このエントリーをはてなブックマークに追加

事前の気象情報の確認の徹底と中止や撤退を含めた適切な判断を! 島崎三歩の「山岳通信」 第147号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年05月20日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年5月16日に配信された第147号では、ゴールデンウィーク中に起きた18件の遭難事例について言及。天候判断による遭難について言及し、適切な判断・準備の大切さについて呼びかけている。

 

5月16日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第147号では、4月27日~5月5日に起きた18件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 4月27日、浅間連峰前掛山で、46歳の男性が前掛山を登山中に道に迷い、滑落して行動不能となる山岳遭難が発生。浅間連峰地区山岳遭難防止対策協会救助隊員が男性を山小屋に収容した。

  • 4月28日、北アルプス槍ヶ岳で、55歳の男性が心肺停止の状態で別の登山者に発見され、県警ヘリで救助されたものの死亡が確認された。男性は槍沢を登山中に何らかの原因により行動不能になったと思われる。

  • 4月28日、北アルプス唐松岳で、57歳の男性が意識のない状態で別の登山者に発見され、県警ヘリで救助されたものの死亡が確認された。男性は八方尾根を登山中に何らかの原因により行動不能になったと思われる。

  • 4月28日、北アルプス涸沢で、52歳の男性がアズキ沢を登山中に雪崩に巻き込まれ、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 4月28日、中央アルプス空木岳で、49歳の男性が池山尾根を下山中に滑落して、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

中央アルプス空木岳周辺の遭難現場(長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)5月9日付)
 
  • 4月29日、北アルプス北穂高岳で、32歳の女性が北穂沢をシリセードで下山中に滑落し、アイゼンを引っ掛けて負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。

  • 4月30日、中央アルプス檜尾岳で、単独で空木岳を目指して入山した41歳の男性が、下山予定日を過ぎても帰宅しない届出が30日にあり捜索を開始し、5月2日に県警ヘリで救助された。男性は悪天候及び技量不足により行動不能となっていた。

  • 5月1日、上田市太郎山で、72歳の男性が登山中に足を滑らせて転倒、負傷する山岳遭難が発生。上田広域消防署員により救助された。

  • 5月1日、下高井郡山ノ内町魚野川で、4月28日から渓流釣りのために群馬県側野反湖付近から入山していた男性4人(45歳、29歳、33歳、29歳)が、下山予定日の4月30日になっても連絡がなく捜索開始。5月2日に県警ヘリで救助された。4人は道迷いのため行動不能となっていた。

  • 5月2日、北アルプス乗鞍岳で、54歳の男性が乗鞍岳付近を登山中にバランスを崩し滑落して負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 5月3日、北アルプス白馬岳で、54歳の男性が白馬岳主稜を登山中に滑落して負傷する山岳遭難が発生。翌3日に県警ヘリで救助された。また男性の同行者だった57歳の女性は、同行者が救助され不在となったため自らの技量では行動できずに救助要請し、同じヘリで救助された。

  • 5月3日、北アルプス蝶ヶ岳で、50歳の女性が登山中にくぼみに足をとられてバランスを崩して転倒し、負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。

北アルプス蝶ヶ岳での遭難現場(長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)5月9日付)
 
  • 5月3日、北アルプス奥穂高岳で、26歳の男性が奥穂高岳ジャンダルムを登山中に滑落して負傷し、行動不能となる山岳遭難が発生。男性は翌4日に県警ヘリで救助された。

  • 5月4日、北アルプス樅沢岳で、46歳の女性が何らかの原因で滑落する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助したものの死亡が確認された。

  • 5月4日、北アルプス槍ヶ岳の北鎌尾根で、33歳の女性が北鎌尾根を縦走中に滑落して負傷する山岳遭難が発生。女性は県警ヘリで救助された。

北アルプス槍ヶ岳・北鎌尾根の遭難現場(長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)5月9日付)
 
  • 5月4日、北アルプス槍ヶ岳で、43歳の男性が槍ヶ岳から下山中に疲労による体調不良のため行動不能となる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • バランスを崩して滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 5月5日、北アルプス蝶ヶ岳で、62歳の男性が蝶ヶ岳から下山中にバランスを崩して滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

■4月22日~4月29日

連休前半を中心に、6件の遭難が発生し、槍ヶ岳と唐松岳では2名の方が亡くなっています。亡くなられた2名の登山者はいずれも、低気圧の通過により悪天候となった27日に行動をしており、状況から悪天候の中、何らかの原因により行動不能となったものと推測されます。
事前の天気予報で「低気圧の通過」「前線の通過」「寒気の流入」「気圧の谷の通過」などの予報があった場合、春先の標高の高い山域は、行動ができないほどの荒天になります。事前に気象情報の確認を行い、状況によっては登山の中止や撤退を含めた適切な判断を心がけてください。

■4月30日~5月6日

大型連休後半は、12件の遭難が発生しました。態様別では行動中の滑落が6件と最多を占めています。北アルプスの槍穂高連峰や後立山連峰などを始めとする高山には谷筋を中心に雪が残ります。残雪の状況により登山道も変わるため、予定しているコース上に残雪が見込まれる場合は、事前に付近の山小屋などにコース状況を確認するとともに、アイゼン、ピッケルなどの装備品を携行してください。
また、標高の低い里山では山菜採りのシーズンとなりますが、入山する際は、家族に行き先を告げる、携帯電話を携行する、単独での入山は避けるなど、アクシデントに対する備えをしてから入山するようにしてください。

 

同じテーマの記事
自己の実力を冷静に見極め、インターネット上の情報は鵜呑みにしないこと 島崎三歩の「山岳通信」 第167号
長野県が山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第167号では、遭難が頻発している槍ヶ岳・北鎌尾根について言及。インターネット上の情報を鵜呑みにして無謀に踏み込むことのないよう注意喚起を行っている。
体調不良や疲労による遭難が増加傾向、十分な体調管理と準備を! 島崎三歩の「山岳通信」 第166号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第166号では、体調不良や疲労による山岳遭難が増えていることに注目。自身の体調について、山に入る前に今一度確認することを促している。
キノコ採りのシーズン到来、必要な5つの心がけ 島崎三歩の「山岳通信」 第165号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年9月27日に配信された第165号では、本格的なきのこ採りシーズンに入り、入山前・入山中の心がけについて説明している。
紅葉の見頃を迎える山域では冷え込みの厳しさに注意 島崎三歩の「山岳通信」 第164号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第164号では、秋の紅葉シーズンの山の環境について言及、冷え込みの厳しさや日没時間の早さに対する対策を促している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!