このエントリーをはてなブックマークに追加

北アルプスの各山域に夏山常駐パトロール隊を設置! 島崎三歩の「山岳通信」 第154号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年07月17日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年7月16日に配信された第154号では、2件の遭難事例に加え、夏山常駐パトロール隊の設置のお知らせについて掲載。いよいよ本格的な夏山シーズンに入ろうとしている今、パトロール隊の活動訓練の様子も紹介している。

 

7月16日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第154号では、7月4日~6日に起きた2件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 7月4日、北アルプス白馬岳で、32歳の男性および女性が2人で白馬岳に向けて登山中に、道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。2人は翌5日に県警ヘリで救助された。

  • 7月6日、下高井郡木島平村の山林内で、山菜採りのために70歳の男性、および65歳と70歳の女性が道に迷い、行方不明となる山岳遭難が発生。3人は自力で下山した。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

7月1週は、2件の遭難が発生しました。白馬岳の遭難は霧のために現在地が分からなくなった上、さらに急な斜面に行き詰まり行動不能となったものです。
雪渓上をたどるコースでは、登るにつれて、途中で派生する別の谷に迷い込んでしまい遭難する場合があります。事前に地図を確認して、全体的な地形や登山コースの概要を把握してから入山しましょう。
また夏の雪渓は非常に固く、歩行にはアイゼンピッケルなどがないと危険です。装備品の不備により行動ができないということがないように事前の準備をしてください。

 

令和元年夏山情報を発行

夏山シーズンを迎えて、長野県では今年も「夏山情報」の発行・発信を行っている(PDF、6837KB)。夏山情報では夏山遭難の発生状況と傾向、遭難しないための教訓ほか、各山域の危険区域や注意点はじめ、さまざまな山岳情報を掲載してる。

長野県内の山に、この夏、出かける予定のある人は一読することをお勧めする。以下に長野県警からのコメントも抜粋する。

⇒長野県警 山岳情報 「令和元年夏山情報」

 

毎年、夏山シーズン期間中は、県内外から多くの登山者が雄大な長野県の山々を求め登山に訪れます。一方で昨年の夏山期間中(7~8月)は、北アルプス等を中心に過去最多となる117件の山岳遭難が発生しており、121名の方が遭難しています。

転倒・滑落による負傷や、疲労・病気・道迷いによる行動不能などの遭難が多くを占め、遭難の背景として、計画段階での準備不足や、体力・技術の過信などが見受けられます。

登山は観光的な側面もありながら、非常に負荷の高いスポーツであり、様々な危険の潜む山岳地帯で行う冒険でもあるため、登山をする以上、山岳遭難は決して他人事ではなく、誰しもアクシデントに見舞われ遭難する可能性があります。

安易な気持ちで山に入ることのないよう、事前の情報収集と準備を入念に行ってから入山するようにしましょう。

皆さんが、長野県の山々を安全に楽しんでいただけることを願っています。

各山域の注意箇所情報も細かく掲載されている、「夏山情報」

 

「夏山常駐パトロール隊」を設置しました!

長野県では、令和元年7月10日(水)~8月28日(水)の期間、北アルプスをパトロールしながら登山者にアドバイスや指導を行うとともに、山岳遭難発生時には救助活動を行う「夏山常駐パトロール隊」を設置いたしました。


活動エリアは、槍・穂高連峰では長野県涸沢山岳総合相談所(人数:15名)と、後立山連峰では村営白馬岳頂上宿舎、唐松岳頂上山荘、キレット小屋、冷池山荘、烏帽子小屋(人数:18名)となります。

7月10日午前には、大町警察署にて結隊式を開催。委嘱状の交付、県旗授与、隊長宣言、激励挨拶を厳粛に実施しました。

午後には大町市観音橋ヘリポートにて、県警山岳救助航空隊との合同訓練、県警ヘリ「やまびこ2号」による搭乗・降下訓練も実践しました。


また本結隊式に先立ち、7月9日には長野県山岳総合センターにてファーストエイド講習会も実施。長野県山岳遭難対策特別アドバイザーの大城和恵氏を講師に、現場で発生する事象の対処を実践講習しました。

前述の通り、夏山常駐パトロール隊は8月28日(水)まで、北アルプスの上記の山域で活動しています。山中でも、気軽にご相談ください。

 

遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
梅雨時の山岳エリアでは天候の異変や急変の前兆を見逃さずに! 島崎三歩の「山岳通信」第191号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。191号では、梅雨時の山岳エリアでは天候の異変や急変の前兆を感じた場合には早めに計画を変更することを推奨している。
6月の北アルプスは冬山と同じ程度の装備が必要という認識を 島崎三歩の「山岳通信」第190号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。190号では、装備・技量が不足している登山者の遭難について言及。最新の登山道情報を確認することの重要性を説明している。
長野県内は入山注意報発表中。登山者への5つのお願いをご確認ください 島崎三歩の「山岳通信」第189号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年6月4日に配信された189号では、新型コロナウィルス感染拡大防止のための公道を、登山者に促す情報を提供し、協力を呼びかけている。
少しずつ登山の計画を考えている方へのアドバイス 島崎三歩の「山岳通信」第188号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年5月21日に配信された188号では、県内は引き続き登山自粛となっている中、登山計画についてアドバイスを送っている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!