このエントリーをはてなブックマークに追加

雷は決してゲリラではない! 雷を事前に予測して山でのリスクを最小限にしよう

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2019年08月07日

夏山シーズンに最も気をつけたい気象の1つに雷がある。「気をつける」といっても、どのように気をつけたら良いのだろうか。いちばんの対策法は、雷に遭わないようにすることだが、どうすれば雷の発生を予想できるのだろうか? 今回は、雷の予想法・対処法について説明する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。2019年は7月31日に東北北部まで梅雨明けして、気象庁が梅雨明け発表をしている全ての地域が梅雨明けしました。

気象庁の8月1日の週間予報資料では8月7日頃まで、地上の太平洋高気圧と500hPa(上空約5800m)の亜熱帯高気圧のダブル高気圧に覆われるため、梅雨明け早々の猛暑が1週間は続く予想で、現在、その通りになりつつあります。

その後は太平洋高気圧が弱まる見込みですので台風の接近が懸念されれいたのですが、8月1日の予報資料より早く太平洋高気圧の張り出しが弱まったところに台風8号から10号まで立て続けに発生しています。8月6日に発生した台風10号は、お盆頃に日本付近に接近または上陸の可能性がありますので、今後の台風情報にご注意ください。(台風については次回以降の記事でご紹介いたします)。

今回は、夏山の天気で最も怖い雷をいかに事前に予想するか、そして現地でどう対応すめるかについてお話ししたいと思います。

 

「晴れマーク」に騙されず、予報文や天気概況も確認

まずは下の写真をご覧ください。これは、2018年8月27日の東京での落雷の瞬間を捉えたものです。右側にある積乱雲からいったん横に稲妻が走ってから、下に落雷していることにご注目ください。

Facebook友人の柳田文華さんご提供


山岳地帯では、この写真のように、雷は上からだけではなく横から、そして下から飛んでくることもあります。そして、直接、自分自身には落ちなくても、高い木に落ちた雷が真横から側撃となって飛んでくることもあります。

例えば、2012年8月18日の槍ヶ岳の落雷事故(1名死亡)と、同日の大阪・長居公園での落雷事故(2名死亡)は、まさにその事例でした。槍ヶ岳はその穂先自体が避雷針となって、登っていた登山者に頂上に落ちた雷による電撃が襲いました。一方の大阪の事例では、木の下で雨宿りした2人の女性をその木の落ちた稲妻が横から襲いました。

最近でも、関東甲信地方が平年より8日遅く梅雨明けした7月29日(月)は、湿った空気と猛暑の影響で大気の状態が非常に不安定になって雷を伴って局地的に激しい雨が降っています。

下図は2019年7月29日の6時から18時までの気象庁の降水レーダー画像を動画にしたものです。通常は気温が上がる午後から積乱雲が発達して雷雨になるケースが多いのですが、この日は朝の6時から9時の段階で、すでに北陸などが局地的に激しい雨になっていて、午後になると激しい雨になっているエリアが大きく広がっていることが分かります。

2019年7月29日、6:00~18:00までの降水レーダー画像(気象庁ホームページより)


このように朝から雷雨になる場合は、

  • ①非常に湿った空気が入っている
  • ②強い上空寒気が入っている
  • ③低気圧や寒冷前線が通過した

の3つのケースが考えられます。この時は、下にある15時の地上天気図からも分かるように、日本付近への太平洋高気圧の張り出しが弱いために、太平洋高気圧の縁を時計回りに熱帯からの非常に湿った空気が入って大気の状態が非常に不安定になっていました。

2019年7月29日15時の天気図


「早立早着」は夕立を避けるための夏山の鉄則ですが、必ずしも当てはまらない場合があることを知っておいてください。

実は、当日の朝5時の気象庁の天気予報では、この天気はしっかりと予想されていました。下は中部山岳がある長野県の天気予報ですが、まず左下の予報文と降水確率にご注目下さい。

2019年7月29日の長野県の天気予報(気象庁ホームページより)


長野県北部は「くもり 昼過ぎまで時々晴れ」ですが、6時から12時までの降水確率は40%です。午前中には雨の記載はありませんが、40%の確率で雨が降ると言っています。さらに天気概況を見ると、「曇り、昼過ぎまで時々晴れで、雨や雷雨となる所がある」と明記されている点です。5時の天気予報でここまで読んでいれば、中部山岳北部で朝から雷雨になる可能性も読み取れたのです。

「お天気マーク」に騙されてはいけません。午後からは局地的に激しく降る雨や落雷に注意すべきであることも記載されているのです。天気予報は、普段からお天気マークだけでなく、予報文や天気概況まで目を通すようにしてください。

また、天気予報は「鮮度が命」です。毎日5時、11時、17時の3回発表されますので、常に最新の天気予報を見ましょう。最新の観測データを基にして、天気予報は刻々と変わっていきます。

 

「雷注意報」と「高解像度ナウキャスト」も確認

雷の危険度を知るには、気象庁の雷注意報も有効な手段の一つです。この日は下図のように、北海道から奄美までの全ての地方で雷注意報が出ていました。

2019年7月29日の雷注意報の様子(気象庁ホームページより)、47都道府県すべての地域が黄色(雷注意報)になっているのが確認できる


これは結構レアなケースです(思わず会社の昼休み中にスマートフォンでスクリーンショットしました)。このように全国的に雷注意報がでたとしても、実際には先ほどの降水レーダーの動画でご紹介しましたように、激しい雷雨になるエリアは局地的です。例えば長野県であれば、雷雨にならない山域もあります。

ただ、どこかでは雷雨になっていますので天気予報は当たっています。仮にこの日に山に登っていて雷に遭遇しなかったとしても、単にラッキーだったと思うようにしてください。もし予報が当たって、落雷を受けたら取り返しがつかないことになるからです。

 

続いて現地での雷の把握について説明します。昔ながらの手段としては「観天望気」、「AMラジオの雑音」などがありましたが、今は気象庁ホームページの「高解像度ナウキャスト」で従来の降水レーダーより詳細な情報を得ることができます。スマートフォンでも確認できますので、是非ともご活用ください。

高解像度ナウキャストの使い方を簡単に説明しておきましょう。

  

高解像度ナウキャストの画像(気象庁ホームページより)


上記の画像はいずれもスマートフォンからスクリーンショットしたものです。最初の図が初期画面を中程度まで拡大したものです。

もう少し拡大すると山の形が陰影で分かる優れもので、降水レーダーより高解像度の降水分布が分かります(赤いほど強い雨)。

画面下にあるアイコンボタンでさまざまな画面へと切り替えが可能です。例えば、左から2つ目(雲+矢印)を押すと、2つ目の画像のように、実線で現在の強い雨のエリア、点線で30分後の強い雨のエリアの予想が表示されます。画面では実線と点線がほぼ一致していますので、雷雲が移動せず30分ぐらいは雷雨が続く予想であることを意味しています。

左から4つ目のアイコンボタン(雷マーク)を押すと、雷の状況が表示されます(3つ目の画面参照)。は対地放電(地面に雷が落ちる、つまり落雷のこと)、は雲放電(雲の中で雷電が走る)を示しています。

注意が必要なのは雲放電で、平地では雲放電であっても、山の中にいて雲の中にいる場合は雷電が飛んでいるかもしれないことです。

もし自分がいる山域で雷の危険が迫ってきたら、すぐに以下の行動を取りましょう。

①雷は高い所に落ちるので自分が一番高くならないようにしましょう

尾根にいたら少しでも尾根より低くなるように下る、広い平坦地だったら近くの小屋に避難、なければ姿勢を低くしてしゃがむなど。しゃがんだ時は、両足の間隔を狭くして、お尻はつけないようにします。足を広げると、両足の間で電気が流れてしまいます。

②高い木からは4m以上離れましょう

4mを超える高い木なら、4m以上離れて木のてっぺんを45度以上見上げる範囲内なら、木が避雷針となって保護範囲となります。

 

とは言っても、雷の危険がある時はできるだけ行動を控えた方が良いと思います。宝くじと違って、雷は当たったても何も良いことはありません。

 

教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
太平洋側に大雪を降らせる「南岸低気圧」による遭難事例/那須岳雪崩事故から学ぶこと
冬の日本列島の太平洋側に大雪を降らせることもある南岸低気圧。この低気圧が招いた悲劇として記憶に新しいのが2017年3月に起きた那須岳雪崩事故。今回はこのリスクについて取り上げる。
30年前の記録とともに、鮮やかに蘇る記憶――。アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識 総集編
過去の登山記録は、できるだけ詳しく残しておきたい。改めて目を通したときには記憶も鮮やかに蘇る――。2度めに訪れたキリマンジャロ、過去の記録と記憶によって、さらに想い出深いものになった。
キリマンジャロでは1年中、昼と夜の長さが同じ!? キリマンジャロ登山の「トリビア」
山の気象を知るには、地球規模・・・、いや宇宙規模のスケールで気象を考えることも必要だ。今回は、赤道・キリマンジャロの頂上で地球規模の「へぇ~」について考えてみよう。
高所の気象と医学の知識で高山病対策を! ~キリマンジャロ登山を楽しむための基礎知識~
アフリカ最高峰のキリマンジャロに登る際、事前に対策すべきことの1つに「高山病対策」が挙がる。高山病の原因と対策を、気象予報士の観点と実際の経験から説明するが、この方法はキリマンジャロ以外にも通用する内容となっている。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月23日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ