このエントリーをはてなブックマークに追加

大きくて深い山脈――。南アルプスの特徴を知って、ちょっと“大人な”山行へ

From 山と溪谷編集部
ガイド・記録 2019年08月09日

長い長い梅雨がようやく明け、一気に夏らしくなってきました。やっぱり夏はアルプスへ!そんなことをお考えのみなさん。南アルプスの魅力を知って、より楽しい山行に出かけませんか?

 

さぁ、地図を開いて、南アルプスの魅力を探しに行こう!

 

南アルプス――それは、長野県・山梨県・静岡県に連なる赤石山脈一帯の総称である。特色は、なんといっても山ひとつひとつの存在感。北岳や仙丈ヶ岳、塩見岳、赤石岳――、大きな山体をもつ3000m峰が広い範囲に連なる姿は雄大そのもの。

今回はそんな南アルプスの特徴をさまざまな角度から見て、その魅力をダイジェストでお伝えしよう。

 

とにかく大きくて深い山脈

日本の3000m峰は、富士山を除けば、すべて北アルプス(10座)と南アルプス(9座)に存在する。その数こそ同程度だが、面白いのが各3000m峰の位置間隔だ。北アルプスは槍・穂高連峰の約8㎞に8座が集中しているに対して、南アルプスは仙丈ヶ岳から聖岳の約30㎞に9座が広範囲に連なっている。

これは、一座一座が離れていることを意味している。つまり各山への登高差が大きく、アプローチが不便で気軽には登れないともいえる。この不便さが、裏を返せば南アルプスの魅力の一つでもある。確かな体力とプランニングをもった人にしか味わえない山々・・・、そこには静かで大人な時間が流れ、登頂の感動はひとしおのはずだ。

 

塩見岳付近から北岳、間ノ岳、農鳥岳方面尾を望む。大きな山々が延々と連なる 写真/コシアブラ さんの登山記録

 

今も活発な造山活動

南アルプスは、海洋プレートと大陸プレートの衝突によってできている山脈。なんと、現在でも一年に約4㎜ずつ高くなっており、この隆起の速度は世界のなかでも最速級だという。2014年には、間ノ岳の標高が3189mから3190mに変更され、奥穂高岳と並び日本第3位の高峰となったのは記憶に新しい。

この造山活動は、南アルプスに残された氷河地形からも見ることができる。約10万~1万年前の氷期に形成されたカール(氷河の侵食作用によってお椀状にえぐられた地形)やモレーン(氷河によって削り取られた土砂などが堆積した地形)は、現在森林限界より上部で多数認められている。

特に、荒川三山や赤石岳周辺のカールは、最終氷期に形成された日本に残存する「氷河地形の南限」と言われているので、ぜひ一度目にしておきたい。

仙丈ヶ岳の山頂直下に広がるカール地形 写真/masa.a さんの登山記録

 

雨が育む豊かな自然

太平洋に近い南アルプスは、海洋の湿った空気が流れ込むため、多量の雨が降るのも特徴だ。この雨は、豊かな自然を育み、特産種であるキタダケソウをはじめとする希少な高山植物たちの生息地となっていて、一面のお花畑も楽しめる。

緯度が低く森林限界点が上昇しているため、標高2700m前後まで森林が形成されているのも、南アルプスならでは。山頂付近にまで広がる色濃い緑と登りつめたあとの雄大な景色に優美なひとときを感じたい。

シナノキンバイのお花畑が広がる北岳周辺の山肌 写真/yzr400 さんの登山記録

 

歴史ある登山文化

鳳凰三山・地蔵岳のオベリスクに寄りそうように安置された小石仏群や、甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根に残る多くの石碑や石仏――。登拝の歴史の痕跡が各所に現存している南アルプスは、実は古くから信仰を集めてきたエリアである。

また、山里の文化が色濃く残るのも特徴。井川周辺や大鹿村などでは、人と自然が共存する原風景を見ることができるだけでなく、かつて中世に行き来した宗教者や隠れ潜んだ落ち武者が取り入れた、独自の芸能文化も楽しめる。登山の前後に里山の伝統文化に触れるのもおすすめだ。

鳳凰山・地蔵岳付近の賽の河原に並ぶ石仏群 写真/ずん さんの登山記録

 

* * * *

今回紹介したのは、発売中の「山と溪谷8月号」の特集・南アルプス/エリア特徴から。
本誌では、南アルプス北部、南部、深南部・安倍奥の3つのエリア別に、充実したコースガイドとその魅力を紹介している。
特に、深南部・安倍奥編ではふだんはなかなか取り上げられないコアな魅力を詰め込んでいる。
付録の南アルプス南部と北部のマップはコースタイム付きなので、山行計画にも役立つだろう。

教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2019年8月号の特集は「南アルプス」。何度歩いても飽きない、ベテラン好みの南アルプスへ。大山脈の魅力を余すところなく編集しました。

⇒ 山と溪谷8月号はこちら

同じテーマの記事
今がベストシーズン!山に登って高山植物ウォッチングを楽むための6ヶ条
一斉に咲いた高山の花畑は、何度見ても飽きることはなく、気づいたらその美しさに時間を忘れるほど。だからこそ、なんとなく見て終わるのはもったいない! 高山植物を楽しむためのポイントを知って、登山の魅力を広げてみよう
憧れの剱・立山連峰、どこを歩く?何を楽しむ? 3つの定番コースから魅力を探る
北アルプスを代表する山岳エリア「剱・立山連峰」。無雪期に楽しめるのは7月から10月のわずか4カ月ほど。だからこそ、自分にあったコースを見つけて、夏の剱・立山を楽しみたい。
テント山行を楽しむための知恵が満載! テント泊テクニックをプロが伝授
テント山行を楽しむには、登山技術はもちろん、山で生活する技術も重要となる。そこで、本当に役立つテント泊技術を身につけてあなたの登山の可能性を、もっと広げてみてはいかがだろうか。
プロガイドが教える「本当に使える技術」とは!? 経験に裏打ちされた納得の登山術を紹介
さまざまな媒体で解説されている、登山のノウハウや技術。しかし、その内容で、ほんとうに学べただろうか? 実際に現場で使われている技術は、最も現場に熟知している山岳ガイド・登山ガイドの、豊富な知識に習ってみてはどうだろうか。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年8月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...