このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちにできることは何か――。ドローンによる山岳遭難捜索デモで感じたこと

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
基礎知識 2019年06月17日

「どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか」。前回は忘れられないお叱りやアドバイスの言葉など、主に心の課題について書きましたが、第2回目の今回は、先日、房総半島(千葉県)で行われたドローンによる捜索デモから感じたことを綴ります。

 

「山ヤの矜持(きょうじ)を取り戻そう」。長年現場で活動され、多くの登山者を助けて来た、ある山岳救助隊OBの方が、講演会などでよく使われる言葉です。私もすごく心に響き、許可をいただいて使わせてもらっています。

「矜持=自信や誇り、プライド」。少し古い香りもしますが、「私たち自身が、事故を減らすためになにができるのだろうか」と想うとき、とても意味のある言葉だと感じるのです。

私たちを守ってくれる仕組みやシステムは日進月歩です。例えば、今やかなり以前からあったように感じてしまう携帯電話も、この普及がなければ迅速な救助要請は困難でした。

そのほか「行方不明者を探してくれる」「下山連絡がなければアラートを出してくれる」「いつどこを通過したのかがわかる」などなど。企業や行政の方々による新しい取り組みや研究、将来構想が、私たちの命を守ることに貢献してくれているのも確かです。

ややもすると「登山届を出したから、いつでも助けてもらえる」「機器を持ったからどこでも探してもらえる」といった公助に頼り過ぎてしまう気持ちにもなりがちですが、慎重な計画や行動、日ごろからの体力維持など、あわせて自分でできることはしておきたいという意味で、「矜持」という言葉を持ちだしました。

そんななか、この5月11日、「ドローンによる山岳遭難捜索デモ」に立ち会わせていただく機会がありました。山岳遭難対策制度を運営する日本山岳救助機構(jRO)の依頼により、株式会社テクノ・スクエアが行ったもので、場所は千葉県君津市と富津市の境にある高宕山(たかごやま・330m)でした。

千葉県・高宕山で行われたドローンによる山岳遭難捜索デモの様子


三機種のドローンを投入し、広いエリアでの 短時間捜索、赤外線カメラ捜索、スピーカーによる遭難者への呼びかけ、可視カメラ集中捜索などが次々と展開されました。

千葉県の山は標高は低いものの、地形的に迷いやすい箇所も多いのですが、2.5㎞の捜索範囲で、それぞれの捜索内容を速やかに実証できました。

上空を飛来するドローン。今後の山岳遭難の一助となるだろうか


私自身は山頂付近に設けられた仮の遭難地点で、ドローンの飛来と捜索の模様を見守りましたが、迅速かつ効率的な発見に驚くと同時に、スピーカーを搭載したドローンから聞こえてくる「⚪⚪さん聞こえますか~。聞こえたら手をふってくださ~い」という呼びかけに妙に心強さを感じました。最新の機器と「人の言葉」の温もりが融合した安心感なのかも知れませんね。

ドローンによる山岳遭難捜索デモに参加した皆さん
遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、AUTHENTIC JAPAN(ココヘリ)アドバイザー、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
自然環境のことも考え、「山を畏れ敬う」心が自分を謙虚にしてくれる
今回は山の自然環境のことも含めて、その恩恵に感謝することが、間接的にはリスク軽減につながるのではないかという視点から記します。
遠くに眺める山だからこそ、 さらに思いを募らせてくれることもある。
しばらく出かけない日々が続いています。しかし、そんな時だからこそ、山への思いは膨らむもの。今だからこそ、山のことを考えたい。山の本に触れるのもひとつだし、このコラムの趣旨からは、技術書や啓発書をじっくり読むのもいいかも知れません。今回は「山を眺める」という観点から、私自身が得られた気持ちを綴ってみます。
地域の山を、関係する人々が分かち合って守り育てる――、つくばトレイルガーディアンズの活動で気付いたこと
環境保全や登山道、道標のあり方を模索し、そうした目標を参加型で実現すべく活動を開始した「つくばトレイルガーディアンズ」の皆さんと一緒に山を歩くなかで、安全登山について気づいた点を記します。
遭難事故防止の講演会で気付いた、人から人へと直接伝わる言葉の力と、感動に伴う記憶の深さ
羽根田治さんによる講演を聞く機会がありました。本講演を通して「人から人へと直接伝わる言葉」の力や画像や映像を見ての感動を伴った記憶は、深く心に残り続けることを感じたのでした。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!