このエントリーをはてなブックマークに追加

事故を忘れてはいけない――。北海道での安全登山シンポジウムで感じたこと

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
たしなみ 基礎知識 2019年07月09日

北海道山岳遭難防止対策協議会、北海道山岳連盟主催の「第11回安全登山シンポジウム」に参加する機会から、会合の中で感じたこと、その道中で眺める景色から思ったことを振り返りながら、山で事故に遭うリスクの軽減について考えてみた。

 

平成21年(2009年)に北海道のトムラウシ山で10名の登山者が亡くなられた痛ましい遭難事故から10年になるのを前に、去る5月30日、札幌市内で第11回安全登山シンポジウムが開かれました。

シンポジウムは札幌駅近くのエルプラザのホールを会場に18時に開会。まずは北海道山岳遭難防止対策協議会と北海道山岳連盟の会長を務める小野倫夫さんの挨拶から始まりましたが、「この惨事を忘れることなく、登山の正しい知識と情報を多くの皆さんと共有できる機会として開催意義は大きい」との言葉が心に沁みました。

会場の皆さんと、三人の登壇者とのデイスカッション


続いて北海道警察地域部地域企画課の西村和隆さんが、「北海道における山岳遭難の実態」をレポート。山菜採りでの道迷い遭難や、バックカントリーでの事故が多いなど、北海道で起こってしまう事故の特徴も、改めて勉強になりました。

次にAUTHENTIC JAPAN代表の久我一総さんが、山岳遭難予防の新しいツールとして注目されている「ココヘリの今」を講演し、新しい試みがご参加の皆さんの注目を集め、最後に私が「山岳メディアでの経験からみる山の事故対策と環境保全」と題して、お話させていただく機会をいただきました。

シンポジウムは夕方からだったので、朝早い飛行機で千歳に向かいました。飛び立った飛行機の窓からは東京湾の景色に続き、千葉や茨城の大地の様子も鮮明に見えています。私の生まれ故郷の筑波山やその周辺の山々も、背後の霞ケ浦の煌めきとともに鮮やかに見てとれます。自分が暮らした集落の家々の屋根までも見えそうな鮮明さです。「そうか、幼い頃、家の縁側に寝転がって眺めた飛行機は、この航路だったのか」などと、懐かしく思い出しました。

平野のなかの里山的な景観から、しばらく時間が経つと那須、安達太良、吾妻・・・と、より山岳らしい眺めへと変わります。故郷への思いは、やがて自分の山仲間への思慕へと変わっていきました。講演で「どうして私が遭難事故を減らしたいと強く思うようになったのか」をお話するために、山仲間の事故のことなどもまじえてスライドを作っていたからかも知れません。

那須の雪山に逝った友は、強風を避けるように沢の中に横たわっていました。山を教えてくれた先輩が沈んでいた吾妻連峰の沢筋も見えてきました。ザックはすぐ発見できたのですが、本人はなかなか見つからず、自衛隊のアクアラング隊の方々が潜水して、遺体を引きあげてくれたのです――。私にとってこの航路は、いつも空からの慰霊の旅となります。

上空からの眺めは、私にとって慰霊の旅の始まりでもある


話がそれましたが、北海道でこのシンポジウムが長く続いている背景には、「トムラウシの教訓を風化させてはいけない」という、関係者の皆さんの強いお気持ちもあると思います。広い北海道。協議会や山岳連盟を構成し、こうした催しの開催に尽力なさっている方々のお住まいも道内各地にわたり、会合や準備に集まるだけでも、さぞ大変かと思います。

しかし、「事故を忘れてはいけない、忘れないように」と、長年に渡って継続されている。また、地域づくり団体活動支援事業として、広く一般の方々の参加も呼び掛けて行われている点も、とても貴重なことだと感じました。

1泊2日の札幌行。帰途は厚い雲に阻まれて、山々を眺めることはできませんでしたが、この白い雲の下で逝った先輩や友人のこと、そして「過去の遭難の教訓を忘れてはならないこと」などを、しみじみと考えていました。

危機管理
教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、AUTHENTIC JAPAN(ココヘリ)アドバイザー、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
自然環境のことも考え、「山を畏れ敬う」心が自分を謙虚にしてくれる
今回は山の自然環境のことも含めて、その恩恵に感謝することが、間接的にはリスク軽減につながるのではないかという視点から記します。
遠くに眺める山だからこそ、 さらに思いを募らせてくれることもある。
しばらく出かけない日々が続いています。しかし、そんな時だからこそ、山への思いは膨らむもの。今だからこそ、山のことを考えたい。山の本に触れるのもひとつだし、このコラムの趣旨からは、技術書や啓発書をじっくり読むのもいいかも知れません。今回は「山を眺める」という観点から、私自身が得られた気持ちを綴ってみます。
地域の山を、関係する人々が分かち合って守り育てる――、つくばトレイルガーディアンズの活動で気付いたこと
環境保全や登山道、道標のあり方を模索し、そうした目標を参加型で実現すべく活動を開始した「つくばトレイルガーディアンズ」の皆さんと一緒に山を歩くなかで、安全登山について気づいた点を記します。
遭難事故防止の講演会で気付いた、人から人へと直接伝わる言葉の力と、感動に伴う記憶の深さ
羽根田治さんによる講演を聞く機会がありました。本講演を通して「人から人へと直接伝わる言葉」の力や画像や映像を見ての感動を伴った記憶は、深く心に残り続けることを感じたのでした。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました