このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道の原風景が広がる十勝連峰・原始ヶ原へ――、花の百名山・富良野岳から縦走

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年07月12日

「原始ヶ原」、そんな魅力的な名前の場所が、十勝連峰・富良野岳の南麓に広がる。北海道の雄大な山々に抱かれた標高1000m付近に広がる高層湿原は、まさに「手付かずの自然」という場所で、その名の通り原始的な風景が広がっていて木道さえ整備されていない。そんな魅力的な場所を、富良野岳から縦走して楽しむことができる。

エゾツツジの向こう、眼下に広がるのが原始ヶ原(写真=谷水亨)


花の百名山である富良野岳周辺は、夏は花の種類も数も多い時期です。その富良野岳を楽しむルートは十勝岳温泉から入山するのが一般的ですが、今回はさらに先へと足を進めて、富良野岳山頂から原始ヶ原へと下るコースを紹介したいと思います。

本ルートは草木帯・砂礫帯・高山帯・高層湿原帯の高山植物が一同に見られるコースですが、富良野岳山頂から原始ヶ原に下る登山者は少なく、静かで落ち着いた登山が楽しめます。

エゾツツジと富良野岳(写真=谷水亨)


原始ヶ原は、「北海道」と命名したことで知られる探検家・松浦武四郎が、幕末・1853年の第6回目の北海道内陸探検(最後の探検)の際に、和人(アイヌ以外の日本人)として初めて訪れたと記録されている場所です。松浦は美瑛川沿いの前富良野岳付近から原始ヶ原を通って十勝へと足を踏み入れたとされ、「十勝日誌」に書き綴った内容によると、その先で野宿をして熊を捕獲して食べたと記録されています。それを記念する標柱がひっそりと立っている歴史上の場所でもあるのが原始ヶ原です。

原始ヶ原から振り返り、富良野岳を眺める(写真=谷水亨)


今回のコースは縦走となるので、下山後の交通機関を用意する必要があります。また長丁場となりますが、1日でさまざまな楽しみが待っているオススメのコースです。

モデルコース:十勝岳温泉登山口~上富良野岳~富良野岳~原始ヶ原

行程:
十勝岳温泉・・・上ホロ分岐・・・上富良野岳・・・三峰山・・・縦走路分岐・・・富良野岳・・・原始ヶ原・・・原始ヶ原登山口(約9時間30分)

⇒コースタイム付きの地図で確認

 

壮観な富良野岳稜線から手付かずの自然が残る原始ヶ原へ

花の百名山である富良野岳に花を求めて、友人と本コースに入ったのは2015年6月22日でした。縦走登山ということで、まずは市道布礼別ー上富良野線から林道に分け入り十勝連峰最南端の登山口となる原始ヶ原登山口に、車を1台デポします。その後、上富良野町から十勝岳温泉に車を走らせ、登山口よりいよいよ出発です。

今回の十勝岳温泉登山口~上富良野岳~三峰山~富良野岳~原始ヶ原登山口とめぐるコースの所要時間は一般的には9時間50分のコースと長丁場です。

エゾツツジの群生の先に十勝連峰が広がる壮観な風景(写真=谷水亨)


登山口から安政火口までは、ウコンウツギやウラシマツツジなどの低木の花、その下にひっそりと咲くエゾイチゲやミツバオウレンなどが我々を楽しませてくれます。

富良野岳方面からの登山道と合流する上ホロ分岐は、まだ残雪の中。雪上の足跡は富良野岳方面に強く残っているので、上ホロ方面へ向かう登山者は間違えないようルート確認が必要です。一方、上富良野岳から富良野岳までの稜線上は残雪もなく軽快で、多数の高山植物を楽しめました。

三峰山から富良野岳までの縦走路には多種多様な花が咲いている(写真=谷水亨)


しかし富良野岳から原始ヶ原までの砂礫地は、残雪、湿地帯が現れ、登山道は不明瞭な箇所も出てきます。そのため赤布を見逃さないように気をつける必要があるでしょう。原始ヶ原を過ぎて樹林帯に入ると布部川沿いへと下りますが、途中に幾つもの滝を巡るコースもあります(2019年7月現在は通行止め)。

手付かずの自然がそのまま残る、原始ヶ原を歩く(写真=谷水亨)


気になる花の情報ですが、このときは上富良野~富良野岳分岐まではキバナシャクナゲとイワウメ、ジムカデが頑張って群生をなしていました。1~2週間もすれば、エゾノツガザクラ、コメバツガザクラ、アオノツガザクラ、アカモノ、ハクサンチドリ、ウスラバハクサンチドリ、チングルマ、エゾツツジ、キバナノコマノツメ、エゾヒメクワガタ、コケモモなども見られることでしょう。

ハイオトギリの群生が斜面を彩る。その先に広がっているのが原始ヶ原だ(写真=谷水亨)


富良野岳周辺はエゾノハクサンイチゲ、エゾツツジ、亜高山型ショウジョウバカマなどが群生をなしていました。この後も1~2週間ほど咲き乱れ、加えてコマクサ、アズマギク様々な花が咲き誇るでしょう。頂上より原始が原下山コースは砂礫地にミヤマキンバイやイワブクロが群生をなして蕾を持っていました。

原始ヶ原に咲いていた、さまざまな色のショウジョウバカマ(写真=谷水亨)


高層湿原地帯はチングルマ、水芭蕉、ワタスゲ、ヒメシャクナゲ、湿地型ショウジョウバカマが咲き始めていました。同じ山域で紫色の亜高山型とピンク色の湿原型のショウジョウバカマが見られるのは珍しい場所です。

花の見頃は7月初旬~下旬となるので、今回訪れた時期より後でも、さまざまな高山植物を楽しめるでしょう。

日本の山 記録・ルポ ガイド
教えてくれた人

谷水 亨

北海道富良野市生まれの富良野育ち。サラリーマン生活の傍ら、登山ガイド・海外添乗員・列車運転士等の資格を持つ異色の登山家。

子育てが終わった頃から休暇の大半を利用して春夏秋冬を問わず北海道の山々を年間50座ほど登って楽しんでいる。

最近は、近場の日高山脈を楽しむ他、大雪山国立公園パークボランティアに所属し公園内の自然保護活動にも活動の範囲を広げている。

Youtubeでも北海道の山々の魅力を動画で配信中。Youtubeチャンネル

同じテーマの記事
男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山
栃木県と福島県の県境、男鹿山塊とよばれる山域は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。この山々の中で数少ない登山道がついているのが日留賀岳。豊かな自然が残る山で、深まる秋を楽しんでみよう。
頸城山塊・雨飾山 色づき始めた荒菅沢奥壁の紅葉と岩峰を楽しむ
妙高山、火打山が連なる頸城(くびき)山塊の西端にそびえる雨飾山。荒菅沢奥壁の岩壁「布団菱」を彩る紅葉が素晴らしい。
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...