このエントリーをはてなブックマークに追加

【閲覧注意!?】血を吸うヤマビルの身体変化に驚愕! ヤマビル対策研究で見た吸血の一部始終

太田昭彦部長の「大人のワンゲル部」―リーダーとしての力を身につけよう―
基礎知識 2019年08月02日

山には数々の危険が潜んでいる。その危険は、道迷いや滑落、低体温症などの登山者に起因によるものばかりではない。クマやスズメバチなど、危険な生物もある。近年、登山者を悩ませるのが「ヤマビル」だ。登山ガイドの上村博道氏は、このヤマビル対策のために身体を犠牲にしてその生態を追った。

 

近郊の山歩きをしていて、ヤマビルに出くわしたことはないでしょうか? グロテスクで奇妙な形はもちろん、吸血するというその生態から、気味が悪くなって退散してしまった経験を持っている人もいるのではないでしょうか? 関東では丹沢や妙義山などの山域ではヤマビルが多く生息していて、訪れる登山者たちを悩ませ続けています。

その生態を調べると――、ヤマビルは動物が呼吸する際に発する炭酸ガスに反応して寄ってきて、地面から這い上がってくるそうです。気が付かれないように肌に喰いついて、血を吸う。吸った後は傷口の血が止まらず、ズボンや下着が血まみれになってしまう――。

登山者にとっては天敵でもあるヤマビルをもっと深く知るために、先日、ガイド仲間と共に「ヤマビル対策研究会」を立ち上げ、早速妙義山において、ヤマビルの生態を観察してきました。ヤマビルがどのようにして這い上がってきて血を吸い、身体が変化するのか、以下にレポートします。

 

恐るべき吸血能力! その一部始終を観察

人間の身体へ這い上がる前は、ようじのようにヤマビルは細いのが印象的です。皮膚を這い上がり始めて肌に到達しても、すぐに肌が露出したところで血を吸おうとせず、細くて柔軟な身体を駆使して陰や隙間へと移動し、傷などがある肌の弱い所を見つけると、喰い付きやすいのだろうか、動きを止めて喰い付きはじめたのでした。

最初は針金のように細く、意外と俊敏な動きをするヤマビル


落ち着いた場所で血を吸い始めましたが、これがいつ噛まれたのかわからないほど痛みを感じないのです。

科学的にはヒルの唾液腺から分泌される「ヒルジン」という麻酔効果があって血液が固まりにくくする分泌液を使って、血を吸うことに都合がいい条件を、静かに整えてしまうそうです。

傷口など、肌の弱い部分を見つけると喰い付いて吸血をはじめた!


血を吸い出すと徐々に身体が膨れ出して、縞模様が鮮やかになっていきます。この時は、大きなヤマビルの影にさらに小さなヤマビルが付いて、折り重なるようにして血を吸っていました。

よく見ると小さなヤマビルが折り重なるように吸い付いていた!


血を吸い始めてから約1時間後、血を目一杯吸ったのか、肌から離れていきました。その身体は丸々として、肌に這い上がった時の素早さはなくなり、満足気にあまり動きません。ヤマビルが離れた肌からは、ヒルジンの影響で血が止まらなくなっていました。

吸血後は、血が止まらず、流れ続ける・・・


一度血を吸うと、成虫のヤマビルは一年ぐらい寝て暮らせるそうです。なんとも羨ましい生活・・・。満腹になったヤマビルを突っついてみましたが、危機を感じて、吸った血を吐きながら逃げ始めました。

突っつくと、血を吐き出しながら必死になって逃げようとするヤマビル


登山中にヤマビルに喰い付かれた際は、大概は血まみれになってから初めて「やられた!」と気が付くことが多いです。こうして、一部始終を観察できたことは貴重で、対策方法のヒントもいろいろ浮かんで来る実験でした。

さて次回は、対策研究会で試された、各対策方法についてレポートしたいと思います。

 

スキンケア 調査 危機管理 自然観察
教えてくれた人

上村博道

気象予報士の資格をもつ登山ガイド。安全登山の指導を行っている。 国内では北海道・積雪期日高山脈全山縦走、積雪期知床半島縦走など積雪期の長期山行を行う。海外では、エベレスト8848m、デナリ 6194m、アコンカグア6960mに登頂。
⇒BLOG:ヒロい自然の中で・・・

同じテーマの記事
ヤマビル対策、いろいろ試してみてわかったこと。休憩中のザックにも張り付いてくるので注意!
一部の山域では、ヤマビルに襲われることがある。その姿、動き、性質はグロテスクで、実に気持ちが悪い。そんなヤマビルから身を守るために、登山ガイドたちは知恵を絞り、さまざまな方法を実践してみた。
降水確率0%でも雨に降られ、100%でも雨が降らない。知っておきたい降水確率の話
登山の予定が決まったら必ずチェックする天気予報。なかでも降水確率は、当日の持ち物を決めるだけではなく、山に行けるか、また、コースや時間の調整が必要かどうか、山行計画を大きく左右する要素となる。今回は、意外と知られていない“降水確率”の定義について話を伺った。
美しい紅葉に出会うために―。“紅葉の見ごろ”を9月の気温から予測してみよう!
登山愛好者として身につけておきたい知識、技術を教えてもらう「大人のワンゲル部」。今回は、気象予報士の資格をもつ登山ガイドの上村博道さんに“紅葉の見ごろ”を簡単な計算式で予想していた(!)話を伺った。ぜひ参考にして、美しい紅葉に出会う登山をしてほしい。
実はよくある登山靴のトラブル。登山ガイドに教わる、靴底剥がれの対処法&役立つグッズ
山の中で登山靴のソールが剥がれてしまった時の対処法は? 上村ガイドの実体験から学んだ知恵は「テーピングによる補修」だった。その経験談と巻き方を伝授する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ