このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れの白馬三山~不帰ノ嶮、高山植物が最も美しい7月に人気ルートを堪能しよう

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年07月16日

白馬大雪渓を登りつめ、白馬岳から不帰ノ嶮を進んで唐松岳へと縦走するルートは、美しい山稜と険しい岩稜を進む登山者の憧れのルートとして知られ、登山愛好者なら一度は経験したいルートだ。夏の間ならいつでもベストシーズンだが、せっかくなら一番山が美しい7月中旬頃に行ってみてはどうだろうか?

お花畑が広がる白馬岳の斜面(写真=増村 多賀司)


毎年、7月の海の日の頃になると、北アルプスの山々は賑わいを見せてきます。白馬岳周辺にも、まだ点在する残雪を踏みしめながら、多くの登山者が訪れるようになってきます。

この時期の白馬岳は、高山植物たちが最も咲き誇る時期です。その中でも、とくに注目したいのが白馬周辺と八ヶ岳だけに咲くウルップソウです。7月中旬あたりが盛りで、白馬岳から杓子岳、白馬鑓ヶ岳と南へと足を進めて天狗の頭あたりまでの登山道沿いに多く見られます。

夏はいつでも楽しいコースだが7月の中旬の美しさは随一(写真=増村 多賀司)


今回紹介するルートは、北アルプスの人気ルート――、白馬大雪渓を登り、白馬三山を縦走しながら高山植物を楽しみ、後半は不帰キレットを縦走するルートです。通常2泊3日で歩くコースですが、現在は天狗山荘での宿泊がテント利用者以外はできないため、白馬岳から唐松岳は一挙に歩く必要があります。コースの核心部となる不帰ノ嶮はスリルがあり難易度も高いですが、手がかり足がかりはしっかりしていて安心です。

岩稜歩きに加えて、7月中は花の稜線が楽しめる本コースを、ぜひお楽しむください。

モデルコース:白馬三山縦走~不帰ノ嶮~唐松岳

コース行程:
【1日目】猿倉・・・白馬尻・・・葱平・・・村営頂上宿舎・・・白馬山荘・・・白馬岳・・・旭岳往復・・・白馬山荘(宿泊)/約6時間30分
【2日目】白馬山荘・・・村営頂上宿舎・・・杓子岳分岐・・・鑓ヶ岳・・・鑓温泉分岐・・・天狗平・・・不帰キレット・・・唐松岳・・・唐松岳頂上山荘(宿泊)/約6時間30分
【3日目】唐松岳頂上山荘・・・丸山・・・第三ケルン・・・八方池山荘(宿泊)/約2時間30分

⇒コースタイム付き地図はこちら

 

高山植物、ライチョウ、星空――、夏山の魅力に包まれた1日

連休が始まる2018年07月14日――、朝4時に猿倉に着くと駐車場は既に満車に近く、好天が約束された連休の初日であることを実感しました。

明るくなってから猿倉を出発すると、白馬尻付近には早速キヌガサソウやサンカヨウが朝日を受けて美しく輝いていました。大雪渓への取り付き地点の残雪を確認すると、この年の残雪は例年並みでしょうか、上部の秋道はまだ出ておらず岩小屋跡も雪の下でした。なお、大雪渓は爽快ですが、時々落石もあるので常に上部には注意が必要です。

大雪渓を過ぎて急な夏道に出ると、ミヤマキンポウゲやシナノキンバイなどの花に癒されます。続く小雪渓は丁寧に雪切りされていて歩きやすいですが、「アイゼン必着」との表示があるとおり、しっかりアイゼンを付けて通過します。

大雪渓を登りつめるのも本コースの魅力だ。落石には常に注意が必要(写真=増村 多賀司)


稜線直下のお花畑は見頃を迎えています。ハイマツの下には、キヌガサソウやサンカヨウ、ショウジョウバカマなどの春の花、草原にはハクサンイチゲやシナノキンバイ、ウルップソウ、ミヤマオダマキなどが咲き誇っています。

その脇では、雄の雷鳥が砂浴びしている様子も見られました。付近のハイマツの下では雛の声があちこちから聞こえています。

白馬岳山頂付近もお花畑が見頃となっています。ツクモグサは終わっていましたが、まだ数株見られました。白馬山荘の裏手にはコマクサの群落もあり、まだまだ楽しませてくれそうでした。

白馬岳山頂直下から白馬杓子岳、白馬鑓ヶ岳を眺める(写真=増村 多賀司)


山頂からの展望は申し分なく、能登半島や佐渡島がはっきり見えました。この日は時間があったので旭岳方面に散策に出かけました。広大な雪田を横切った先にはシナノキンバイ、クロユリ、ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲのお花畑が広がっています。そして西側から見る白馬三山は、いつもと違って新鮮な眺めで壮観でした。

また、この日の夜の星空も素晴らしく、白馬三山の上には夏の天の川がはっきりと見えました。さらに、眼下には富山の夜景が美しく輝いていました。

頭上には天の川が横たわり、眼下には白馬、安曇野の夜景が美しく輝く(写真=増村 多賀司)

 

いよいよ本コースの核心部・不帰ノ嶮へ――

この日の行動は長丁場なので、午前4時に白馬岳山荘を出発し、白馬杓子岳でちょうど日の出を迎えました。杓子岳は信州側が絶壁になっていて、杓子沢のカールまで切れ落ちています。その先――、眼下には雲海が広がっていて、早朝の景色を堪能します。

杓子岳を後に岩屑の斜面を下って白馬鑓ヶ岳へ取り付くと、登山道の脇にはウルップソウやミヤマオダマキが沢山咲いていて見事で、ウルップソウはこの先天狗ノ頭付近まで続いていました。白馬岳ではウルップソウは終わっていましたが天狗山荘周辺の残雪の近いため、まだ見頃の株がたくさんあり、チングルマとの共演が素晴らしかったです。

登山道脇のお花畑には、コマクサ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロ、ウルップソウ、ミヤマオダマキ、クロユリなどの花が咲き誇る(写真=増村 多賀司)


白馬鑓ヶ岳を過ぎると鑓温泉へと下山するルートと分岐します。この年は鑓温泉へのルートが雪の状態が不安定だったために7月15日から閉鎖されていました。この時期に鑓温泉小屋に行く場合は、最新情報を入手する必要があります。鑓温泉小屋の営業開始は7月下旬(この年は7月26日)で、2019年は8月3日からの予定とのことです。また、天狗山荘は2017年の積雪による被害で、2019年現在では宿泊は出来ずテン泊トと売店のみの利用となっています。

白馬鑓ヶ岳から天狗山荘方面を眺める。なだらかに続く稜線が美しい(写真=増村 多賀司)


天狗山荘から先は、いよいよ本コースの核心部へと進みます。天狗山荘の少し先にはコマクサの群落があり見頃を迎えていて、花を楽しみながら進みます。天狗ノ頭まではなだらかな稜線散歩ですが、その先の天狗の大下りから一気に不帰キレットに落ち込んでいます。

白馬鑓ヶ岳から杓子岳、白馬岳を振り返る(写真=増村 多賀司)


不帰Ⅱ峰北峰への登りがこのルートの核心で鎖場が連続して緊張しますが、手がかり足がかりがあるので落ち着いて行動すれば問題ありません。ただし、唐松方面から来る人とすれ違う場合は安全な場所で待つ必要があることはご注意ください。

信州側を巻く部分は風もなく暑いですが、不帰Ⅱ峰北峰に飛び出ると再び富山側からの涼風が吹いてホッとします。ここから先Ⅱ峰南峰、Ⅲ峰までは特に難しい所もないので休憩を入れたいところです。

ハイライトの不帰ノ嶮へ。落ち着いて行動しよう(写真=増村 多賀司)


Ⅲ峰は富山側を巻いて通過、気がつくと人が沢山いる唐松岳が近くに見えています。唐松岳の山頂から、今まで歩いてきた方向を振り返ると達成感が得られるでしょう。

急に人が多くなった登山道に戸惑いながらも唐松岳頂上山荘には昼に着きました。ここは目の前に堂々とした五竜岳が見えるのが印象的です。時間的には余裕がありましたが山荘に宿泊し、翌朝はゆっくり八方尾根を下山する事にしました。

なお、現在は山荘からの下山は尾根コースに変更されています。また、八方尾根も上部からずっと花が続いていて飽きません。

 

教えてくれた人

増村 多賀司

長野県北安曇郡在住、山岳写真家、長野県自然保護レンジャー。数々の山岳写真と撮影する傍ら、グリーンシーズンは北アルプスを中心にトングとゴミ袋を持って山を歩き、雑誌などへの寄稿も多数。
⇒Facebook

同じテーマの記事
富士山、南アルプス、駿河湾、伊豆半島――。大パノラマが広がる焼津アルプス・満観峰
静岡県の太平洋に面した山は、冬でも温暖で冬枯れの季節でも山歩きは心地が良い。焼津市の背後に連なる、通称・焼津アルプスの稜線に立つと、富士山や南アルプス、そして駿河湾の展望が気持ちよく、また東海道の歴史を感じながら歩くことができる。
都心から約1時間、最古の一等三角点・鳶尾山。かつての山伏修行の修験場・八菅山。そして水田が広がる尾山耕地へ
遠出しにくい社会環境の中でも、心身の健康を維持するためにも、山歩きを楽しみたいもの。遠くの「いい山」を目指さなくても、少し足を伸ばすだけで、素晴らしい自然や景色を堪能できるもの。その1つに神奈川県の鳶尾山(とびおさん)がある。
富士山、南アルプス、大井川――。駅から歩いて、静岡県らしい雰囲気と展望と味わえる八高山。
空気が澄んでいて、素晴らしい眺望を楽しめる時期。静岡県の八高山は、標高は低めながら、富士山や南アルプスの眺望、眼下に流れる大井川、遠く遠州灘を望める。お茶の木に囲まれた登山道を歩いて、静岡県ならではの展望を味わってみたい。
栃木県那須塩原スッカン沢で青みがかった氷瀑群のみごとな氷の造形を楽しむ
無雪期には新緑や紅葉が美しいスッカン沢。厳冬期には美しい氷瀑が連なる雪と氷の回廊となります。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...