このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちにできることは何か――。ドローンによる山岳遭難捜索デモで感じたこと

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
基礎知識 2019年06月17日

「どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか」。前回は忘れられないお叱りやアドバイスの言葉など、主に心の課題について書きましたが、第2回目の今回は、先日、房総半島(千葉県)で行われたドローンによる捜索デモから感じたことを綴ります。

 

「山ヤの矜持(きょうじ)を取り戻そう」。長年現場で活動され、多くの登山者を助けて来た、ある山岳救助隊OBの方が、講演会などでよく使われる言葉です。私もすごく心に響き、許可をいただいて使わせてもらっています。

「矜持=自信や誇り、プライド」。少し古い香りもしますが、「私たち自身が、事故を減らすためになにができるのだろうか」と想うとき、とても意味のある言葉だと感じるのです。

私たちを守ってくれる仕組みやシステムは日進月歩です。例えば、今やかなり以前からあったように感じてしまう携帯電話も、この普及がなければ迅速な救助要請は困難でした。

そのほか「行方不明者を探してくれる」「下山連絡がなければアラートを出してくれる」「いつどこを通過したのかがわかる」などなど。企業や行政の方々による新しい取り組みや研究、将来構想が、私たちの命を守ることに貢献してくれているのも確かです。

ややもすると「登山届を出したから、いつでも助けてもらえる」「機器を持ったからどこでも探してもらえる」といった公助に頼り過ぎてしまう気持ちにもなりがちですが、慎重な計画や行動、日ごろからの体力維持など、あわせて自分でできることはしておきたいという意味で、「矜持」という言葉を持ちだしました。

そんななか、この5月11日、「ドローンによる山岳遭難捜索デモ」に立ち会わせていただく機会がありました。山岳遭難対策制度を運営する日本山岳救助機構(jRO)の依頼により、株式会社テクノ・スクエアが行ったもので、場所は千葉県君津市と富津市の境にある高宕山(たかごやま・330m)でした。

千葉県・高宕山で行われたドローンによる山岳遭難捜索デモの様子


三機種のドローンを投入し、広いエリアでの 短時間捜索、赤外線カメラ捜索、スピーカーによる遭難者への呼びかけ、可視カメラ集中捜索などが次々と展開されました。

千葉県の山は標高は低いものの、地形的に迷いやすい箇所も多いのですが、2.5㎞の捜索範囲で、それぞれの捜索内容を速やかに実証できました。

上空を飛来するドローン。今後の山岳遭難の一助となるだろうか


私自身は山頂付近に設けられた仮の遭難地点で、ドローンの飛来と捜索の模様を見守りましたが、迅速かつ効率的な発見に驚くと同時に、スピーカーを搭載したドローンから聞こえてくる「⚪⚪さん聞こえますか~。聞こえたら手をふってくださ~い」という呼びかけに妙に心強さを感じました。最新の機器と「人の言葉」の温もりが融合した安心感なのかも知れませんね。

ドローンによる山岳遭難捜索デモに参加した皆さん
遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
事故を忘れてはいけない――。北海道での安全登山シンポジウムで感じたこと
北海道山岳遭難防止対策協議会、北海道山岳連盟主催の「第11回安全登山シンポジウム」に参加する機会から、会合の中で感じたこと、その道中で眺める景色から思ったことを振り返りながら、山で事故に遭うリスクの軽減について考えてみた。
見知らぬ登山者から言われた強い言葉が、今も心の底からよみがえって聞こえてくる
「どうしたら事故に遭うリスクを軽減できるか」、さまざまな角度から安全登山を見てきた久保田賢次氏は、自身の反省、山で出会った危なげな人やエピソード、登山界の世相やトピックを題材に、遭難防止について呼びかける。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年7月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?