このエントリーをはてなブックマークに追加

行きたくなったら、また、行けば良い――。登山に飽きたことってありますか?

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
たしなみ 2019年08月19日
匿名希望さんからの質問!

質問:登山をはじめて10年少々、最近は少し飽きてきました。はじめにアルプスに行って、いい山を登ったせいもあるかもしれませんが、近郊の山だと景色などに物足りなさを感じます。

クライミングや雪山までは・・・、と思っているせいもあるかもしれません。また、若い頃に一緒に登った人がどんどん離れているのもあるかもしれません。かといって、なかなか時間を考えるとアルプスには、そう行く機会はありません。

近郊の山に登っても、違う気分で登る方法とか、楽しみ方ってありますか? また、登山に飽きたことってあります?

 

山での非日常的な光景

僕がはじめてアルプスと出会ったのは、南アルプスの鳳凰三山でした。夜行列車で、ほとんど眠れないまま甲府駅で降りて、超早朝のバスを乗り継ぎ、夜叉神ノ森から歩きだしました。初めて経験する重荷に押しつぶされそうになりながら夜叉神峠に辿り着き、サルオガセのさがる森を抜けて、峠の展望台に立った瞬間に目に入った白峰三山の雄姿。寝不足と重荷にヨタヨタだった身体から、思わず「オーッ!」と小さな歓声がでました。

谷間に残る白い雪。美しく斜面に明るく浮かびあがる緑。山頂に向けて厳しく屹立する岩肌。これがアルプスか・・・。これが3000m峰か。これが‟本物の山”なんだ。同時に、この本物の山に到達した自分を誇りに感じました。

誤解だろうと、山の本質をわかっていなかったと言われようと、この気持ちは間違いも無い事実です。

「はじめにアルプスに行って、いい山を登ったせい・・・」。そうか、最初に日本アルプスの素晴らしい光景に出会ってしまったんですね。

9月の北ルプス燕岳。非日常の景色が広がる

 

もっと強烈に山から衝撃を受けた経験は、はじめて‟氷河のある高山”に行ったときです。中央アジア・パミールの7000m峰が、その地でした。当時、まだソ連のあったときで、新潟~ハバロフスク~ノボシビルスク~オーシと延々と旅をしてキルギスタン(当時はキルギス社会主義共和国)の町に着。そこから、砂漠の様な荒涼とした大地をジープで走り抜け、ベースキャンプのあるアチクタシという氷河湖と草原の広がる場所に着きました。

当時のソ連は、開放した登山基地に、大食堂、医療機関、サウナまで作って、世界の登山家に便宜を図っていました。ここで高所順応のため数日滞在をした後、峠を越えて、初めて目指す7134mの高峰と出会いました。

利根川の幅くらいある巨大な氷の川。随所に口を空けるクレバス。モレーンの上に居並ぶ7000mの山々。巨大氷河は、凄ましいものでした。そしてこの時、思いました。「この地に立つために、僕は登山をしてきたんだ」と。

このときの登山は、なかなか厳しいもので、第二キャンプがセラックの崩壊で全滅し、そこに居た43名が一瞬で吹っ飛ばされて死亡しました。僕たちが到着したのは、その事故の後で、そこには人影ひとつない、氷塔の林立する世界が待っていました。

7000m峰のハン・テングリ。2009年パミール・天山遠征時に撮影 写真=山田哲哉

 

それぞれに山

僕は、現在でも、主にネパールヒマラヤで高所登山を続けています。でも「ヒマラヤが本物の山で、日本の山なんて山じゃない」とは、決して思いません。この最初の7000m峰の登山(累々たる死者の埋まった巨大デブリを乗り越えて、僕たちは登頂しました)を終えた後、帰国した次の休みの日、僕は奥秩父笛吹川のヌク沢を遡りました。

苔むしたナメ滝、頭上から落ちる巨大な滝。重厚な原生林に消える源流。そして、甲武信岳に立った後、もう夕暮れになった霧のかかる尾根を親しい十文字峠の小屋へと向かい、ランプの灯る十文字小屋に泊まりました。

「ヒマラヤに登ったんだって? 山田さんも、すごいね」という高齢の小屋主に、「ヒマラヤから帰ったら、沢を歩いて十文字峠に来ようと、むこうにいる間、ずっと、そう思っていた」と答えました。「そんなに、十文字峠はいいかね?」「うん。世界中で一番、良い山は十文字峠だよ」・・・と、こんなやりとりがありました。

また、今年のゴールデンウィークに12日間の短期登山で、ネパールヒマラヤの6000m峰トロンピークに挑んだ次の週には、奥多摩の川苔山の新緑の森の中を歩きました。

流れる清流、ミソサザイの声、点々と咲くミツバツツジ、霧雨のシットリとした森。ここにも、また、ヒマラヤとは全く違うけれど「山」はありました。

 

行きたくなったら、また、行けば良い

僕は、昔から、数日にわたる北アルプス北部の豪雪を行く厳しい山行を終えるとすぐに、静かな北八ヶ岳の森林高地を歩くのを習慣としていました。

森林限界を越えた山は、今まで知らなかった未知の世界を登山者に与えてくれます。岩の剥きだした山に向かう挑戦的な心。研ぎ澄まされた岩稜が与えてくれる高揚した気持ち。「これこそが、これだけが山」・・・と思う気持ちは当然かもしれません。でも、僕は違う。

「登山に飽きた」なら・・・。

登山なんて非生産的な行為を辞めても褒められることはあっても、咎められることはありません。飽きたら、また、新鮮な刺激が山から得られなかったら、その間は山には行かないのも悪くないです。そして、ある日、行きたくなったら、また、行けば良い。

山は、同じ山に、同じ季節に登っても、同じ顔を見せることはありません。まして、違う季節に、違う天候のときに、また、違うルートから登れば、必ず、登る前の自分より成長させてくれる、と信じています。

「クライミングや雪山までは」と、思っているようですが、クライミングも雪の季節の登山も山の違った表情に出会う、一つの方法です。その山の違った魅力と出会うために、やってみたら良いとも思います。

刺激のなくなった登山を漫然と続けることが良い、とは思いません。毎回の登山を、それが近郊の山であろうと、隔絶した高所であろうと、毎回、小さな挑戦として登山を続けることをお勧めします。

教えてくれた人

山田 哲哉

1954 年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。著書に、登山技術全書「縦走登山」(山と溪谷社)ほか、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと
冬の期間で、雪のない山での登山をはじめる方へ向け、注意すべきポイントを山岳ガイドの山田哲哉さんに教えてもらった。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
登山用のファーストエイドキット。汎用性のある道具を使いこなして軽量に
ファーストエイドキット、あれもこれも必要と詰め込んでいませんか? 山でのトラブルを色々頭に思い浮かべると、持ち物が増えてしまうのはわかりますが、持ち物を減らすのも登山技術。今回は、山岳ガイドの山田さんにファーストエイドキットについて聞きました。
かつては山小屋に予約は不要だった!? 山小屋のキャンセル問題について考える
今年は雨続きで山小屋の宿泊予約のキャンセルが頻発して困っているということが話題に。やむを得ない登山中止も理解できる一方で、山小屋の立場からみるとダメージが多い、この問題。どう考えたらよいでしょうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ