リフレッシュできました。

SUPによる川下りに初挑戦。仲間たちと記念写真


岐阜県郡上市美並町にある「日本まん真ん中センター」にも立ち寄ってみました。

日本を「人口バランス」で分けるとここが真ん中、ということだそうです。

「日本まん真ん中センター」で日本の真ん中に立つ


実は、「日本の真ん中」というのは、測り方によっていろいろあるようで、各地に「日本の真ん中」があるのです。

美濃出身といわれる江戸時代の僧侶・円空による「日本一大きな円空彫不動明王」
 

水の都・郡上八幡で訪れた郡上八幡城は「日本最古の木造再建城」
 

こんな名前の学校にも出会った「大中小学校」


そして、3月19日、ついに白鳥町石徹白地区に着きました。

白山に登る前に立ち寄った長瀧白山神社を再訪し、半年ぶりに戻ってきたことを実感しました。

美濃禅定道の入口、長滝白山神社。ついに戻ってきた!

 

北陸へ戻ってくるまでの半年を振り返って

元日に神奈川を出発して千葉を周り、北上して福島県の大滝根山へまで行って、そこから関東の山、伊豆の山を経て、東海道を歩き、北陸に戻ってきました。

当時を思い返すと、指を骨折したことでヤブの山を諦めると同時に、冬が迫る北アルプスを登りきれるのか、という不安も抱えていました。

12月初旬には免許の再交付で神奈川県に戻らなければならない…。

そんな心境の中でしたが、「ひとつひとつ登らないと進めない」と、意外とあっさり決断できたと記憶しています。その反面、「3月に戻ってくるなんて、本当にできるんだろうか?」とも考えていました。

今、3月下旬にここに戻ってきて振り返ると、正直な気持ちは、ホッとした、という感覚です。

天城山から沼津への途中で見つけたお寺の訓戒に心境が重なった


もう一つの感覚としては、百名山、二百名山の旅と違って、時間はかかっても、距離があってもいいので「ゆっくり行こうや」という心構えになっていること。

焦りとか、急がなきゃというのがなく、一日一日、歩みを止めなければ、進んでいけるもの、ということを真に実感できている、といったところでしょうか。

これで、3つのヤブの山に挑戦することができる。ここから再スタート、といったところでしょうか。

*****

1月1日にスタートした三百名山の旅の2年目は、3月20日までで2000km以上を歩き、いよいよ昨年夏に登れなかった3つのヤブの山、野伏ヶ岳、猿ヶ馬場山、笈ヶ岳にチャレンジした。

一日一日のエピソードは「日本3百名山ひと筆書きチャレンジ グレートトラバース3」の公式ウェブサイトの「日記」に詳しい。田中陽希さんのチャレンジを応援しよう!

 

取材日:2019年4月5日
写真提供:グレートトラバース事務局

関連リンク

人力10,000kmの山旅。日本3百名山ひと筆書きに挑戦中の田中陽希さんを応援しよう!
もっと知りたいという方は、ウェブサイトで。
グレートトラバース事務局ウェブサイト
http://www.greattraverse.com/

 

記録・ルポ
教えてくれた人

田中 陽希

1983年、埼玉県生まれ、北海道育ち。学生時代はクロスカントリースキー競技に取り組み、「全日本学生スキー選手権」などで入賞。2007年よりチームイーストウインドに所属する。陸上と海上を人力のみで進む「日本百名山ひと筆書き」「日本2百名山ひと筆書き」を達成。イーストウインドの次期キャプテンとして期待される。
2018年1月1日から「日本3百名山ひと筆書き グレートトラバース3」に挑戦中!

http://www.greattraverse.com/

同じテーマの記事
2月までに歩いた距離は約1600km!? 関東の山々をグルッと回り、伊豆半島へ/田中陽希さん・旅先インタビュー第12弾
日本三百名山ひと筆書きに挑戦中のプロ・アドベンチャーレーサー、田中陽希さん。2019年2月から3月までの約1ヶ月の旅を追う。
関東周辺の三百名山を登って、北陸戻るという長大な計画の中、2月上旬、次に目指していたのは二百名山の浅間隠山だ。
2019年の旅の始まりは自宅から。三百名山のない千葉県へ! 田中陽希さん旅先インタビュー第11弾
2018年元日に、屋久島から始まった田中陽希さんの「日本3百名山ひと筆書きチャレンジ」は2年目に突入! 1月1日に自宅からスタートし、三百名山のない千葉へ!? 田中陽希さんの人力旅に迫った。
岐阜から自宅へ。恵那山登頂後、関東へ! 田中陽希さんの「日本3百名山ひと筆書き」 旅先インタビュー第10弾
田中陽希さんの「3百名山ひと筆書きチャレンジ」は11月中旬に恵那山を登ったあとに関東へ向かう。丹沢・大山を登ったところで2018年の登山を終了して神奈川県にある自宅に帰ってきた。いったいなぜ? そしてこの先はどうなるのか・・・。
季節は一気に冬へ。ついに北アルプスの三百名山を踏破! 田中陽希さん 旅先インタビュー第9弾
「日本3百名山ひと筆書き」チャレンジに挑戦中の田中陽希さん、9月下旬からトライの北アルプス編、後半は穂高岳から槍ヶ岳、常念山脈の山々を歩く予定が降雪が迫っていた――。約40日に渡った北アルプスの後編を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...