このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、足が上がらなくなってきたという人は必見! 筋トレの怖~い「落とし穴」

登山ボディをリセット&メンテナンス!
登山技術 2019年06月25日

本格的な登山シーズンを目前に、少しでも筋力を上げておきたい! と考えている人は多いでしょう。しかし、闇雲にトレーニングをしても逆効果になることがあります。筋トレの前に、準備すべきストレッチについて考えてみましょう。

 

登山歴40年以上のベテランAさん(70代・男性)は、65歳を過ぎた頃から登山中に太ももが上がらなくなったと感じるようになり、足首にアンクルウェイトという重りをつけて山を登るトレーニングを始めました。しかし、トレーニングを始めて1ヶ月もしないうちに腰痛になってしまい、山登りが出来なくなってしまったそうです。


なぜこのようなことになったのでしょうか?

テレビなどでは高齢者の転倒予防として、太ももを上げる筋肉のトレーニングが紹介されることも多いので、足が上がらなくなったときに、筋トレをすればよいと考えてしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし、それらの情報は主に運動していない人に向けて発信されています。また、アスリートがトレーナーの指導の下にアンクルウェイトを使うこともありますが、Aさんのように月に3~4回登山をしている一般の登山愛好家には必要のない筋トレだったといえるでしょう。

医学的な疾患がなく、登山中に太ももが上がらなくなったと感じたのであれば、

  • ①太ももを上げる筋肉が弱くて動きが悪い。

  • ②太ももを上げる筋肉を使い過ぎて動きが悪い。

  • ③お尻の筋肉が弱くて動きが悪い。

  • ④お尻の筋肉を使い過ぎて動きが悪い。

という4つ可能性が考えられます。

運動経験の少ない人であれば①+③が原因と考えられるため、筋トレを行う選択肢もありますが、Aさんのようにベテラン登山者であれば、②+④であったと想像ができます。

太ももを上げる筋肉のひとつである大腰筋は、腰椎(ようつい)から骨盤を通って大腿骨につながっています。アンクルウェイトを使った筋トレによって過度に大腰筋がこわばってしまった結果、腰椎に無理な負担がかかり、腰痛を引き起こしたのだと考えられます。

自分の体力の低下を感じた時には、運動不足やトレーニング不足と考えがちですが、実際にはオーバーワークだったというケースはたくさんあります。

まずはしっかりと休養を取ったあとに、以下のストレッチをして筋肉を緩めていきましょう。

 

太ももを上げる筋肉のストレッチ

  • ①両足を前後に開いて立ち、後ろの足の膝をさらに引いて膝をつきます。

  • ②身体をまっすぐにしたままおしりを前に出します。

  • ③赤い部分の深部が伸びていることを意識し、30秒くらい伸ばします(左右行う)。

 

おしりの筋肉のストレッチ

  • ①背中が丸まらないようにまっすぐ立ったまま、片膝を両手で抱きかかえます。

  • ②膝を引き寄せ、赤い部分が伸びていることを意識しながら、30秒くらい伸ばします(左右行う)。

これからのストレッチをお風呂上がりに行なうことで、Aさんの腰痛は改善され、登山を再開できるようになりました。

無理なトレーニングは、体を壊すこともあります。いくつになっても現役で安全な登山を続けるために、登山ボディをリセット&メンテナンスしていきましょう。

 

トレーニング ボディケア
教えてくれた人

いきいき登山ガイド・ヤッホー!!さん

本名:芳須勲。横浜市金沢区在住。管理栄養士・健康運動指導士・登山ガイドの資格を持ち、中高年登山者の健康づくりを、栄養と運動の両面からサポート。
山ごはん・アウトドア料理を得意とし、災害時における野外炊飯法などの講習会も各地で行なっている。
著書:山登ABC「登山ボディのつくり方」(山と溪谷社)、山登りABC「もっと登れる山の食料計画」(山と溪谷社)など。
⇒ホームページ

同じテーマの記事
街なかで見かける「脚を組む」習慣。登山には良くないサインかも!?
脚を組んで椅子に座ることが、もし登山に悪影響になっているとしたら・・・。心当たりのある人は、今すぐ、簡単に解消する方法があります。早速、始めてみてはいかがでしょうか?
登山中にフォームを崩さず歩ける持久力をつける、「プランク」にチャレンジ
長時間の運動となる登山には、持久力は不可欠だ。「持久力」とひとくちに言っても、さまざまな持久力がある。今回は、フォームを崩さず歩ける持久力をつけるために、「プランク」というエクササイズを紹介する。
バランスディスク&ランジ&踏み台昇降で、登山に必要な体幹・足首・バランス能力を強化しよう
本格的な登山シーズンを控え、少し身体を鍛えなければ・・・、と思っているなら、今回紹介するエクササイズは効果的だ。筋力に加え、バランス能力も強化でき、不整地を歩くために必要な効果が得られるからだ。
バランス感覚の強化はオイシイこといっぱい。登山中の転倒の予防だけではなく、筋肉や関節への負荷を軽減
長い時間、不整地で歩き続ける必要がある登山では、バランス感覚は大切な要素となる。そのバランス感覚を高めるために、「バランスディスク」を使ってエクササイズしてみよう!
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2020年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?