このエントリーをはてなブックマークに追加

高山植物の楽園、北海道・大雪山。豊かで変化の大きい自然環境に咲く花たち――

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年08月20日

今年は花の当たり年だったという高山植物の楽園、北海道・大雪山。夏の短い北海道にあって、8月初旬にはもう秋の足音が聞こえてきていたが、植物たちは足早に花を付け、その美しい姿を見せてくれていた。

 

大雪山は、世界的に見てもすばらしい花の名山だ。ただ花が多いだけではない。大雪山だけにしか咲かない珍しい固有種から、雪渓の融けたあとにどこまでも続く広大なチングルマのお花畑、たおやかな稜線で強風に吹かれるコマクサまで、豊かで変化の大きい自然環境が次々と現れる。

今年の大雪山の花はとてもよいと聞いて、7月末と8月上旬の2回、大雪山に登った。確かに花はたくさん咲いていた。8月になっても雪渓の近くでは初夏の花のエゾコザクラが咲いていた。

初夏の花エゾコザクラ、雪渓のそばにはまだ蕾がたくさんあった


しかし全般的にはもう秋の花が咲き始め、ミヤマアキノキリンソウ、エゾオヤマノエンドウなどの秋の花がどんどん咲いていた。8月初旬の大雪山は、初夏から夏、秋の花まで楽しめる。

大雪山で大群落になる花といえば、チングルマ。大雪山では、多くのチングルマがすでに花が終わって果実になり、長い綿毛を伸ばしていた。ふわふわ綿毛の絨毯が広がる大雪山。この状態も私の大好きな景色になる。

チングルマの綿毛の群落の中にはミヤマアキノキリンソウが咲いていた


この中に数本のミヤマアキノキリンソウが咲いていた。雪渓のそばに残っていたチングルマは、群落になっていた。花は白く、花弁の中心には黄色い部分がある。

チングルマの花。雪渓のそばでは、まだしばらく花が咲く


今回の目的のひとつが、ヨコヤマリンドウという珍しい高山植物を見ることだ。日本では大雪山の一部にだけ生えている。あまりに地味な植物なので、近くに立っていても、植物好きでもなかなか気が付かないほどだ。個体数も少ない。草丈はわずか3~12cm。しかし、モスグリーンと群青色が混じった花色はとても美しい。花の先端はわずかに開く。

大雪山だけに咲くヨコヤマリンドウ、よく見ると花の先端が開いている


もうひとつの大雪山らしい花といえば、エゾノツガザクラ。紅紫色で下向きに咲く壺型の花が大群落となり、山を紅色に染める姿ははるか遠くからでも眺められるほど。エゾノツガザクラはツツジ科の植物。小さいけれども、れっきとした木である。

エゾノツガザクラ、アオノツガザクラとノ雑種であろうか? 色が薄い


また、ユキノシタ科のチシマクモマグサは高山帯の礫地に生える。葉には毛がたくさんはえている。咲きたての子房は淡い黄色であるが、熟すと赤みを帯びて膨らんでくる。このような変化が見えるのもおもしろい。

チシマクモマグサ、葉に切れ込みがなく毛が多いのが特徴


大雪山――、すばらしい高山植物の楽園だ。この高山植物の楽園が楽しめるのはあと少し。8月中旬には紅葉が始まり、大雪山の高山帯は8月下旬には秋になり、9月になれば雪がそろそろ降るだろう。

 

高山植物 日本の山 自然観察
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
梅雨に山で、ひそかに咲くバイカツツジ。美しい花なのに登山者に知られていない3つの理由
梅雨時にでもたまには晴れの日がある。こんな時には花の山に登りに行こう。梅雨時にはこの時期にしか咲かない花がある。その1つが、今回紹介するバイカツツジ(梅花躑躅)だ。
名前のイメージは悪いが、梅雨の散歩を彩る花、ドクダミ。
危機的状況は去ったものの、まだ積極的な外出を控えている人も多いと思う。それでも自宅の周囲を歩いて、なまった身体を動かしてほしい。そして街の草木に目を向けると、今の時期はドクダミの花の姿が目立つ。今回はドクダミの花の話だ。
5月の街中に咲く野生植物――、「名もなき雑草」という名前の花はない!
「STAY HOME」が叫ばれているが、近所の散歩は制限の対象ではないので、大いに行ってほしい。その散歩も、ひと工夫で楽しみが広がる。「名もなき雑草」と呼ばれる草花の名前を知ることで、新しい発見があるはずだ。
こんなときには身近な街中散歩で、花登山のためのトレーニングをしよう!
家に閉じこもってばかりでは健康にはもちろん、精神衛生上も好ましいものではない。外に出れば、街でもたくさんの花が咲き始めている。そんな花の姿を見ながら、少し体を動かしてみてはいかがだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!