このエントリーをはてなブックマークに追加

ザックのベルトやヒモの正しい扱い方、知ってます? ザックの選び方・使い方を基本から学ぼう!

登山道具の買い方・選び方、ショップのスタッフに聞きました!
道具・装備 2019年09月17日

どんなスタイルの登山でも欠かせない道具の一つ、ザック。その選び方についてカモシカスポーツ 山の店・本店の横井さんにうかがうシリーズの第3弾。1回目は「山行別・サイズ選択」、2回目は「中型・大型ザックのポイント」のあとの今回は、実際に使うときに覚えておきたい「正しい背負い方と、ザックに付いているパーツの役割」について。登山初心者はもちろん、山の常連でも実は知らないことがある機能について聞いた。

 

登山用ザックにあるベルトやヒモの役割

使いやすさや快適性を高める機能が詰まっている登山用ザック


ライターT: 登山用のザック選びについていろいろ伺いましたが、実際に購入したとして、きちんと使いこなせているかという不安が・・・。

横井さん: 特に30L以上の中型・大型ザックになると、何だかよく分からないヒモなどが多いですよね(笑)。それらの役割を理解していないと、背負ったときの体感や疲れ方がずいぶんと変わります。
登山靴のように、明確に「痛い」とまでなりにくいから「まぁ、いいか」で適当に背負ってしまう人もいますが、せっかくなので各パーツの機能を覚えてくださいね。

ライターT: 背負うときに最初にフィットさせるのが、ウエストでしょうか。ウエストベルトの存在は知っていても、きちんと調節できていない気がします。

横井さん: まずは、重い荷物を背負ったときに、腰に荷重をかけるためにもウエストベルト(ヒップベルト、ウエストハーネス)はしっかり安定するように調節しましょう。腰骨あたりでベルトを締めるのですが、そのとき強く締めすぎると体を圧迫したりスレたりするので、ザックがブレない程度に調節してください。

ザックの重さを腰でも支えられるように背負うのがコツ


ライターT: 腰の位置を合わせたら、次は肩の調節ですね。

横井さん: ショルダーハーネス下部に付いているストラップを引いて、肩部分が浮かないように調節します。
ひとつアドバイスすると――、意外と知らない方が多いのですが、ストラップを調節するときはバックル(留め具)を手前(外側)にポンと引くと、ストラップがスルスルと動く構造になっています。さらにバックルを元の位置に戻すと固定されます。ストラップの長さ調節は、ワンタッチでスムーズにできるんですよ!

バックルを外側に引くだけでストラップを緩められることを知らない人は意外と多い!?


ライターT: 背負い心地に関わるのが、ショルダーストラップとザック本体の接合部あたりにある、このヒモですね?

横井さん: これは「スタビライザー」と言います。長さを調節することにより、ザックが後ろ(外側)に引っ張られるのを防ぎます。ザックを体側に引き寄せることで背負いやすくなります。
この調整の意味は、例えるなら、「誰かをおんぶしたときに手を後ろにされるか、前にまわしてもらえるのか」の違いです。前にまわしてもらうと前方に進む力が生まれますよね? スタビライザーを使ってザックを体側に引き寄せるのは、それと同じ役割です。

ライターT: スタビライザーを締め込む、ベストなバランスは?

横井さん: 締めすぎても、肩への擦れがあったり可動域を減らしたりするのでダメです。ショルダーストラップの上部がヨレずに、肩に沿うくらいに調節してください。

スタビライザーは、ショルダーストラップが折れ曲がらない程度に締めて


ライターT: 使い方が難解なヒモ関係だと、胸あたりにあるチェストストラップも使いこなせていない人が多そうです。

横井さん: これは左右のショルダーハーネスの幅を調節し、ザックのブレを軽減させるためにあるものです。チェストストラップが上下に動くことを知らない人が多い。体型によっては、チェストストラップの位置で心臓を締めつけてしまう結果になるので、調整には注意が必要です。

ライターT: 実際には、どの位置にするのが正解なのでしょう?

横井さん: 高さは脇の付け根の少し上あたりで、心臓を圧迫しない位置となります。横位置につては、自分が苦しくない位置にショルダーストラップがくるようにしてください。

 

「ヒモ」は、山で使いやすい工夫の宝庫!

ライターT: 登山用ザックで謎のヒモは、まだまだあります!

横井さん: よく聞かれるのは、ザックの下部にあるループです。これはストック(トレッキングポール)やピッケルなどをザックに装着するものです。左右の下部にループが、雨蓋の下あたりに固定できるゴム紐などが付いていて、ストックの上下をループとゴム紐に固定して外付けできるようになっています。

登山用ザックには、ストックを外付けしやすいループがあるのをご存じ?


ライターT: 私はこれを使うのが面倒で、サイドポケットに入れがちです・・・。

横井さん: まぁ、“絶対使わなくてはいけない”というルールがあるわけではないので、ザックから落ちなければどこに付けても良いでしょう。サイドポケットにもストラップが付いているので、それを締めれば固定できます。
上級者向けの機能になりますが、サイドポケットのフタ部分を覆うようにストラップが付いているます。これは、雪山登山のときにポケットへの雪の浸入を軽減するためです。最近は、ポケットの内側にストラップを配して、よりザック本体をコンプレッションしやすいようになっているモデルもあります。

最近はポケットの内側にストラップを配している。雪山を意識したモデルは、ポケットの上にストラップとなる


ライターT: ポケットまわりのストラップだけでも、いろんな工夫が施されているのですね!

横井さん: テント泊で使うような大型ザックでは、マットを外付けしやすい長めのストラップが配されていることもあります。だらんと長く垂れているように見えるストラップにも、一つひとつ意味があるんですよ。
説明しだすとキリがないので1つだけ触れておくと、両サイドに何本かあるストラップは、荷物のすき間を少なくするためのコンプレッション用です。歩いているときにザックが揺れると体に負担がかかるので、ブレを軽減できるようになります。

ライターT: 全部の機能をちゃんと知って使いこなせると、うんと背負い心地がよくなることも。ぜひ、試してほしいですね。

 

トレラン向けではザックの進化形も

ライターT: パーツの機能が分からないどころか、最近では、そもそも背負い方も分かりにくいほど進化したザックもありますね。

横井さん: トレイルランニングの流れもあって、かなり個性的なザックもでています。たとえば「パーゴワークス」のベスト型です。これは、そもそもライト&ファストの考え方で作られているので荷物も軽い想定で、腰に荷重をかけられないデザインですが、ショルダー部分がワイドなので荷重は肩まわりで分散でき、バランスよく持てるようになっています。

トレラン用に作られた「パーゴワーク」のベスト型のザック


ライターT: トレラン用のものは、独自の進化を遂げていますね。

横井さん: ここまでくると、相当な上級編です。自分がどういうシーンでどのように使いたいかを具体的にイメージして選ばないといけないし、そもそも使いこなせない(笑)。

ライターT: 初心者はまず、基本的なザックの使い方を覚えたほうがよさそうです!

横井さん: そう。繰り返しになりますが、背負い方が合っていないと、せっかく工夫が凝らされたザックの本当のよさが分からないこともあります。
よほど体型にフィットしていない限りは、最終的には好きなデザインや色で選んでも大丈夫です。ただし、きちんと正しい背負い方をすること! それだけは忘れないでください。

* * * *

ある程度は「好みのデザインで選んでもいい」という、買い手としてはうれしいコメントもでたザック選び。何を選ぶかはあなたの登山スタイル次第だが、考え抜かれた優れた機能をしっかり享受するために、背負い方やパーツの役割はしっかり覚えておこう。

 

教えてくれた人

横井 亮

カモシカスポーツ 山の店・本店勤務。カモシカスポーツのザック担当。オフロードバイクからアウトドア生活が始まり、いつしか山を歩くことにも目覚める。今では百名山への挑戦、縦走登山、クライミング、沢登り、スキーなどをマルチに嗜む。 ザックは15個くらいをアクティビティに合わせて使い分け、自らの体験に基づくリアルな使い心地を伝える。

カモシカスポーツ 山の店・本店

登山用のウエア、靴、ザックからクライミングや沢登りの道具まで幅広く扱う専門店。登山のベテランもうなる実用的なセレクトが多く、初心者がステップアップしても長く使えるものが豊富に。フィールドでの経験値が高いスタッフが、細やかなアドバイスをしてくれる。
住所/東京都新宿区高田馬場1-28-6
TEL/03-3232-1121
営業時間/11:00~20:00(土日祝は~19:00)
アクセス/JR山手線・西武新宿線・地下鉄東西線高田馬場駅より徒歩3分

同じテーマの記事
チェーンスパイクとトレッキングポールで冬山登山を楽しもう! 【後編:スパイクと登山靴、手袋はなにがおすすめ?】
今年もスタートした冬山シーズン。「冬山」=アイゼンとピッケルで登る「本格的な雪山」と思われがちですが、実は雪が降らない冬山もあるし、雪が積もっていてもアイゼンとピッケルを使わずに登れる冬山もあるんです。今回は本格的な雪山とは違う、チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山の歩き方を、前後編に分けて紹介します!
チェーンスパイクとトレッキングポールで冬山登山を楽しもう!【前編:どんな服装でどの山に登る?】
今年もスタートした冬山シーズン。「冬山」=アイゼンとピッケルで登る「本格的な雪山」と思われがちですが、実は雪が降らない冬山もあるし、雪が積もっていてもアイゼンとピッケルを使わずに登れる冬山もあるんです。今回は本格的な雪山とは違う、チェーンスパイクとトレッキングポールで楽しめる冬山の歩き方を、前後編に分けて紹介します!
爽快感MAX!日本独自の登山スタイル「沢登り」の基本装備を覚えよう!
「沢登り」には興味はあるけど、どんな装備が必要なのかわからない人も多いはず。今回は初心者がツアーなどに参加して日帰りで沢登りを楽しむ際に必要な装備について、埼玉県川越市でオリジナルの沢登り用品も販売する「秀山荘」に勤める森ガイドに話を聞いてきました!
登山を楽しむときの大敵・紫外線! 女性目線で選ぶ、山でのUV対策の必需品
燦々と日差しが降り注ぐなかでの登山は、気持ちいいけど、しっかりUV対策をしておきたいものです。そこで、山での紫外線の影響についてと、おすすめのUV対策アイテムについてうかがいました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...