このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻のミヤマキリシマの大群落! 6月初旬~中旬、九重連山の平治岳・大船山は鮮やかなピンク色に染まる

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月03日

5月下旬~中旬の九州の山はミヤマキリシマが美しい季節だ。ミヤマキリシマはツツジの一種で、火山活動が終息した山に咲き、阿蘇山、九重山、雲仙岳、霧島山で多く見られる。その中でも、くじゅう連山の平治岳や大船山は、とくにミヤマキリシマの群落が美しいことで知られる。

ミヤマキリシマで彩られた平治岳山頂付近(写真=松本高志)


くじゅう連山は大分県の南西部に位置し、九州本土最高峰の中岳をはじめ久住山や大船山など1700m級の山々が連なる九州の屋根で、阿蘇くじゅう国立公園の中核をなす山域です。

くじゅうでは毎年、6月の第一日曜日に「山開き(山頂祭)」が行われ、本格的な登山シーズンを迎えます。くじゅうと言えばこの時期はなんといっても初夏を彩るミヤマキリシマが有名でしょう。天然記念物に指定され、くじゅうの代名詞にもなっています。

6月初旬から中旬にかけて、山肌一面がミヤマキリシマの鮮やかなピンク色に染まる光景は素晴らしく、まさに天空の絶景で、ミヤマキリシマを目的に全国からも多くの登山者が訪れます。

平治岳南峰から三俣山、坊がつるを望む(写真=松本高志)


ミヤマキリシマはくじゅう連山のほぼ全域で見られ、標高の低いところから開花してきて、多くの登山ルートで楽しませてくれますが、中でも平治岳や大船山の大群落は圧巻で大変人気があります。今年もくじゅうのミヤマキリシマのシーズンがいよいよ到来です! 今年はどんな絶景を見せてくれるか楽しみです。

モデルコース:吉部登山口から平治岳・大船山を周回

モデルコース行程:
吉部登山口・・・林道ショ-トカット・・・大船林道・・・トラバース道・・・坊がつる避難小屋からの道へ合流・・・大戸越・・・平治岳往復・・・大戸越・・・北大船山・・・段原・・・大船山往復・・・段原・・・坊がつる・・・大船林道終点・・・暮雨の滝コース・・・吉部登山口(時間:約8時間)

⇒コースタイム付き地図で計画を立てる

 

標高を上げるにつれ美しさが増すミヤマキリシマ

今回は2017年6月9日(金)に吉部登山口を起点に平治岳、大船山を巡った時の様子を振り返りながらコースを紹介したいと思います。

このときは吉部登山口の駐車場(有料)からスタートしました。林道をショートカットする道から再び大船林道に合流し、大船林道の途中から、平治岳の山腹を巻くトラバース道を行き、坊がつる避難小屋からの道に合流して大戸越へ向かいました。

大戸越に着くと、ピンクに染まった平治岳が目の前にそびえ、その美しさに気分が高揚してきます。大戸越では多くの登山者が休憩をしその見事な光景を眺めてました。

大戸越からピンクに色づいた平治岳を望む(写真=松本高志)


大戸越から平治岳への登山道は一方通行となり、右側の登り専用道で登りますが、登山者が多いため列をなして登ります。ミヤマキリシマは見ごろを迎えていて、標高を上げるにつれ美しさが増してきました。平治岳南峰に到着すると、本峰へ続く山肌一面がピンクに染まり、その圧巻の光景にあちこちで歓声が上がっていました。

南峰から本峰への登山道は一本となり登山者の離合(すれ違い)に苦労します。本峰山頂周辺も多くの登山者で溢れかえっていました。

ピンクに染まった平治岳を楽しみながら休憩する多くの登山者(写真=松本高志)


この時期にしか見れない一面のミヤマキリシマのピンクのお花畑を堪能した後は大船山へ向かいました。下り専用道で大戸越へ下った後、反対側の登山道へ取り付きます。急な斜面を喘ぐように登ると、再びミヤマキリシマが迎えてくれました。北大船山を越え、段原まで見事なミヤマキリシマの群落が続き、その向こうに大船山の迫力ある山容がそびえます。平治岳に比べ標高が高いせいか、まだ蕾も多く少し早いようでした。

ミヤマキリシマの大群落越しに見る大船山と北大船山(写真=松本高志)


段原から大船山頂を往復した後、坊ガツルへ下り、林道終点から暮雨ノ滝ルートで吉部登山口へ戻りました。

両方の山を一日で回るのは距離が長く、時間と体力が必要です。シーズンの週末は多くの登山者で混雑し予想以上に時間がかかりますので早めの出発と行動をしましょう。

自信のない人やのんびり鑑賞したい人は、別の日に分けて登るか、法華院温泉山荘に宿泊したり、坊がつるに幕営して一泊二日で巡るのもオススメします。平治岳登山のみの場合は来た道を戻るか、大戸越から坊がつるを経由して戻るのもいいでしょう。

平治岳や大船山へはいろいろな登山口からルートがありますので、各人の時間・体力に合わせたコース選定・スケジュールで楽しまれてください。

※ミヤマキリシマの開花時期・見ごろはその年によって変動します。

 

日本の山 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

松本高志

1957年、福岡県生まれ。学生時代に屋久島縦走で山に魅せられ、以来、約40年、九州・中国地方の山を主体に四季を通じて山に親しむ。また、平尾台の鍾乳洞を中心にケイビング(洞窟探検)活動も行う。自然観察指導員、日本洞窟学会員、カマネコ探検隊所属。月刊『山と溪谷』への寄稿ほか精力的に活動中。

同じテーマの記事
スカイブルーに雪の鋭峰と雲海の絶景が待っている武尊山へ
スキー場のリフト利用ができてアクセスが良く、雪山初心者にも人気の武尊山。青空の下、雪の稜線を歩きました。
みかん畑、富士山&駿河湾の展望、旧東海道の町並み――、「静岡らしさ」がぎっしり詰まった浜石岳
今の時期は寒いだけではなく、日が短いので行動時間も少ない。雪の上を歩く可能性もある冬は登山はお休み、という人は少なくない。しかし、冬の時期でも、都内近郊でもポカポカとした陽気に包まれた山もある。静岡県にある浜石岳は、冬の時期こそオススメの山だ。
極寒・快晴の上高地を散策。大正池に一面のフロストフラワーに感動
夏場は人気の観光地として賑わう上高地も、冬は一転静かな雪原となり、神々しく雪をまとった穂高連峰を独り占めすることができます。
日本三大松原「虹ノ松原」を見下ろす大絶景! 佐賀県・鏡山
佐賀県・唐津市にある鏡山。悲恋伝説が残る山は、今では日本三大松原と唐津湾の絶景が愛され、四季を通してにぎやかな山です
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雪
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...