このエントリーをはてなブックマークに追加

槍ヶ岳・北鎌尾根への無謀な挑戦は控えること―― 島崎三歩の「山岳通信」 第162号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年09月17日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年9月9日に配信された第162号では、技量不足の登山者がバリエーションルートに入ることについて言及。無謀な挑戦について警笛を鳴らしている。

 

9月9日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第162号では、8月26日~30日に起きた8件(うち1件は死亡事故)の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 8月25日、北アルプス白馬乗鞍岳で、家族と2人で入山した62歳の男性が、白馬乗鞍岳に向けて登山中にバランスを崩して転倒、負傷する山岳遭難が発生。男性は翌26日に、大町署山岳遭難救助隊、長野県山岳遭難防止対策協会夏山常駐隊により救助された。

  • 8月26日、北アルプス槍ヶ岳で、仲間と2人で入山した53歳の男性が、小槍に向けて登山中に転倒、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月25日、八ヶ岳連峰赤岳で、66歳の女性が滞在中の山小屋付近で転倒、負傷する山岳遭難が発生。翌26日に茅野署山岳遭難救助隊、諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊が救助に向かい、女性は27日に県警ヘリで救助された。

  • 8月26日、北アルプス槍ヶ岳北鎌尾根で、単独で入山した68歳の男性が、北鎌尾根を目指して登山中に道に迷い、行動不能となる山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

槍ヶ岳・北鎌尾根での遭難現場の状況/長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)9月3日付

  • 8月27日、北アルプス前穂高岳で、ツアー登山9名で入山した69歳の男性が、岳沢に向けて登山中に滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は県警ヘリで救助された。

  • 8月28日、北アルプス徳本峠で、8月25日から単独で入山している79歳の男性が、徳本峠方面に登山に向かったま行方不明となっていることを確認。28日時点で連絡が取れず、松本署員が捜索している。

  • 8月29日、北アルプス大天井岳で、仲間と2人で入山した74歳の女性が、疲労等からの体調不良により行動不能となる山岳遭難が発生。女性は北アルプス南部地区遭対協救助隊により救助された。

  • 8月30日、北アルプス奥又白谷で、仲間と5人で入山した71歳の男性が、奥又白谷において増水した沢を通過中に流され、行方不明となる山岳遭難が発生。翌31日に県警山岳遭難救助隊が男性を発見したものの、死亡が確認された。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

8月5週は、8件の遭難が発生しました。26日に発生した単独登山者の北鎌尾根における道迷い遭難は、当初から尾根に登り詰める沢を間違え、途中で間違いに気がついたものの、ロープなどの装備がないために、急斜面を降りることも進むこともできなくなり行動不能となったものです。

北鎌尾根は有名な山岳小説の舞台となったこともあり、バリエーションコースとして人気がありますが、近年は実力不足の登山者による遭難が後を絶ちません。今年の夏山期間中も4件の遭難が発生しており、そのうち2件は行動中の疲労によるものでした。

北鎌尾根はアプローチを含め標高差も大きい長大なルートです。また、複雑な岩稜帯を進むため、いったん尾根を登り始めたら途中で引き返したり、脱出したりすることは非常に困難です。技術、体力、経験が揃っていることはもちろん、それに加えて気象条件が揃っていなければ無謀な挑戦になってしまいます。

高みや困難を目指すことは登山の醍醐味の一つですが、着実なステップアップを心がけてください。

教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
天気や登山道の最新情報を必ず確認してから入山を! 島崎三歩の「山岳通信」第194号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。194号では、梅雨前線の影響で長野県内は猛烈な風雨となっていることから、天気や登山道の最新情報の確認を促している。
パーティで登山する際は必ず目の届く範囲で行動を 島崎三歩の「山岳通信」第193号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年7月9日に配信された193号では、登山中に仲間とはぐれた事案があったことから、パーティでの登山のあり方について説明している。
単独登山を計画する際にはレベルを下げた山域の選定を 島崎三歩の「山岳通信」第192号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2020年6月25日に配信された192号では、単独登山者の遭難事例が締めていることを挙げ、慎重な登山計画を呼びかけている。
梅雨時の山岳エリアでは天候の異変や急変の前兆を見逃さずに! 島崎三歩の「山岳通信」第191号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。191号では、梅雨時の山岳エリアでは天候の異変や急変の前兆を感じた場合には早めに計画を変更することを推奨している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました