このエントリーをはてなブックマークに追加

街中とは違う山の天気の特徴とは? 山の天気を知って安全に登山を楽しもう

山の天気を知って安全に登山を楽しもう!
基礎知識 2019年08月20日

日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして活動する日本気象協会に所属する気象予報士たちが、登山中にちょっと役立つ基本的な知識を解説。第1回は山と街との天気の違いについて説明する。

 

8月に新しい休日である「山の日」が加わってから、今年で4年目です。登山ブームは昭和の時代から何度かあると聞きますが、令和の時代になった今、その裾野は子供から引退した世代まで、広がっているように感じます。私も山好きの気象予報士の一人として、ぜひ多くの人に山の魅力に触れてほしいと思います。

残念なことに、山の事故がたびたび起き、その度にニュースを騒がせています。事故の要因はいくつも考えられますが、その中でも見過ごせないのが「天気」に関するものです。より安全に、より素敵な景色に出会うために、天気の良い日に登ることが登山の原則です。

そこで今回は、山の天気の特徴とその注意点を、気象予報士の視点でご紹介していきます。

 

高山は真夏でも寒い

高い山に登ったときにまず気が付くのは、平地に比べてかなり気温が低いということです。一般的に、100m標高が高くなるごとに、約0.6℃~1.0℃ずつ気温が下がるといわれています。標高3776mの富士山の山頂では、8月の平均気温が6.2℃と、東京の2月の平均気温と同じくらいになりますので、真夏であっても防寒着は欠かせない装備です。標高の高い場所は冬の訪れも早く、3000m級の山々が連なる北アルプスでは、10月に入ればいつ雪が降ってもおかしくありません。

寒さにより体温が低下して低体温症となり、身動きがとれなくなることで起こる遭難事故も毎年数多く発生しています。私は日帰りの登山であっても、万が一に備え、毎回少し念を入れすぎだと思われるほど、防寒装備を持っていくようにしています。皆さんも、寒さをしのげるものは入念に準備しておくことをおすすめします。

 

平地では考えられないほどの強風が吹く

通常、平地では、周囲の山が衝立となって風をさえぎることで、普段は強風が吹きにくくなっています。対して、山の上は周囲に風をさえぎるものが少なく、吹きさらしの状態です。冬よりも夏の方が上空の風が弱い傾向がありますが、それでも標高が高いほど強い風が吹きやすいことには変わりありません。また、台風や低気圧が近づけば、平地よりも先に天気が荒れやすいという点も留意しなければいけません。一般的に、風速が1m/s大きくなれば、体感温度は1℃下がるといわれています。体が濡れていれば、体感温度はさらに下がり、凍えるほどになることもあるでしょう。このため、登山の際は、防寒の準備を入念にするようにしてください。

 

急な雷雨の頻度が非常に高い

「早出早着」という言葉があります。これは、登山ではなるべく早く出発して、なるべく早い時間に目的地に到着する、あるいは下山する、ということを意味する登山者のスローガンです。なぜこのようなスローガンがあるのかというと、特に夏山では、毎日のようにどこかで「にわか雨」や「雷を伴った夕立」が起きているからです。

夏の「にわか雨」は、地上の気温が高くなり、温かい空気が上昇することにより発生します。これに加えて、山地では、山に風がぶつかることで上昇流が起きやすくなります。登山中には、街中などの平地とは比べものにならない頻度で急な雨や雷雨に遭遇しますし、実際に落雷事故も発生しています。夏山登山を楽しむ際は、雷雨の可能性があるのかどうかを知っておくことはとても大切なことだと言えるでしょう。

 

雲より上に立てばあたり一面の雲海

もちろん、山の上ならではの喜びや感動もあります。そのひとつが雲海です。雲海とは、眼下に広がる雲が、まるで大海原のように見える現象です。雲よりも高い山は頭を出し、まるで海に浮かぶ小島のように見えます。

山の上で雲海が見えているときは、麓では雲に覆われていたり、濃霧に包まれていたりして、日が差していないことがほとんどです。ですから、麓の街の天気予報では「曇り」とか「雨」とお伝えすることになってしまいます。そのような予報であっても、山より高い空が晴れ渡っていれば絶景の雲海が望めるのですから、良い意味で「予報に裏切られた」と感じる方も多いでしょう。登山したからこそ出会える景色を、ぜひ楽しんでくださいね。

 

教えてくれた人

宮田雄一朗

日本気象協会所属の気象予報士。普段はtenki.jpの日直予報士として天気ニュースの記事も執筆。
山の空気が好きで1年を通してよく登る。予報士の視点から、登山中にちょっと役立つ知識をお届けしたいと考えている。

日本気象協会

日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして1950年に創立。以来、気象・環境・防災などに関わる調査解析や情報提供を行っている。
近年ではAIやIoT、気象ビッグデータの活用を通じ気象の調査解析、情報提供の精度を向上させ、気候変動への適応など持続可能な世界を実現する活動を支援している。
 ⇒tenki.jp

同じテーマの記事
いろいろな資料を見て山の天気を予想しよう! 鮮やかな紅葉の山を満喫するために――
9月に入り暑さも落ち着いてくると、山は一挙に紅葉の季節へと移り変わっていく。美しい紅葉は、素晴らしい晴天でこそ映えるもの。晴天の下で鮮やかな紅葉の山を満喫するためには、ヤマヤたるもの週間天気図から予想を立てられるようになりたいものだ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!