このエントリーをはてなブックマークに追加

高山植物の楽園、北海道・大雪山。豊かで変化の大きい自然環境に咲く花たち――

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年08月20日

今年は花の当たり年だったという高山植物の楽園、北海道・大雪山。夏の短い北海道にあって、8月初旬にはもう秋の足音が聞こえてきていたが、植物たちは足早に花を付け、その美しい姿を見せてくれていた。

 

大雪山は、世界的に見てもすばらしい花の名山だ。ただ花が多いだけではない。大雪山だけにしか咲かない珍しい固有種から、雪渓の融けたあとにどこまでも続く広大なチングルマのお花畑、たおやかな稜線で強風に吹かれるコマクサまで、豊かで変化の大きい自然環境が次々と現れる。

今年の大雪山の花はとてもよいと聞いて、7月末と8月上旬の2回、大雪山に登った。確かに花はたくさん咲いていた。8月になっても雪渓の近くでは初夏の花のエゾコザクラが咲いていた。

初夏の花エゾコザクラ、雪渓のそばにはまだ蕾がたくさんあった


しかし全般的にはもう秋の花が咲き始め、ミヤマアキノキリンソウ、エゾオヤマノエンドウなどの秋の花がどんどん咲いていた。8月初旬の大雪山は、初夏から夏、秋の花まで楽しめる。

大雪山で大群落になる花といえば、チングルマ。大雪山では、多くのチングルマがすでに花が終わって果実になり、長い綿毛を伸ばしていた。ふわふわ綿毛の絨毯が広がる大雪山。この状態も私の大好きな景色になる。

チングルマの綿毛の群落の中にはミヤマアキノキリンソウが咲いていた


この中に数本のミヤマアキノキリンソウが咲いていた。雪渓のそばに残っていたチングルマは、群落になっていた。花は白く、花弁の中心には黄色い部分がある。

チングルマの花。雪渓のそばでは、まだしばらく花が咲く


今回の目的のひとつが、ヨコヤマリンドウという珍しい高山植物を見ることだ。日本では大雪山の一部にだけ生えている。あまりに地味な植物なので、近くに立っていても、植物好きでもなかなか気が付かないほどだ。個体数も少ない。草丈はわずか3~12cm。しかし、モスグリーンと群青色が混じった花色はとても美しい。花の先端はわずかに開く。

大雪山だけに咲くヨコヤマリンドウ、よく見ると花の先端が開いている


もうひとつの大雪山らしい花といえば、エゾノツガザクラ。紅紫色で下向きに咲く壺型の花が大群落となり、山を紅色に染める姿ははるか遠くからでも眺められるほど。エゾノツガザクラはツツジ科の植物。小さいけれども、れっきとした木である。

エゾノツガザクラ、アオノツガザクラとノ雑種であろうか? 色が薄い


また、ユキノシタ科のチシマクモマグサは高山帯の礫地に生える。葉には毛がたくさんはえている。咲きたての子房は淡い黄色であるが、熟すと赤みを帯びて膨らんでくる。このような変化が見えるのもおもしろい。

チシマクモマグサ、葉に切れ込みがなく毛が多いのが特徴


大雪山――、すばらしい高山植物の楽園だ。この高山植物の楽園が楽しめるのはあと少し。8月中旬には紅葉が始まり、大雪山の高山帯は8月下旬には秋になり、9月になれば雪がそろそろ降るだろう。

 

高山植物 日本の山 自然観察
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
トガクシショウマを見て考えたこと―― 珍しい植物を守るため自生地を詳しく書かない、自生地に踏み込まない
珍しい植物を見たら、写真を撮ってSNSやブログにアップしたい気持ちは理解できるが、その前に少しだけ考えてほしい。写真を撮る前、そして撮ってからの行動は慎重に行う必要がある。登山、そして植物愛好家の“たしなみ”として知ってほしいこと――。
沙羅双樹の花の色は? 野生のサラノキが咲くネパール・ヒマラヤで満開のシャクナゲと共に楽しむ
「沙羅双樹の花の色」という平家物語の冒頭の一節は有名だが、沙羅双樹はどんな木で、どんな花の色か知っているだろうか? 植物探検家の高橋修氏は、沙羅双樹すなわちサラノキ(シャラノキ)を見にネパール・ヒマラヤ山中に向かった。
「山歩きしながらの植物写真撮影」に向いた、オススメのカメラとレンズ
図鑑に載っている写真のように、植物を撮影するのは意外と難しい。うまく撮影するには、やはりカメラ機材にも気を使いたい。今回は、植物写真に向いたカメラについて説明する。
節分に咲くのか? セツブンソウの不思議
節分の頃に咲くから「セツブンソウ」と名がついたというのは本当だろうか? 例えば埼玉県・秩父の自生地で咲くのは3月に入ってからで、節分はだいぶ過ぎている時期に思うのだが――。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...