このエントリーをはてなブックマークに追加

雷注意報が出たら山に行かないほうが良い? 登山中の恐ろしい雷雨。落雷被害に遭わない行動とは

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2019年06月10日
匿名希望さんからの質問!

質問:GW中、丹沢の鍋割山で、落雷が原因で登山者が亡くなる事故がありました。実は、同日、丹沢にいたのでショックを受けていると同時に怖くなってしまいました。 山での雷対策は、気象庁のホームページなどにも書いてあるので、ひととおり理解はしていますが、今回のケースでは、やはり木の下に雨宿りしたのが問題だったということでしょうか? それとも、雷注意報が出たら山に行かないほうが良いとなるのでしょうか? また、ご自身で落雷や、そういった経験がありましたら、ぜひ聞かせてほしいです。

 

恐ろしい落雷。夏だけのものではありません

耳を裂くような大音量の雷鳴、激しい降雨、時には雹が混じり周囲の様相も一変。山で雷、雷雨とであう恐ろしさは、凄まじいものがあります。このゴールデンウィークの鍋割山での雷事故は、気象遭難事故です。実は、僕の友人も同日同時刻に隣の塔ノ岳にいました。雷鳴と雹が降る事態に、山頂近くまで登っていたけれど逃げ帰ったのだと、話を聞きました。

雷は夏の自然現象と思いがちですが、大規模な上昇気流が発生しているときに、上空に寒気が入るなど一定の条件があると夏以外にも起こります。日本海側では厳冬期にも、しばしば雷はあります。5月でも冬の空気と夏の空気がぶつかり合う条件の下で、意外と雷による被害は発生しています。

 

避けたい状況や場所を知っておこう

さて、山で実際に雷に遭ってしまったときですが、残念ながら、決定的な対策方法はありません。実際には“高いものに落ちる”ケースが最も多いようです。ご質問では「木の下に雨宿りしたのが問題だったということでしょうか?」とのことですが、大木の真下で、その木に落雷した場合、仰角45度以内でその木から4m以内の範囲にいると、雷の影響を強く受けるというデータがありますが、今回事故のあった鍋割山の様に沢山の木が生えているところであれば、落雷する木を特定するのは難しいのではないでしょうか? 大草原に一本だけ生えた大木や、樹林の中でひときわ背の高い木がある場合は、わざわざ、その木の下に避難するのは危険だと思いますが、開けた場所に比べると、むしろ森の中は、落雷被害を受けにくい場所と考えた方が良いでしょう。

登山中に最も落雷被害に遭いやすい状況は、「自分が高い、むき出しの場所に居る」状態です。森林限界を越えた山頂や尾根の上にいる場合は、雷の気配を感じたら、より安全な場所にできるだけ早く移動する必要があります。差し迫った状況の場合、転落の可能性が無い限り、尾根筋から外れること、樹林の繁茂した場所まで降りることができれば、危険性は大きく下がるでしょう。最も安全なのは頑丈な建物の中、クルマの中などと言われますが、近くに山小屋があるときに雷に遭うとは限りません。

 

恐ろしい雷の破壊力

僕が最近で最も怖かった雷体験は、ゴールデンウィークの北アルプス中部で遭った長時間の雷です。稜線上で逃げようもなく、両サイドの雪壁も屹立していて尾根から外れることもできず、雷光と雪と雹が降る中、少しずつ標高を下げて樹林帯に逃げ込みました。急激に気温も下がり、雨具が鎧のように凍結して動きにくかったことを思い出します。

奥秩父・甲武信岳、甲武信小屋のご主人の山中さんは、ある初夏の雷雨の日に、厨房の窓から玉状の雷が山小屋の中を走り抜け、反対側に飛びだしていくのを体験したそうです。この時は、雷鳴も凄まじく、小屋番氏は何が起きたのか、最初は判らなかったそうです。パソコンや大型テレビなどの電化製品は全て破壊され、衛星電話も壊れて、外部との連絡は全くできなくなっていたそうです。やはり、雷の破壊力は凄まじい。

 

出会わない工夫が最も大きな雷対策

雷対策で最も大切なのは、当たり前のことですが、危険な場所で雷と遭遇しない工夫です。よく「いきなりガスに包まれて、雷が鳴りだした・・・」などの話を聞きますが、そんなケースはまず稀です。雷は、雷雲の発生の下で起こります。朝から、妙に谷間から吹き上げてくる風が強い。低山であれば、午前中から麓の里からの物音が間近に聞こえる。これらの現象は、その場所で強い上昇気流が起きている証拠です。その上空に冷たい空気が入れば大規模な積乱雲が一気に発生する可能性があります。

白く小さな積雲が、妙に上下に広がり大きく成長をはじめたり、近くで見える範囲のところで大きな積乱雲が発生したりしたら、その日の予定を調整します。早めに下山したり、予定を切り上げて手前の山小屋に宿泊先を変えたりすることも大切です。

「雷注意報がでていたら山に行かないほうが良いのでしょうか?」という質問についてですが、それが一番、落雷に遭わない確実な方法なのでしょうが、盛夏の高山では、ほぼ毎日「雷注意報」は出ます。僕は、ハナッから雷を避けるのではなく、山に入っても、周囲の状況を注意深く観察し「これは、来るな」と思ったら、前もって安全地帯に向かうことが大切に思います。

雷は、登山者の側から積極的な対策を講じることができない大きな自然現象です。出会わない工夫が最も大きな雷対策になるでしょう。

 

気象遭難について、もっと詳しく知りたい方は---

『ヤマケイ文庫 ドキュメント気象遭難』

著者:羽根田 治
発売日:2013.08.23発売
基準価格:本体800円+税

人気の高いドキュメント山岳遭難シリーズを文庫化。新旧の気象遭難事故から7件のケースを取り上げ検証する。

amazonで見る

 
教えてくれた人

山田 哲哉

1954年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。 著書に『奥多摩、山、谷、峠そして人』『縦走登山』(山と溪谷社)、『山は真剣勝負』(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
季節は梅雨真っ最中。ゆっくり山に復帰する登山者へ、奥秩父の山を勧めよう
都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和される方向という情報を受け、山岳ガイドの山田哲哉さんから「登山再開時に奥秩父の登山を提案したい!」と連絡をいただいた。では、ぜひ! ということで、山田さんの大好きな山域である奥秩父の魅力を紹介してもらった。
毎日15分+5km。山岳ガイド山田哲哉さんに聞く、登山自粛中に習慣にしたいトレーニング
新型コロナウィルス感染拡大防止のため自粛で登山に行けないだけではなく、通勤する回数も減って、いつも以上に運動不足の登山者も多いはずだ。そこで、山岳ガイドという仕事柄、体力を維持していなくてはいけない山田さんに普段からできるトレーニングについて伺った。
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...