このエントリーをはてなブックマークに追加

沙羅双樹の花の色は? 野生のサラノキが咲くネパール・ヒマラヤで満開のシャクナゲと共に楽しむ

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年05月15日

「沙羅双樹の花の色」という平家物語の冒頭の一節を、どこかで聞いたことがあるだろう。しかし、沙羅双樹はどんな木で、どんな花の色か知っているだろうか? 植物探検家の高橋修氏は、この3月~4月にネパール・ヒマラヤ山中に向かい、巨大なシャクナゲと共に、沙羅双樹の花の色を見に行ったのだった。

 

2019年の3月末~4月上旬、ネパールに巨木の花を2種撮影に行った。まずはトレッキングをし、ヒマラヤ山中でシャクナゲの巨木の巨大林を歩いた。その後ネパール南部のタライ平原に下り、野生のサラノキ純林でサラノキの一斉開花を見るという予定だ。

ヒマラヤはシャクナゲの宝庫である。日本よりも種類が多く、巨木になるものもある。最も大型になるアルボレウム・シャクナゲは高さ20mにもなる。

アルボレウム・シャクナゲは20m近い巨木になる


花も巨大である。下から見るのでは花を見ることができず、隣の山に登って、やっとシャクナゲの木の全貌を見る、そんな感じだ。ヒマラヤは山のスケールが大きいだけでなく、木のスケールも大きい。とにかくそれを見てみたい。

10年ぶりぐらいにもこのルートを歩いたが、ヒマラヤのトレッキングは快適だ。ロッジは清潔で、シャワーも浴びられる。ごはんもおいしいしゴミも減った。ネパール人は相変わらず優しく、ヒマラヤは今も美しかった。

トレッキング中に泊まった山村ガンドルンから


ただ、今年のヒマラヤは変な天気だった。4月初めというのに午後2時を過ぎると、毎日雹が降った。この雹がまた大きく、直径2cmもある。この雹に打たれて、シャクナゲの花は痛んで落ちていた。

アルボレウム・シャクナゲの花は大きい

毎日降ってきた大きな雹シャクナゲの花が混じる

昨年の秋に、知り合いにシャクナゲの花芽を撮影してもらい、花が咲くかどうかを事前調査し、今年は花の当たり年であると確認して今回の撮影旅行を計画してきたのだ。それにも関わらず、花が少なく残念であったが、自然相手の撮影だとこんなこともあるからあきらめる。

雹に打たれて落ちてしまったヒマラヤのシャクナゲ

 

サラノキが2本で沙羅双樹

次はサラノキだ。サラノキは平家物語で「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す」とうたわれた植物である。

沙羅双樹の花の色とは、仏教の伝承の故事からきている。日本では仏陀が入滅された時に、東西南北に生えていた2つずつのサラノキの花が落ち、木の皮も白く変わったという伝承による。これだと花の色は変わるわけではなかったのだが、本当のところはよくわからない。

ところで、実は沙羅双樹という木はなく、2本のサラノキなので沙羅双樹なのである。このようなことをはじめ、とにかくサラノキは日本では知られていない部分が多い。

日本からサラノキが生えているネパール、インドへは遠い。昔は正しい情報は伝わりにくかったため、できた誤解のひとつに、日本ではサラノキ(シャラノキ)がナツツバキだとされていることだ。サラノキはフタバガキ科、ナツツバキはツバキ科の植物で近縁ではない。花の形も色も、葉も、木肌も全く違う。サラノキについてよく知らなかった誰かが、イメージを膨らませて勝手にナツツバキをサラノキ(シャラノキ)と決めてしまったのだ。かわいそうなのはヒメシャラだ。ナツツバキに似ている近縁種というだけで、小さいサラノキ(シャラノキ)という意味のヒメシャラと名付けられてしまったのだ。

サラノキはネパール南部~インド北部に自生する。実は数年前の11月に一度サラノキの林に行ったことがある。この時は、花の時期ではなかったので、サラノキの巨木と深い緑の葉しか見ることができなかった。本物のサラノキは、どのようなものなのだろうか。野生状態のサラノキの花の色を知りたくなった。

野生のサラノキについて日本で調べたが、ほとんど情報がなかった。知られていないと知りたくなる。植物探検家でもある私は、サラノキの花を見てみたい思いがつのった。とにかく行ってみよう。

サラノキの林があるタライ平原は、ネパール第二の都市ポカラからバスで半日ちょっとかかる。ホテルに入ってから街に出て、ネイチャーガイドを探して、「サラノキの林を知っているか?」と聞く。「あそこと、あそこかなあ」と話をした、花にも詳しそうで真面目そうなガイドが見つかった。よいガイドを見つけるのは撮影を成功させるのに非常に大事だ。ガイドに翌日のジープチャーターとガイドを頼む。明日はうまくいくかなぁ。

翌朝、チャーターしたジープに乗って、サラノキの林に入っていく。初めて見たサラノキの花は、不思議な花だった。最初は本当に花と疑ったくらいである。花は淡い黄白色で、小さく、そして大量に集まって咲く。木全体を包む雲のようだった。5弁の花弁は先端のほうが細く、渦を巻いているようだ。花の量は非常に多く、ひとつの木に数万もの花が咲いていた。

これが“沙羅双樹の花の色”、サラノキの花


サラノキは花が咲く直前に葉を落とし、花の開花とともに葉を展開する。出たばかりの葉は、半透明。花と色が混じってより不思議な雰囲気になる。サラノキの花は、甘くよい香りがする。ひとつの木に咲く数万もの花、そしてサラノキは数万本ある。サラノキの林は甘い香りで満たされた。そして静かだった。

満開のサラノキの林。出たばかりの半透明の葉と花の色が混じり不思議な雰囲気となっていた

 

写真・映像 自然観察
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
「山歩きしながらの植物写真撮影」に向いた、オススメのカメラとレンズ
図鑑に載っている写真のように、植物を撮影するのは意外と難しい。うまく撮影するには、やはりカメラ機材にも気を使いたい。今回は、植物写真に向いたカメラについて説明する。
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
スマートフォンでも撮れる! 美しい植物写真を残すための3つのコツ
登山中に美しい花に出会い、撮影してみたものの、どうもうまく撮れない。そんな人のために、今回はスマートフォンのカメラで花を美しく撮るためのコツを伝授する。
奄美大島の「へんな植物」たち、ユワンツチトリモチ・ヘツカリンドウ
九州のはるか南方海上に浮かぶ奄美大島は、国内では手付かずの大自然が残る場所として知られる。そこに生きる植物たちを確認すると、常識を超える「へんな」ものがたくさん見ることができる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...