このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る

From 山と溪谷編集部
ガイド・記録 2019年06月05日

夏が近づき蒸し暑さを感じてくると、夏山登山に向けてそわそわしている人も多いのでは? 今回紹介するのは、北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しもう。

別山尾根から望む剱岳山頂(写真/編集部)

 

 

剱・立山連峰は、日本海からわずか30㎞の距離に位置し、富士山を除けば、立山は最も海に近い3000m峰だ。日本海からの季節風によってもたらされる年間約6000㎜の雨と雪は、プレート運動と火山活動によって隆起した山を削りながら深い谷を刻み、剱岳に代表されるような急峻な地形を生み出している。富山湾から望む険しいフォルムと、夏でも残雪を抱いた印象的な峰々は「岩と雪の殿堂」と呼ばれるにふさわしい。

西面の明るい富山平野とは対照的に、東面は黒部川が流れる黒部渓谷が存在する。山腹には、ツキノワグマやニホンカモシカ、イヌワシといった動物が暮らし、深く陰鬱な渓谷には原始の趣が漂う。変化に富んだ山岳景観と自然に出会えるのが「剱・立山連峰」だ。

そんな広大な山岳エリア、剱・立山連峰にはどんなルートがあり、どんな楽しみ方があるのか。今回は、山と溪谷6月号から3つの定番コースを紹介しよう。
 

豊かな自然を楽しむ―― アルペンルートコース(日帰り・初級)

弥陀ヶ原に点在する池塘(山と溪谷2019年6月号P48~49より)


弥陀ヶ原は、数十万年前からの幾度に渡る噴火の末、形成された広大なカルデラ台地である。年間6000㎜の降水量は、湿地を生み出し、弥陀ヶ原湿原に点在する3000個の池塘「ガキの田」は多くの植物と動物の生息地となっている。

池塘は季節によって発生と消失を繰り返すため、何度訪れても飽きることはない。さらには、天狗平と弥陀ヶ原を結ぶ一ノ谷道の途中には、弘法大師を祭った雄山神社の末社がある獅子ヶ鼻岩や役行者像など、立山信仰の歴史も感じることができる。

余力があったらバスを使って美女平やブナ平に行って巨樹や滝などの豊かな自然を味わうのもよい。

▶参考コースタイム
室堂から弥陀ヶ原へ…3時間
▶総距離
6.8㎞

⇒関連モデルコースを確認

 

信仰の歴史をたどる―― 立山三山コース(1泊2日・中級)

富士ノ折立方面から望む内蔵助カール(山と溪谷2019年6月号P42~43より)


浄土山、雄山、別山の三山を縦走するこのコースは、大展望の稜線歩きを満喫できる。室堂から立山三山への縦走ルートは、かつて「禅定道」と呼ばれる巡礼の道として使われた最後の部分でもある。コースの途中には、標高約3000mに位置する雄山神社や立山開山の舞台といわれている玉殿岩屋があり、信仰の歴史をたどることができる。

宿泊場所である内蔵助山荘の近くでは、2018年に氷河認定されたばかりの「内蔵助谷の氷河」も楽しめる。別山乗越から剱岳を眺たら雷鳥沢で下山。最後は雷鳥荘の温泉に浸かって疲労回復するのがオススメ。さらに余裕があるなら室堂でもう一泊して、高山植物探索や室堂小屋見学もしてみよう。

▶参考コースタイム
(1日目)室堂ターミナル~浄土山~雄山~真砂岳~内蔵助山荘(泊)・・・計4時間10分
(2日目)内蔵助山荘~別山~別山乗越~雷鳥平~室堂ターミナル・・・計4時間20分
▶総距離
13.4㎞

⇒関連モデルコースを確認

 

岩稜に挑む―― 剱岳・別山尾根コース(2泊3日・上級)

急峻な岩場が続く別山尾根(6月号P58~59より)


標高2999mの剱岳の登頂をめざし、別山尾根を登るコースである。剱岳の登頂コースとしては最もポピュラーだが、難易度は高い。特に剣山荘の先、一服剱からは傾斜が増し、不安定なガレ場、そして急峻な岩場が続く。

さらにはカニのたてばい(登り)やカニのよこばい(下り)など、高度感ある鎖場も非常にスリリングだ。日本有数の難度の高いコースのため、技術・体力を要する。充分な登山経験を積んでから挑もう。試練を越えたあとには何事にも代えがたい爽快感があるはず。

▶参考コースタイム
(1日目)室堂ターミナル~別山乗越~剣山荘・・・計3時間50分
(2日目)剣山荘~前剱~剱岳~前剱~剣山荘~剱澤小屋・・・計6時間40分
(3日目)剱澤小屋~別山乗越~室堂ターミナル・・・計3時間30分
▶総距離
15.9㎞

⇒関連モデルコースを確認


 
今回紹介したのは、山と溪谷2019年6月号の特集「剱岳と立山」のほんの一部だ。

本誌には今回紹介したコースのより詳しいガイドや、ほかのコース・バリエーションルートも紹介しているので、ぜひ目を通していろいろなコースを検討してほしい。

さらには、立山の信仰・歴史やアルペンルートの楽しみ方など、知っているとさらに楽しくなる情報も満載だ。付録は剱・立山登山マップが付いているのであなたの山行に役立つだろう。

 

日本の山
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年9月号の特集は「紙地図と電子地図」。登山地図に関わる最新事情を知り、登山をもっと楽しく、安全に。スマホのGPS機能+地図アプリの利用者が増えた今だからこそ、地図を読む目的と活用法を提案。

⇒ 山と溪谷最新号はこちら

同じテーマの記事
電子地図の時代だからこそ必要な地図を読み取る技術。道なき山を歩くプロの地図読み技術とは?!
山岳遭難で最も多いのが「道迷い」。地図を正確に読み、地形を理解しながら計画を立てたり、登山中に場所を把握したりする技術は、電子時代の今こそ大切なのではないだろうか?
大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ
長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?
今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条
一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...