このエントリーをはてなブックマークに追加

北アルプス・五色ヶ原――。急峻な鬼岳雪渓、ザラ峠を越えて標高2500mの天空の花園へ

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年07月18日

北アルプス北部、立山~薬師岳の縦走路に本格的な夏山シーズンが訪れる7月下旬。まだ残雪が残り手強い場所もあるが、その縁には色とりどりの高山植物が咲き乱れる。立山室堂の喧騒を抜けて五色ヶ原へと向かえば、そこはベストシーズンの迎えた天空の花園が待っている。

お花畑の真ん中を五色ヶ原山荘へつづく木道を進む(写真=奥谷晶)


7月、梅雨が明けると、北アルプスは本格的な登山シーズンを迎えます。しかし、日本海に近い側にある北アルプスは雪が深いため、7月になっても残雪が登山道を覆っている箇所が多く残っています。

その残雪が融解が進み地面が見えてくる7月下旬頃、いよいよベストの時期となります。北アルプス・立山連峰、立山から薬師岳へ至る険しい道の途上にあるオアシスのような池塘と草原の溶岩台地――、色とりどりの高山植物が咲き乱れる標高2500mの天空の花園、それが五色ヶ原です。雪解けと同時にいろいろな花の最盛期を迎えるこの時期は逃せません。

鬼岳東面周辺からの五色ヶ原。薬師岳をバックに広がる溶岩台地が五色ヶ原だ。五色ヶ原山荘もしっかり見えている(写真=奥谷晶)


登山者で賑わう立山室堂から、雄山方面と分かれて静かな浄土山から龍王岳方面へ。この登りが最初の難関となるでしょう。例年遅くまで残る鬼岳東面の雪渓が待ち受け、軽アイゼンは必須となります。小屋のスタッフの方によって雪切りがされていることも多いですが、雪の状態は天候次第。雪の上を歩く距離もあるのでアイゼンを用意して、使用したほうが楽で早く歩けるでしょう。

そんな美しさと厳しさが同居する、五色ヶ原へのコースを紹介します。

モデルコース:立山室堂~五色ヶ原

コース行程:
【1日目】室堂ターミナル・・・浄土岳北峰・・南峰・・・ザラ峠・・・五色ヶ原山荘(泊)/約5時間
【2日目】五色ヶ原山荘・・・ザラ峠・・・浄土岳南峰・・・北峰・・・室堂ターミナル/約5時間

サブコース/薬師岳を越えて折立へ下山:
【2日目】五色ヶ原山荘・・・越中沢岳・・・スゴ乗越小屋(泊)/約5時間40分
【3日目】スゴ乗越小屋・・・間山・・・北薬師岳・・・薬師岳・・・薬師岳山荘・・・薬師峠・・・太郎平小屋(泊)/約6時間40分
【4日目】太郎平小屋・・・三角点・・・折立/約3時間

⇒五色ヶ原周辺のコースタイム付き登山地図

 

急傾斜の雪渓を越えて、お花畑と名峰たちが待つ五色ヶ原へ

2018年7月25日、出発する時点で室堂の気温はすでに23℃。この日は下界では猛暑日が予想されていましたが、山の上でも暑さを感じながらのスタートでした。

この炎天下のもと、まずはチングルマの咲く浄土山への登りで、たっぷり汗をかきました。さらに足を進めて龍王岳を巻いて鬼岳東面に出ると、目指す薬師岳とその前面にある台地状の五色ヶ原を一望に収めることができます。

浄土岳への登りでは、登山道脇にチングルマが咲き誇る。背後の立山連峰の先には剱岳が顔を出す(写真=奥谷晶)


しかしその前に、眼前に大きく広がる大きなザラ峠越えのギャップを通過しなければなりません。コバイケイソウの群落を横目に鬼岳・獅子岳へと目指します。この年は鬼岳東面には雪渓が大きく2か所残っていましたが、急傾斜の箇所には階段状のステップが刻まれていて、慎重にいけばアイゼンなしでも通過できるでしょう。ただ、せっかくアイゼンは持ってきているので、迷っている時間があれば、さっさと装着してサクサクと雪渓を横断したほうが時間的にも早いし、体力も使わないでしょう。

鬼岳東面には遅くまで雪渓が残る。雪渓の斜面は急で長いので、無理をせずにアイゼンを付けたほうが早く確実だ(写真=奥谷晶)


ザラ峠からはその名の通り、ザレた斜面を登り返しますが、この日は風がなく暑かったこともあって、地味に体力を使いました。

そして、ようやく目指す五色ヶ原へ出ると、一転してお花畑の中をなだらかな木道が現れます。ハクサンコザクラの群落がやさしく迎えてくれるなか、五色ヶ原山荘へと急ぎます。時間があれば荷物を置いて山荘の周辺を散策するのもよいでしょう。

五色ヶ原の手前からハクサンコザクラの大群落が帯状に連なる見事な情景を堪能できる(写真=奥谷晶)


この年は花の開花が早く、チングルマの大群落も大半が綿毛になっていました。期待していたクロユリも五色ヶ原のすぐ手前に咲いていたのを見逃したようで、見つけることができなかったのは残念でした。

しかし圧巻は、溶岩台地の先に広がる北アルプスの名峰たちの絶景です。爺ヶ岳、赤沢岳、スバリ岳、針ノ木岳、餓鬼岳、烏帽子岳、燕岳、野口五郎岳、槍ヶ岳、赤牛岳、薬師岳とずらりと並ぶのは壮観の一言につきます。夕照を浴びて刻々と群青色に染まる空へと溶け込んでいく山々を見ながら様々な思いをはせる至高のひとときです。

夕照に映える赤牛岳。北アルプスの壮大な夕景(写真=奥谷晶)
 

朝焼けの空にくっきりと針ノ木岳のシルエットが浮かぶ(写真=奥谷晶)


五色ヶ原から先は、室堂へピストンで戻るのが初中級者向きですが、健脚で時間もあれば薬師岳へと縦走することをオススメです。私は3泊4日の行程で、室堂から五色ヶ原、スゴ乗越へと進み、薬師岳を越えて太郎平から折立へと下山しました。

五色ヶ原から先は途中にエスケープルートはなく、厳しい道になります。また、五色ヶ原~黒部ダムへの登山道もかなりの難路です。登山道は浮石や乾いた砂が乗っていて非常に滑りやすく、急峻な痩せ尾根を一歩一歩慎重に下る緊張した時間は、心身ともに消耗させられます。特に越中沢岳からスゴ乗越への400mあまりの大下りは手ごわい道です。

しかし、スゴ乗越小屋から薬師岳は、雄大な薬師岳の金作谷カール越しに、槍ヶ岳をはじめとする北アルプスの山々の遠望が楽しめ、高山植物の群落も楽しむことができるでしょう。

 

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
標高年と北海道命名150年のW記念年の緑岳(松浦岳)、真っ赤な絨毯の紅葉にナキウサギが走る
日本で最も早く山が紅葉で色づく大雪山。その主峰の旭岳の南東に位置する緑岳は今年は標高年(2019)の山として知られるが、もうひとつ記念年でもあるという。9月下旬はナキウサギが見られる確率も高まるという山に、ぜひ訪れたい。
湯の丸高原から湯ノ丸山・烏帽子岳へ――、花と蝶の舞う高原で清涼な初秋の山を味わう
9月初旬――、夏山にはもう遅く、秋の紅葉にはまだ早い。そんな端境期は、少しゆったりした山旅はいかがだろうか? 長野と群馬の県境に広がる湯の丸高原周辺は秋の花に彩られ、また高山蝶が花を求めて舞う。
白馬岳を蓮華温泉から往復。マイカー登山で混雑を避け、下山後は露天風呂を堪能する
夏山シーズン中、北アルプスの人気の山は混み合う。白馬岳に登るなら、大雪渓やロープウェイからのコースが人気だが、マイカー利用なら蓮華温泉からのルートは少し混雑を避けることができる。下山後の温泉入浴も楽しめるオススメなルートだ。
1.5kmも続く滑床を歩く大雪山・クワウンナイ川遡行。季節限定の癒しと奔流の沢と水を堪能する
沢登り経験者なら、短い北海道の夏を「クワウンナイ川遡行」で楽しんでみてはいかがだろうか? もちろん十分な経験と装備が必要な場所だが、ハーネスなしでもトライでき、約1.5kmも続く滑床を歩ける「癒しと奔流の沢」として知られる場所だ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...