このエントリーをはてなブックマークに追加

湯の丸高原から湯ノ丸山・烏帽子岳へ――、花と蝶の舞う高原で清涼な初秋の山を味わう

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2019年08月26日

9月初旬――、夏山にはもう遅く、秋の紅葉にはまだ早い。そんな端境期は、少しゆったりした山旅はいかがだろうか? 長野と群馬の県境に広がる湯の丸高原周辺は秋の花に彩られ、また高山蝶が花を求めて舞う。花と蝶と爽やかな風に身もこころも癒やされてみよう。

マツムシソウ、オヤマリンドウの花が咲く高原を進む登山道(写真=奥谷晶)


初夏の頃の100万本といわれるレンゲツツジの大群落で名高い、長野県と群馬県の県境に広がる湯ノ丸高原ですが、秋のリンドウやマツムシソウが咲き乱れる時期も、初夏に負けず劣らず素晴らしく、見逃せない時期です。レンゲツツジの季節は多くのハイカーで賑わいますが、秋の時期は訪れる人は比較的少なく、静かな散策を楽しめます。

盛夏の時期にアルプスの縦走を楽しんだ方は、酷使した心身の疲れを癒やす、ちょっと息抜きのようなすがすがしい高原歩きはいかがでしょうか。

烏帽子岳稜線から烏帽子岳を望む。三角錐の美し山容の先には北アルプスの山々が見える(写真=奥谷晶)


地蔵峠からスキー場のゲレンデの斜面をゆったり登って、ツツジ平から始まる登山道を約1時間40分。さらに鞍部を経て烏帽子岳への稜線あるきは、気持ちのいい展望を楽しめます。帰路は湯ノ丸山の山腹をまくように水平道を行き、キャンプ場を経て地蔵峠へと周回する4~5時間程度のコースとなります。

モデルコース:地蔵峠から湯の丸山・烏帽子岳を周回

コース工程:
地蔵峠・・・ツツジ平・・・湯ノ丸山南峰・・・湯ノ丸山北峰往復・・・鞍部・・・烏帽子岳・・・鞍部・・・地蔵峠(約4~5時間)

⇒コースタイム付き登山地図で確認

 

花と蝶と爽やかな秋風に癒やされる山と高原の旅

台風が去った後のつかの間の晴れの日、初秋の花たちが咲きそろう湯の丸高原を歩いてきました。2018年9月6日、朝方はまだ台風からの吹き返しの風が強く、気温も低かったのですが、猛暑の7~8月の縦走でほてった体にはとても爽やかに感じられました。

初夏にはレンゲツツジの群落でオレンジ色に染まる湯ノ丸山ですが、秋は様子が変わって、マツムシソウ、オヤマリンドウ、エゾリンドウ、ツリガネニンジンなど、青紫系の花々が鮮やかです。ほかにも、イワインチン、ウメバチソウ、ヤマハハコなどが彩りを添えます。

9月初旬の湯の丸高原はマツムシソウが最盛期を迎えている(写真=奥谷晶)

鮮やかな黄色の花を咲かせるイワインチンの姿も目立つ(写真=奥谷晶)


湯の丸高原スキー場のゲレンデから整備された登山道に入るあたりから花々のお出迎えとなり、ガレ場の急登を登り切ると程なく標高2101mの湯ノ丸山の山頂で、北アルプス、八ヶ岳など360度の大展望が迎えてくれます。

ここから先は、湯ノ丸山北峰まで足を伸ばすのも良いでしょう。また、その後は西側へと進んで烏帽子岳を登ることをオススメします。鞍部を経て急登を進むと、烏帽子岳へ至る稜線が広がります。稜線からの展望は素晴らしく、浅間山の山体がとくに大きく見えます。

烏帽子岳から望む湯ノ丸山。写真にはないが、その後方には浅間山の姿が大きく見える(写真=奥谷晶)


湯ノ丸山は花を目当てにやってくる高山蝶が多く、蝶好きにも見逃せない場所です。7月には日本の代表的な高山蝶のミヤマシロチョウ、ミヤマモンキチョウなどをみかけることでも貴重な山域ですが、9月も様々な蝶が飛び交っています。

オヤマリンドウにとまり、吸蜜しようとしている、ヒョウモンチョウの仲間(写真=奥谷晶)

台風の風で傷つき、疲れた翅を休めるクジャクチョウ(写真=奥谷晶)


この日は台風が去った翌日でしたが、台風をやり過ごしてボロボロになった羽を休め、蜜を吸うヒョウモンチョウやクジャクチョウの姿も見かけることができました。

夏から秋への季節の移ろいを感じながら、花と蝶と爽やかな風に身もこころも癒やされる山行となるでしょう。

 

ガイド 日本の山
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
群馬県・子持山、屏風岩から獅子岩へ――。紅葉と特異な岩塔をめぐるさわやかハイキング
11月に差し掛かる頃になると、紅葉は標高1000mあたりまで下ってくる。秋も深まったこの時期に歩く低山は心地が良い。群馬県にある子持山は、紅葉と岩場歩き、そして抜群の展望を楽しめる山となっている。
紅葉始まる八海山・八ッ峰の岩峰をめぐる ――スリリングな岩場を越えて絶景の展望を楽しむ
古くから霊山として崇められてきた八海山。その頂への道は険しく長く、一定の技術と経験と体力を求められるが、紅葉の季節は、その岩峰と眼下に広がる新潟平野、そして極彩色の錦をまとった峰々とのコントラストがとくに美しい。
紅葉のチロロ林道から北戸蔦別岳へ――、雪を纏った日高の美しい山稜を味わうコース
10月初旬、北海道・日高山脈は秋から冬へと足早に季節が移ろうとしている。まだ冬には少し早い僅かの間は、麓は紅葉に染まり、峰々は薄っすらと雪化粧する。そんな日高の醍醐味を北戸蔦別岳で味わってみるのはいかがだろうか。
槍・穂高の紅葉の展望台・蝶ヶ岳から、北アルプスの紅葉の様子を遠望する
北アルプスの紅葉の名所といえば、何はともあれ涸沢カール。そんな涸沢カールや槍穂高連峰の紅葉の峰々を遠望しながらの紅葉の山旅はいかが。常念山脈、蝶ヶ岳は紅葉の美しさとともに、絶好の展望登山が楽しめる。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!