このエントリーをはてなブックマークに追加

圧巻のミヤマキリシマの大群落! 6月初旬~中旬、九重連山の平治岳・大船山は鮮やかなピンク色に染まる

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年06月03日

5月下旬~中旬の九州の山はミヤマキリシマが美しい季節だ。ミヤマキリシマはツツジの一種で、火山活動が終息した山に咲き、阿蘇山、九重山、雲仙岳、霧島山で多く見られる。その中でも、くじゅう連山の平治岳や大船山は、とくにミヤマキリシマの群落が美しいことで知られる。

ミヤマキリシマで彩られた平治岳山頂付近(写真=松本高志)


くじゅう連山は大分県の南西部に位置し、九州本土最高峰の中岳をはじめ久住山や大船山など1700m級の山々が連なる九州の屋根で、阿蘇くじゅう国立公園の中核をなす山域です。

くじゅうでは毎年、6月の第一日曜日に「山開き(山頂祭)」が行われ、本格的な登山シーズンを迎えます。くじゅうと言えばこの時期はなんといっても初夏を彩るミヤマキリシマが有名でしょう。天然記念物に指定され、くじゅうの代名詞にもなっています。

6月初旬から中旬にかけて、山肌一面がミヤマキリシマの鮮やかなピンク色に染まる光景は素晴らしく、まさに天空の絶景で、ミヤマキリシマを目的に全国からも多くの登山者が訪れます。

平治岳南峰から三俣山、坊がつるを望む(写真=松本高志)


ミヤマキリシマはくじゅう連山のほぼ全域で見られ、標高の低いところから開花してきて、多くの登山ルートで楽しませてくれますが、中でも平治岳や大船山の大群落は圧巻で大変人気があります。今年もくじゅうのミヤマキリシマのシーズンがいよいよ到来です! 今年はどんな絶景を見せてくれるか楽しみです。

モデルコース:吉部登山口から平治岳・大船山を周回

モデルコース行程:
吉部登山口・・・林道ショ-トカット・・・大船林道・・・トラバース道・・・坊がつる避難小屋からの道へ合流・・・大戸越・・・平治岳往復・・・大戸越・・・北大船山・・・段原・・・大船山往復・・・段原・・・坊がつる・・・大船林道終点・・・暮雨の滝コース・・・吉部登山口(時間:約8時間)

⇒コースタイム付き地図で計画を立てる

 

標高を上げるにつれ美しさが増すミヤマキリシマ

今回は2017年6月9日(金)に吉部登山口を起点に平治岳、大船山を巡った時の様子を振り返りながらコースを紹介したいと思います。

このときは吉部登山口の駐車場(有料)からスタートしました。林道をショートカットする道から再び大船林道に合流し、大船林道の途中から、平治岳の山腹を巻くトラバース道を行き、坊がつる避難小屋からの道に合流して大戸越へ向かいました。

大戸越に着くと、ピンクに染まった平治岳が目の前にそびえ、その美しさに気分が高揚してきます。大戸越では多くの登山者が休憩をしその見事な光景を眺めてました。

大戸越からピンクに色づいた平治岳を望む(写真=松本高志)


大戸越から平治岳への登山道は一方通行となり、右側の登り専用道で登りますが、登山者が多いため列をなして登ります。ミヤマキリシマは見ごろを迎えていて、標高を上げるにつれ美しさが増してきました。平治岳南峰に到着すると、本峰へ続く山肌一面がピンクに染まり、その圧巻の光景にあちこちで歓声が上がっていました。

南峰から本峰への登山道は一本となり登山者の離合(すれ違い)に苦労します。本峰山頂周辺も多くの登山者で溢れかえっていました。

ピンクに染まった平治岳を楽しみながら休憩する多くの登山者(写真=松本高志)


この時期にしか見れない一面のミヤマキリシマのピンクのお花畑を堪能した後は大船山へ向かいました。下り専用道で大戸越へ下った後、反対側の登山道へ取り付きます。急な斜面を喘ぐように登ると、再びミヤマキリシマが迎えてくれました。北大船山を越え、段原まで見事なミヤマキリシマの群落が続き、その向こうに大船山の迫力ある山容がそびえます。平治岳に比べ標高が高いせいか、まだ蕾も多く少し早いようでした。

ミヤマキリシマの大群落越しに見る大船山と北大船山(写真=松本高志)


段原から大船山頂を往復した後、坊ガツルへ下り、林道終点から暮雨ノ滝ルートで吉部登山口へ戻りました。

両方の山を一日で回るのは距離が長く、時間と体力が必要です。シーズンの週末は多くの登山者で混雑し予想以上に時間がかかりますので早めの出発と行動をしましょう。

自信のない人やのんびり鑑賞したい人は、別の日に分けて登るか、法華院温泉山荘に宿泊したり、坊がつるに幕営して一泊二日で巡るのもオススメします。平治岳登山のみの場合は来た道を戻るか、大戸越から坊がつるを経由して戻るのもいいでしょう。

平治岳や大船山へはいろいろな登山口からルートがありますので、各人の時間・体力に合わせたコース選定・スケジュールで楽しまれてください。

※ミヤマキリシマの開花時期・見ごろはその年によって変動します。

 

日本の山 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

松本高志

1957年、福岡県生まれ。学生時代に屋久島縦走で山に魅せられ、以来、約40年、九州・中国地方の山を主体に四季を通じて山に親しむ。また、平尾台の鍾乳洞を中心にケイビング(洞窟探検)活動も行う。自然観察指導員、日本洞窟学会員、カマネコ探検隊所属。月刊『山と溪谷』への寄稿ほか精力的に活動中。

同じテーマの記事
断崖に秘かに咲くウチョウランを求めて起伏の激しい岩稜を登行する 秩父・二子山
低山ながら、切り立った断崖、絶壁に富んだ山容を誇る二子山。下部には最難ともいわれるフリークライミングのエリアを持つことでも知られています。梅雨の短い晴れ間に、ウチョウランが咲くという岩稜へ撮影山行に向かいました。
梅雨の晴れ間を狙って、ちょうど残雪の消えた谷川岳へ。ロープウェイを使って夏山を満喫する
雪解けも進み、標高の高い山も本格的な登山シーズンへと突入する。日本随一の豪雪地帯として知られる越後山脈の盟主・谷川岳も残雪が消え、その下から高山植物が咲き出す。晴れ間を狙って、都心から日帰りで行くには丁度よい。
アジサイの名所を巡る鎌倉ハイキング。大仏コースで今年の状況をチェック
アジサイの名所は各地にあります。神社仏閣や名園、公園緑地などに多く、低山に接して、手軽で短いハイキングを楽しめるところも多数。梅雨の晴れ間にサクッと楽しめるコースが豊富なのもうれしいところです。定番の鎌倉・大仏コースを歩いてきたので、ご報告を。
梅雨時期は視点を変えて海岸線のウォーキングはいかが? 三浦半島・荒崎海岸で鎖場・岩礁歩きを満喫
天候が不安定な梅雨時期の登山は気が進まない人も多いだろう。こんなときは、視点を変えて海辺を歩いてみてはどうだろうか? 海を見ながら岩稜登山(気分)を楽しめる三浦半島・荒崎海岸を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!