このエントリーをはてなブックマークに追加

“休日の島”と呼ばれるオーストラリア・タスマニア島。最深部を貫くオーバーランド・トラックを縦断

世界の山旅・絶景への誘い
ガイド・記録 2019年07月25日

オーストラリアの南に浮かぶタスマニア島は、「タスマニア原生地域」として世界遺産に指定されている。広大な大自然が手付かずのまま残された島の、最深部を貫くオーバーランド・トラック、その魅力をダイジェストで紹介する。

オーストラリア・タスマニア島のオーバーランド・トラックの爽快なトレイルを行く


オーストラリア大陸の南方の海に浮かぶタスマニア島は、赤道をはさんで北海道とほぼ同じ緯度にあります。オーストラリア大陸に住む人々から、休日を過ごす憧れの場所として“ホリディアイル(休日の島)”と呼ばれています。

インディゴブルーの海に囲まれた島の面積は、北海道の80%ほどで、その約40%が国立公園や自然保護区に指定されています。ゆったりと流れる「島時間」のなかで、地場産のグルメとお酒を楽しみながら、山・海・森・花・動物といった豊かな自然を満喫できる場所です。

 

太古の地球の姿がそのまま保存された大自然のトレッキング

手付かずの大自然が残るタスマニア島には、充実のロングトレイルが満喫できる「オーバーランド・トラック」が整備されています。全長65kmにも及ぶ本コースは、タスマニア島の中心部に位置するクレイドルマウンテン・レイクセントクレア国立公園を北から南へ縦断するもので、日帰りハイキングでは訪れることのできないタスマニア原生地域の最深部を思う存分堪能できるトレイルです。

奇峰バーンブラフを望みながらのトレッキング


オーバーランド・トラックは通常、65kmを6日間で縦断しますが、本トレイルの最大の魅力となるのは「歩いてこそたどり着けるピュアな自然の姿を体感できる」ことに尽きます。

以下で紹介しているオーバーランド・トラックは、ガイドが同行するプログラム内容で、よりタスマニアの自然を堪能できる内容です。紹介している山小屋についても、個人でトレイルを歩く場合には利用ができない場所で、ガイドがご飯をつくり、貸し切りのロッジでくつろぐことができます。一般のトレッカーは、別のパブリックな簡素な山小屋を利用します。

ガイドが同行するプログラムでは、隠れ家のようなたたずまいの、清潔で快適な山小屋が利用できる


また、ガイドが同行するフルパッケージのツアーでは、有袋類を頂点とするタスマニア独特の生態系についての解説を聞きながら歩けるのも大きな特徴となります。ちなみに、このガイドを聞くと聞かないでは、タスマニアの面白さが全く違ってくると、個人的には思っています。せっかくタスマニアを訪れるなら、ガイドが同行するフルパッケージを利用したいものです。

タスマニア島に生息する、かわいらしいウォンバット。独特の自然や生態系をガイドから教われば、さらにタスマニア島は楽しめる

 

湿原、岩稜、原生林――、全6日間のトレイル

それでは、オーバーランド・トラックの行程と魅力をダイジェストお伝えしましょう。まずはトレッキングの前半3日間は、標高900m~1,000mに広がる高層湿原の上を進みます。氷河の浸食によって形成された荒々しい山容を眺めながら、整備された木道を歩きます。足元に広がるボタングラスの草原も圧巻です。

トレッキングの前半は冷温帯雨林や高層湿原の中を進んでいく
 

ウォンバットの食草のボタングラスが生い茂る草原地帯はトレッキング前半部に楽しめる


そして後半に差し掛かるトレッキング4日目は、天候などの条件が許せば、タスマニア最高峰のMt.オッサ(1,617m)の登頂を目指します。樹林帯を抜け、柱状節理が露出した岩稜帯を登ると、360度の大展望が広がります。

5日目から6日目にかけては、まさにタスマニア原生地域の最深部となるトレイルを歩きます。貴重な原生林は太古の姿をそのまま現代に残し、野生動物たちも活発に活動しています。タスマニアの自然の豊かさを感じることができます。

トレッキング4日目はタスマニア島最高峰のMt.オッサに登る
 

トレッキング終盤は世界遺産でもタスマニア原生地域に進む。雄大な景観が広がる

 

ロッジは貸し切り、ガイドがシェフに!

フルパッケージツアーのオーバーランド・トラックの最大の特徴はプライベートハット(民間の山小屋)のシステムです。一般的な公共の山小屋の場合、トレイルを歩いている他のトレッカー達と一緒に宿泊をしますが、プライベートハットでは前述したように完全貸し切りの山小屋を利用します。

メイントレイルから外れ、小道を10分ほど歩くと、プライベートハットが現れます。メイントレイルからは全く見えない秘密の場所にあり、シンプルで機能的な造りが魅力の隠れ家です。

メイントレイルから隠れるように、森の中にたたずむロッジ。中は清潔で快適だ


客室は個室(2人部屋)が6つ、最大12名のゲストを迎えられる設計となっています。寝袋は各客室に備わってるので日本から持参する必要はありません。各自で運ぶインナーシーツを敷いて利用することになります。山小屋はシンプルな作りながらも雰囲気の良いダイニングや温水シャワー、乾燥室があり、リラックスして過ごすことができます。

山小屋からは、こんな美しい夕陽が望める。夜も星空や夜行性動物が楽しい


また夜は、夜行性動物がロッジの周りを闊歩し、晴れていれば満点の星空も期待できます。朝夕の食事は2名同行する現地ガイドが手料理をふるまってくれます。一日の疲れと一日の始まりをサポートする態勢は万全です。

なお、ランチについては毎朝用意される食材から、好きなものを選んで各自で作ることになります。

 

豊かな自然が育むタスマニアの美食文化を堪能しよう

タスマニア島のもうひとつの魅力が、豊かな自然によって育まれた食文化です。四方を海に囲まれているため、牡蠣、ロブスター、サーモンなどの新鮮なシーフードはもちろんのこと、近年日本でも話題となっている“タスマニアン・ビーフ”や特産のチーズも有名です。また、タスマニア島はワインの一大産地としても知られ、まさに「食の宝庫」といえる場所なのです。

トレッキングの後には、州都・ホバートで、毎週土曜に開催される青空市場「サラマンカ・マーケット」に行くことをオススメします。地元産のワインやハチミツなど、タスマニア島の美食を堪能しましょう。

★タスマニア島 オーバーランド・トラック 10日間

大地の大きさ、そして自然の尊さを感じながら歩くことのできるオーバーランド・トラックは個性的な魅力に溢れたロングトレイルです。皆様もぜひ一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

オーバーランド・トラックの象徴クレイドルマウンテンを正面にみながらのトレッキング
教えてくれた人

小林 博史

アルパインツアーサービス株式会社/本社営業部。同志社大学山岳部出身。学生時代にはヒマラヤ8,000m峰の登頂経験を持ち、未踏峰の頂きも目指した根っからの山男。持ち前の語学力を活かし、ジョン・ミューア・トレイルをはじめとした世界各地のロングトレイルや、キリマンジャロ登山、スイスやカナダのハイキングまで、年間100日以上、ツアーリーダーとして「世界の山旅」を案内している。
〝鉄道オタク〟の一面もあり、日本中のあらゆる路線を制覇することも夢のひとつ。

アルパインツアーサービス株式会社

マッターホルン北壁の日本人初登攀を成し遂げた芳野満彦(アルパインツアー元会長)が、1969年に日本で初めてヨーロッパ・アルプスへのハイキング・ツアーを実施して以来、約半世紀にわたり、世界中の山岳辺境地の山旅を企画、実施してきた。「トレッキング」という言葉を日本に定着させた、世界の山旅のパイオニア的存在。

⇒アルパインツアーサービス

同じテーマの記事
ヨルダン・トレイルを歩こう! アラビアのロレンスに想いを馳せ、死海に浮かぶ注目のトレイル
「ヨルダン」と聞いて、どんなことを思い浮かべるだろうか? ヨルダンには多くの自然遺産と歴史遺産を残す、世界中のトレッカーが注目するヨルダン・トレイルが存在するのをご存じ?
ラグビーロスなあなたへ――、ラグビー強豪3ヶ国の魅力的な山に行ってみよう!
ラグビーが盛んな国々は南半球に多いが、日本が冬に季節となる時期がトレッキングのベストシーズン。「ラグビーロス」となっている人は、現地でのラグビー観戦&トレッキングを楽しんでみてはいかがだろうか。
寒い日本を離れて、もっと寒い極北の大地カナダ・ユーコン準州で自然の神秘、オーロラに出会おう!
一生に一度は見ておきたい絶景に、皆さんは何を挙げますか? 上位に挙がるものの1つが「オーロラ」。自然の神秘・オーロラは、いつ・どこに行けば良いのか? 山好きの人にオススメなのが、カナダ・ユーコン準州です。
エベレストを見に行こう! ヒマラヤの山々を眺めながら歩くエベレスト街道に流れる時間
世界最高峰の山エベレストに登るのは簡単ではないが、その頂を眺めることは難しくはない。展望台のシャンボチェへは日本から帰路も含めて10日ほど。そこには素晴らしい絶景と、何か懐かしさを憶えるネパール独特の時間が待っている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。